{$smarty.const.SITE_NAME}

トップ 温泉ブログ 福島県の温泉・観光・グルメ

温泉ブログ大好きな温泉と日々思うことなど

Category Archives: 福島県の温泉・観光・グルメ

福島のおじいちゃん、おばあちゃんの家へ

今度は私のおじいちゃん、おばあちゃんに息子を会わせるために福島まで行ってきました!

おじいちゃんもおばあちゃんもおじさんも喜んでくれて嬉しかったなぁ。

今回福島でも温泉宿へ宿泊したので、息子は生後4カ月にして温泉2湯目♪ 小学生で1000湯達成しました!なんてことになりそうな予感・・(笑)

 

今回宿泊したお宿は「須賀川温泉 おとぎの宿米屋」さんです。

福島県は特に刺激の強い温泉が多くて赤ちゃんが入れる温泉を探すのに苦労しました。

DSC_96701

離れ希望でしたが赤ちゃんが泊まれる部屋は1室しかないという事で残念ながらその1室に泊まる事に。

離れだと露天風呂付の部屋だったので(宿泊した部屋は内湯付)離れがよかったのにな~。。まぁ、しかたがない。

普段だったらなかなか選ばないのですが、今回は泣き声が聞こえないコンクリート作りがありがたかったです。

DSC_98391

温泉は部屋にもついてはいるのですが大浴場も気持ちがいいです。

お湯は正直驚くほどよかった!!大ヒットです(^^)

詳しくは近々レポートをアップしますね~~。

 

ところで生後4カ月の赤ちゃんって生後3カ月の頃より色々とわかりはじめて敏感になるらしく、寝なくて大変でした^^;

温泉も前回は気持ち良さそうにユラユラ入っていたのに今回はギャン泣き((+_+))  日々どんどん変わるなー。

温仙人は風邪をひいてフラフラだし私は寝不足でフラフラだし息子はギャン泣きだし(笑)  刺激的な旅行になりました(^^)

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

観音寺川の桜祭り

GW、最終日に観音寺川の桜が今満開だよ、と叔父さんにおしえてもらい
帰り途中に寄る事にしました。

東京はすっかり桜も終わり、桜の事を忘れ始めているころだというのに
今桜祭り? とちょっと疑問に思いながら到着してみると
本当に満開!!

ここは天国かと思うほど美しい景色でした。

d4109b487e77c9a182c4dae17fa57b72

e0e07ccd3efd2ef6297dbc0c3f508450

5b975bfa4cbe5f7d056adde2a40b40f6

桜って本当に綺麗ですよね。毎年見ても見てもあきません。

住所:福島県猪苗代町大字川桁
アクセス:磐越道猪苗代磐梯高原ICから約10分
お問い合わせ:0242-62-2117(猪苗代町 商工観光課)

駐車場:無料

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

鷲倉温泉 鷲倉温泉高原旅館 ≪宿泊≫

GW、鷲倉温泉へ宿泊しました。

このエリアは質の高い温泉が多く、前日に宿泊した高の湯温泉や
以前から何度となく訪れた赤湯温泉、幕川温泉、新野地温泉など、
大好きなエリアです。

今回は今まで立ち寄った事のなかった鷲倉温泉へ宿泊してみることにしました。

時間がなかったのであまり下調べもせず、温泉は良いというところの情報のみで
宿の想像をしていなかったのですが、、、大きいホテルのような感じで
イメージが違いました、、、

eab38aa2437c196b6328f652db472e69

54abb085aae43b931f0d53a2c3f3a243

お部屋ななかなかひろいこんな感じ。

広くて綺麗なのですが、、、なんででしょう、、、居心地はまぁまぁ。
椅子が座りにくいんですよね。

さらにこの日はとても寒かったのですが、暖房機能が弱く寒くて寒くて、、、、、
真冬は大丈夫なのだろうかと心配になります。

6099fc90cbeaad2eee1cad408395da6b

食事は豪華です。

でもやっぱり大きなホテル。
温かいものが少ないのが残念。。  本当に豪華なんですけどね。

鷲倉温泉は酸性緑礬泉と、弱硫黄泉と2種類の源泉を持つお宿です。

f69d58a85027337aadeac20b8d30f8ec

源泉温度は約60度と書いてあるのですが湯口でさわってみると投入口での温度は40~42度
ぐらいでしょうか。 熱くはありません。口に含むと鉄分を感じますが飲みやすい味です。
投入量も湯船が結構大きいのに対して少なめ。

浴槽内の温度もかなり低く、1時間以上浸からないとこの時期温まらない感じですね。

ただ、景色は最高!
わっさわっさと草木が生い茂ったところへ霧がかっていたのもありなんだか神秘的でした。

03931bc78e5cab7d89b7712ad73ab636

もう一ヶ所の温泉の景色もすごいです。

2種類とも入りましたがどちらも残念なことに湯がナマリ気味。
宿泊客が多すぎるのかお湯の新鮮さがありません。

鷲倉温泉の印象は「悪くない」温泉宿です。
宿泊料金も安めだし、温泉の景色が最高に良い。

食事も小さい宿のような手作り感はなく仕出し中心のようですが豪華です。

従業員の方のもてなしはあまり良くはありません。
仲居さんもやっつけ仕事でしゃべり方も雑だし案内する時もめんどくさそう。

もう少しがんばってほしいお宿です。

鷲倉温泉 鷲倉温泉高原旅館

GW宿泊料金:13,800円×2名

住所:福島県福島市土湯温泉町鷲倉山1
電話:0242-64-3224
日帰り入浴時間:10:00~16:00
入浴料:500円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

磐梯熱海温泉 元湯 ≪日帰り入浴≫

磐梯熱海温泉は以前にも来た事がありますが
あまりよい印象はなく、、、地元の方に愛される温泉に入ってみたいと
思い、こちらの温泉へ立ち寄ってみました。

20d3773acd0e0aafbf14c10d15af3851

この古びた建物の裏側へ行くと日帰り入浴用の入り口があります。

17c7bc4953c47059fc448a3d233d9489

見てみて!この路地裏感!たまりませんよね~。

db707459bf53bcc89225f7b4f678540d

※きちんと許可をいただいて撮影しています。

ぬるめという事で楽しみにして訪問しましたが、
実際は「冷たい!」

大きな浴槽へは自家源泉30度の温泉と共同源泉51度の温泉のブレンド
された湯(というよりぬるま湯)が投入されています。

小さい方の浴槽は51度の共同源泉がそのまま投入されている事もあり
歯をくいしばらないと入れない激熱の浴槽です。

この激熱の湯へまず入り、冷たい湯へ入る、、を繰り返し、
地元の方は2時間ほど出入りするそうです。

最初はしんどいほど冷たい、、、なんて思っていましたが
熱い湯へ入った後に冷たい湯へ入るとくせになりそうなほど気持ちいい!

入浴客はすべてが地元の方でみんな知り合い。

おばちゃん達はみんなやさしく、入り方や源泉の説明をしてくれました。
さらに浴室へは「源泉のお持ち帰り厳禁」との張り紙がありますが
地元の方は当たり前のようにペットボトルへ源泉を汲み、
「私はご飯もこの源泉で炊くし、毎日源泉を飲んで2時間浸かっているから身体の外も中もこの源泉だらけなのよ」と得意げにお話しされてました。

帰りにはお土産に源泉の入ったペットボトルをいただき、
家でご飯を炊いてみましたが、ご飯粒が生き生きしているようにハリがでておいしかったです。

夏場にお勧めの温泉ですね。

磐梯熱海温泉 元湯
福島県郡山市熱海町熱海4-22
電話:0249-84-2690
日帰り入浴:
5:30~14:00:500円
14:00~16:00:250円
16:00~20:00:200円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

味の関所 三城

猪苗代湖近くにあるお蕎麦屋さん、
食べログで評価が高いこともあり寄ってみましたが
外観を見て「・・・・・・」

c32ec3b5c1d23673b311cdae78649855

今までこだわりのお蕎麦屋さんへたくさん行っていますが、
こういった観光地にありそうなお蕎麦屋さんは大丈夫なのだろうか、、、と不安な感じ。

中へ入るととにかく混んでる!
6組待ちでやっと席へ座る事ができた。

で、とりあえずお勧めの板そばとかき揚げ、ソースかつ丼を注文。

52700836f68c14024755695a7f7c383d

43d13d9c4cdb1303dd62df6bb6f12684

なるほど評価が高いのに納得!

板そばは2~3人前で980円、天汁(かき揚げ2個付)420円、ソースかつ丼(普通のかつ丼の2倍のボリューム)1100円

とにかくお得感満載!
そしておいしいのです。

蕎麦そのものはそれなりですが、汁のダシと醬油のバランスは私好み。
ソースかつ丼はお肉がやわらかくジューシーさに満足。 全部で4人前ぐらいの量ではないでしょうか。

こんな感じのところで(失礼!)この内容にはちょっと驚きました。

おすすめです。

「三城」
福島県耶麻郡猪苗代町三ツ和波々帰目1106-1
0242-65-2828

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

磐梯吾妻スカイライン

今現在、通常通行料1500円のところ無料で通行できる「日本の道100選」にも選ばれた磐梯吾妻スカイラインです。

GW中、雨や霧で何も見えない事覚悟で向かいましたが少しの間だけ晴れ間が
のぞきました。

やっぱりこの景色はすごい!!

9b863d58f340f6d78d6dee74aead03e7

2a8ed64eb96b316cf2a48dcd12ba7a17

虹が!! なんかいいことありそう♪

b53f18b7252deabfb686bd9101f225e5

浄土平

見どころはもっともっとたくさんあるのですが、霧で展望が悪くあまり見えませんでした。

吾妻小富士を階段で登ると吾妻山の絶景が見れたり、晴れてるともっとすばらしい景色が山ほどあるんです。

福島へ来たら必ず通りたい道です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

早稲沢温泉 森川荘 ≪日帰り入浴≫

民宿が数件立ち並ぶ小さな町 「早稲沢温泉」

その中ですばらしく渋い露天風呂をもつ民宿が「森川荘」です。

こちらの森川荘は普段はスキーなどの合宿などに利用されているそうで時期によってはいっぱいらしい。

ただ、これは何処へ行っても聞く話だが震災以来お客さんが激減し厳しい状況に。

894caeb5372aa64c634522d492131755

ead7900cc11e33d98a1a00cbc42ce293

敷地内にある渋い露天風呂

8b033ef6f97e03849424b1893844c2ab

源泉温度は45.5度 熱めであっさり、透明度が高くとても綺麗なお湯です。
甘みのある飲みやすい味でゴクゴクいっちゃいます。

浴後は身体がすっきりするような爽快感がありなんとなくスースーするような気がします。

スダレで目隠し、屋根はブルーシート、立ち上がると道路から
丸見えなので要注意。

57c058cdf611c2802fbb9128e4be4f52

内湯も窓が大きくていいですよ。

「早稲沢温泉 森川荘」
福島県耶麻郡北塩原村檜原字早稲沢552
電話:0241-34-2258
日帰り入浴:300円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

桧原温泉 桧原塾 ≪日帰り入浴≫

桧原の集落にある桧原温泉 桧原塾。
地元の方が大事にされている地元の方用の温泉です。

地元の方用の温泉ですが許可をいただけば入浴してよいとのことで
近くの方へ許可をいただき入浴させていただきました。

32849157db074004be3abe591274c577

以前テレビで放映されたこともあり(ふだん着の温泉)入り口には札が立てかけてありました。

50219d368716bad22c6ca30ac78025bc

ビニールハウスの中へは畳が敷いてあり地元の方が夜集まってお酒を飲んだり温泉へ入ったりしてコミュニケーションをとる場だそうです。

ここに集まって知識を集める場という事から「塾」という名前をつけたとか。

c4141f261d49a2438ef89e32fef294bf

内湯

0a5c0b9c204f8bb893cea9fddc0f5319

露天風呂
お湯は浴槽内から投入されています。
浴槽あたりに源泉があるのかな?  おそらく自然湧出です。
景色も良く贅沢な空間です。

藻があったりゴミが浮いてたりするのはご愛敬~。 ツルツル感があってあっさりしたいい泉質です。
温度は41度ぐらいでしょうか。若干ぬるめ。

料金は寸志ですが300円ぐらい。

感謝の気持ちを持ちつつ入浴させていただきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

高湯温泉 ひげの家 ≪宿泊≫

以前から気になっていたお宿「高湯温泉 ひげの家」へ宿泊してきました。

高湯温泉へは何度も訪れていますがひげの家は日帰り入浴を受け入れていない為
今まで入浴できずにいたお宿です。

もっと小さいお宿を想像していたのですが結構大きくてビックリ。

812d0cbfae02a4675f3654cf91a8519a

d90fc3538a29a57c108a74e2e2ab5b66

お宿の一部をリニューアルしたそうでアジアンリゾートを思わせる談話室

853f44e5727ebefcb40a388f62c94401

部屋は思っていたよりせまかったのが残念ですが居心地は悪くありません。

布団もフワフワだし清潔でした。

c5f7eeed3c2c27149f6e1d2788930998

味は少々のレモン味と苦み、P,Hが2.8と高いのもあり口に含むと歯がギシギシします。
P,Hは高いのですが浴感はやさしくやわらかい感じです。

お湯の投入量も多く新鮮で温度は42度に保たれ適温。長湯できる温度です。
露天風呂横には川が流れ、眺めも最高!

内湯が男女各1ヶ所、露天風呂が男女各1ヶ所、その他に貸し切り露天風呂が1ヶ所あります。

高湯の源泉は「安達屋」と「吾妻屋」が多くもっているらしく他の旅館はそこからお湯をひっぱっているらしい。
源泉自体は10ヶ所ほどあり3,158リットルの湧出量を誇るという事。人気の高湯だけあってすごいですね。

≪食事≫

0a27bca65207a8e44fee1a930bd84b1a

ひげの家の食事はおいしくて有名。
仕出しを利用する宿が多い中全て手作りで一品一品こだわっています。

844c7d4fe25ece7e0a5569b066c18717

宿泊している方はご年配の方が多いようでしたが味は濃くなく、やさしい味でご年配の方~若い人、
全てが満足できそうな食事内容でした。

おいしくて有名になるのも頷けます。

52d5205c1882797552352ce807ad59ea

ひげの家名由来のひげさんです。
先代のひげさんはめんどうみが良く議員もされていたということです。

お宿に宿泊して思った事は従業員の方々の意識がとても高い!
従業員教育がしっかりされていてどの方も同じように礼儀正しく笑顔が素敵です。
最初から最後まで気持ちよく過ごすことができました。

とてもレベルの高いお宿だと思います。

「高湯温泉 ひげの家」
福島県福島市町庭坂字高湯15-1
024-591-1027
日帰り入浴:不可
GWの宿泊料金:15900円×2名

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket