{$smarty.const.SITE_NAME}

トップ 温泉ブログ 島根県の温泉・観光・グルメ

温泉ブログ大好きな温泉と日々思うことなど

カテゴリー別アーカイブ: 島根県の温泉・観光・グルメ

石見銀山 しめなわ

25d234ca1f1acdec5af03af9af37e397

島根のしめ縄はごっつい。
出雲大社の方がもっとごっついけど、いい写真がなかったので
石見銀山のしめ縄で。
桜も咲いていて綺麗なところでしたヽ(‘ ∇‘ )ノ

出雲大社のしめ縄はしめ縄の先にお金を投げて縄の間に差し込むことができたらご利益があるんだって。
もうお金が詰まりすぎて誰かがお金を投げると誰かが差し込んだお金が上から2・3枚落ちてきてました(^^;
落ちた人かわいそう・・・。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

お仕事で島根へ

bfea2a2b4ea64a818976348bc260c36d

急ですが3日間島根へ行ってきました。
あんまり温泉巡りは出来ませんでしたが、や~っぱり島根はいいですね~。
出雲蕎麦は2日間食べ、出雲大社に石見銀山←もうすぐ世界遺産になるらしいです!
魚貝類も堪能しました。もう少し早ければカニも食べれたのになぁ・・。(食い気ばっかり(笑))

写真は1泊目に宿泊した「出雲湯村温泉 湯乃上館」
旅館自体に温泉がないのが残念ですが、ドアを出たら共同湯ですから
旅館の温泉と変わりません(^^)
フワフワする浴感は以前と同様でいいお湯でした。
こちらは食事もご主人こだわりの品々で茅葺屋根の小屋の中で食べれます。
鄙びた秘湯ムード満点の湯乃上館、秘湯好きにお勧めです♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

温泉津温泉 元湯

b52298dc0576b7f4f9aba5324ae84191

端は熱めの湯、真ん中ぬるめの湯、また端は座り湯。
ほとんどの人が真ん中へ入る為、真ん中だけ混雑している。
観光で来ているのおばちゃんが輪になって大きな声で変な話をしていた。
こっちの湯口側の浴槽にはないのに真ん中には白い浮遊物がある・・・という話し。
一人のおばちゃんが「それはティッシュだよ」と言う。
「おしりを洗わずに入る若者が多いから」と話はどんどん盛り上がる。
私は頭の中で「もしも~し?この湯の花の事を言っているのか??」
と思いつつ、教える事もできずに話に耳をダンボ。
「そうそうこの前も服脱いでそのままドボンと入った若い子がいてさ~」
と私が入っている30分、その話は尽きる事がなかった。
それにしても湯の花をティッシュと思うなんてどうゆう発想をしているんだろう。
でもちょっと聞いていて面白かったけど。

元湯は薬師湯よりも熱い湯。
緑がかっていて源泉はほとんど薬師湯と似た感じ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

出雲湯村温泉 湯乃元館

b4db8e3a39fc98ea27c7ec22af20b7c8

さて、今回は温泉ネタで。
—————————
ノスタルジーを感じずにいられない萱葺き屋根の建物と木造の鄙びた
宿のコントラストはすばらしい。
日帰りを受け付けている施設はその建物の前に位置する。
男女内湯が各1と家族湯が1つ、足湯が1つとお楽しみ満載。
湯乃元館の旅館から見ると温泉の建物は新しくまだ木の色がしろっぽい。
内湯は岩作りの7人ほど入れそうなものが一つ。
シャワーなどはなく、源泉が注がれている木の湯溜が3つほど用意され
そこから桶ですくって洗髪などをする。
窓からは太陽がキラキラとそそぎこみ、とても綺麗に見えた。
湯はどちらかというとぬるめで、やさしい湯。
少々泡は付き、浴感はキュッキュッとしている。
源泉投入量も多くドバドバと惜しみなくそそがれ、とても気持ちのいい
湯だった。
露天風呂もあり下に流れている川が見える。
こちらもドバドバ、少々ぬるめの湯に気持ちのいい春の風。
長湯せずにはいられない最高の湯だった。
無色透明、ミネラルウォーターのような味。

1日中ゆっくりと入りたい温泉。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

潮温泉 大和荘

c2dbebdf9cb59d032ce96f6f38bba653

川沿いに建っているホテル。少し古びたホテルは静寂間が漂う。
中の休憩所へは地元のおばぁちゃんが静かにくつろぎ、受付のおじちゃんはテレビを眺めている。
浴室へ行くと誰もいなく貸切状態、大きめの窓からは横に流れる川と道路が見え、内湯にしては開放感ばっちりだ。
湯船には濃いめの鉱泉が注がれここも湯船の中で適温に沸かされている。
緑がかった湯は塩気とカルシウムを感じる味がした。

そんなに期待していたわけではなかった為、温仙人との待ち合わせを10~20分に設定。
「じゃーすぐに出ると思うから」と浴室入り口でわかれた。
しかしなかなかの良い湯にちょっと後悔。しかたなしに20分ぴったりであがってみると・・温仙人がいない・・。
待っても待っても出てこない為駐車場を散歩しているとやっと出てきた。
そして私が待っている事を知らずにフンフンと鼻歌を歌いながら川の方へ散歩に向かう温仙人。
ヾ(- -;)オイオイ待て待て、と声をかけると「なかなか濃くていい温泉だったから」だそう。
私もゆっくり入ればよかった・・・。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket