{$smarty.const.SITE_NAME}

トップ 温泉ブログ 鹿児島県の温泉・観光・グルメ

温泉ブログ大好きな温泉と日々思うことなど

カテゴリー別アーカイブ: 鹿児島県の温泉・観光・グルメ

平内海中温泉

f578528158ae0a0dcb6d6f1666d6eeaf

またまたご無沙汰の投稿かな。
今月(9月)の温泉はゼロ。

8月に行った屋久島は衝撃的な島でした。
今までで最も自然・秘境のテーマがしっくりくるところ。
とりあえず屋久島の中で最も有名な平内海中温泉を掲載します。

湯はまろやかで海に面しているというのに塩分のないお湯。
昔、湯治をするために掘ったという人口の野湯です。

昔は湯治場だったかもしれないけれども、今では観光客がひっきりなしに訪れ、せわしなく恥ずかしい温泉でもあります。
水着着用不可の為、女性はゆゆ着がない人にはとてもじゃないけど入れないような雰囲気です。

入るのにちょうど良い時間帯は13時ごろ。それより早いとぬるすぎるし、遅いと熱い。
月夜の中浸かりたい人は目の前に民宿があるのでそこに泊まるといいかも。

ワイルドで恥ずかしい温泉。。。魅力的です♪

話は変わりますが、話題になった3社一斉の激安バーゲンチケットで次回の温泉は北東北、10月です。

↑仕事が急がしすぎてキャンセルとなりました(泣)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

夏休みは屋久島へ

ddede80670670334a11f12a6a9dd81c8

皆様、今年の夏はいかがお過ごしでしたか?
私は念願かなって、大秘境「屋久島」へ旅をしてきました。

今まで行った何処よりも?インパクトが強く濃い旅でした。
縄文杉の徒歩10時間は足ボロンボロンになりましたが行った価値あり。
また次回もボロンボロンになりつつ向かう予定でございます。

写真は屋久杉「翁杉」、縄文杉の次に大きな杉です。
また時間のある時にじ~~っくりレポします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

日の出温泉 きのこの里 2005/1/5

9e4e7cd1d98c9c5a79d8aceff2cce958

写真:日の出温泉 きのこの里 女性用内湯

▼日の出温泉 きのこの里
和風の食事何処にある立ち寄り湯。
適温とぬるい湯の2種類湯船がある。
熱めのほうでは感じないがぬるめの方はヌルヌルして泡がつく。ぬるい湯の表面には油のようなものが浮いている。
色は緑かかった薄い濁り湯。
内湯からはテラスへ出れ、外の景色を楽しむ事ができる。
外には川と苔のついた大きめの石がゴロゴロある為なかなか見ごたえのある景色だ。
床や浴槽の淵には茶色い析出物がたくさんこびりついている。
味は炭酸、匂いはかすかな土類のような味がした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

塩浸温泉 鶴の湯 2005/1/5

807d06ff3d0ef11b6b1e78c90a7878c6

写真:塩浸温泉 鶴の湯 女性用内湯

▼塩浸温泉 鶴の湯
坂本竜馬とお龍が浸かった湯船が今でも使われている温泉。
源泉は3本あり、2本がその浸かったという湯船に注がれ、その内1本の熱い源泉は奥の方へかくれるように湯口がある。
湯は少し白っぽく濁っており、湯口には白い析出物が沢山ついていた。
特等すべき点としては湯上りがさっぱりする事があげられる。
湯船は3~4人入れる大きさ。炭酸まじりの鉄味にうすめの鉄臭

もう一つの壁側にある湯船はもっとうすい鉄味、匂いはほとんどなし。
緑がかった鉄泉でこちらの方が熱めだった。
湯口はこんもり茶色の析出物で盛り上がっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

妙見温泉 たじま本館 2005/1/5

558a5a6abc2ead2337f4531a50e2d10b

写真:妙見温泉 たじま本館 男性用内湯

▼妙見温泉 たじま本館
私が入浴した妙見温泉の中で最も泉質が好みだった温泉。
最も気に入ったのは2つある源泉中、キズ湯のほう。
おりはし旅館のキズ湯に浮く湯ノ花と似ている茶色の湯ノ花が浮き、入浴すると泡で湯が濁る。
温度はぬるめと適温に分かれており、私はぬるめの湯が気に入った。
やわらかでもううっとり。
湯船は茶色の析出物がこびりついている。
男湯からは川が見え半露天のようになっている。女湯はまったく景色は見えない。
表面には油みたいなマクが張っていた。味は鉄と土類がまじった味、匂いは薄い鉄
適温のほうは青緑に濁り、源泉はドバドバと入れられ、析出物は薄い茶色

もう一つある神経痛の湯は色は綺麗な草色をしており、7~8人入れる大きさ。
神経痛に効くことから湯治客はほとんどがこちらへ入っていた。
温度はぬるめでゆっくり入れる。
析出物も結構付着しており効きそうな湯だ。
湯の綺麗さはなかなかのものだ。
だじま本館は3本の源泉があり、それぞれ個性的な湯となっており入りごたえは抜群。
これが250円では入れるのは非常にお得だと思う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket