秘境温泉 神秘の湯

トップ 東北 青森県 津軽地方 黄金崎不老不死温泉 黄金崎不老ふ死温泉

黄金崎不老ふ死温泉

青森県西津軽郡深浦町大字舮作字下清滝15 マップ

分類
  • 掛流
  • 加水
  • 絶景
  • 露天
利用
  • 日帰り可
  • 宿泊可
宿情報を編集する
黄金崎不老ふ死温泉

海沿いに浮かぶひょうたん型で黄金色の露天風呂

訪問日
2004/12/16
最終更新日
2014/09/19
投稿者
しおり
  • 管理人総合評価

    4.0

    4.7

  • ユーザーの評価

    (12件)
    4.2

    4.2

夢にまで見た黄金崎不老不死温泉へ3度目にして入浴を達成しました!
1度目、台風にて湯船崩壊。2度目、仕事の関係で途中まで来たにもかかわらず戻る。3度目、電話確認もした、時間も余裕ある、でやっと達成。

不老不死温泉への道は、おいしい食事の店や焼イカ通りのような見所、綺麗な海が見えたと思ったら、猿が道の真ん中へいたりとなどなかなか楽しみながらの道のりとなった。

旅館は思っていたよりも大きな施設で、近代的。
旅館の中で宿泊のおじさんとお話したところ、この宿は料金も安いし食事もおいしくて最高だ、と言っていた。

絶景な上に泉質最高!潮風が気持ちいい温泉

混浴露天風呂 源泉掛け流し/加水 浴槽約43~44度 PH6.38(中性)
  • 海の反対側にはホテルが案外近くに建っている。

言ってしまうと不老不死温泉を侮っていました。
私は有名という事でこれは行っておかねば・・・などと思っていたけれども、それだけではなく、泉質&景色に大感動!
風も心地いいし温泉も気持ちがいい。青森県内の温泉で貸切状態という事もあり、一番長く時間をとって1時間以上入浴していたんじゃないかな・・・。
温泉の匂いはフルーティな鉄、味は海水をなめているようなしょっぱさだった。
不老不死温泉では海辺の露天風呂のみ自噴らしいので、温泉マニアからそうではない人まで誰もが満足できる温泉だと思う。

  • 混浴露天風呂
  • 女性用露天風呂 源泉掛け流し/加水 浴槽約43~44度 PH6.38(中性)

海辺露天風呂の男性用と女性用露天風呂全景、この時は混浴の源泉の方が熱く、ひょうたん型の為、熱め~適温まで選んで入浴できた。女性用は源泉そのものが適温だったのでちょっとぬるめ。いつまでも入って入れるぐらい気持ちのいい温度だった。ぜひ宿泊して丸1日堪能したい温泉!

  • 湯口
  • 脱衣所は籠が置いてあるだけ

源泉の勢いはまるでリズムをとっているようにドボッドボッと出る。
湯口の周りには析出物が山盛りとなっていて、いい色をしている。

  • 男女別内湯 源泉掛け流し/加水 PH6.38(中性)
  • 脱衣所

内湯には源泉が2本まぜられた茶色の温泉が注がれている湯船と井戸水を沸かした湯船の2種類がある。
内湯も絶景で女性用のみスリガラスはあるがそれでも海が眺められる。
浴室・脱衣所共にとても清潔で大事にされている温泉というのがわかる。

  • シャワー・カランは豊富 シャンプー・リンスも備えられている。
  • 不老不死温泉と名が入った「わかめ餅」と「岩のりせんべい」

シャワー・カランは沢山有、設備は整っている。海辺の露天風呂よりこの内湯の方が賑わっているからなんだか不思議に思った。
宿泊者のみの展望露天風呂もあるという事なので次回宿泊で訪れた時は楽しみたいと思う。

黄金崎不老ふ死温泉の評価はこちら!

  • 温泉

    5
    5

    極上湯

  • 温泉の雰囲気

    0
    5
  • また行きたい

    0
    4
  • 部屋

    評価せず
  • 食事

    評価せず
    0
管理人総合評価
4.7
4.7
とさせていただきました。

クチコミ(13件)13件中 1~10件 1ページ目

当時は一つの大きい露天風呂だった。

3.3
3.3
温泉
4
温泉の雰囲気
5
また行きたい
1
部屋
0
食事
0
-1/11頃に訪問

今はついたてなんぞができてすごく残念な状態と聞いている。
私が行った時は大きな一つの露天風呂でのんびり入れたが観客も多かった。見てるだけのやつにはイラッともしたが入れるような状態でないことも多かったろうから仕方ないかとも思う。だが、ワニでなければたいていの人は紳士だったので勇気を持って入ってほしかったと思う。
今後はますます風情がなくなると予想がつくのでもう行くことはないだろう。

16/12/28
04:53
に投稿

不老不死になれるかも?

4.0
4.0
温泉
4
温泉の雰囲気
5
また行きたい
4
部屋
3
食事
4
2014/08頃に訪問

 2014年8月末、青森旅行の最終日に訪れました。お天気は不安定で、途中で土砂降りに襲われましたが、何故か、宿に着く頃には晴れてきたので、ひよっとしたらという期待が膨らみます。
 露天風呂はイメージしていた通りで、鉄分と塩分を含んだ濃厚な香りのある温泉でした。泉質は私の好みではなかったのですが、それを補って余りある経験ができました。
 決して広くはないひょうたん型の湯船に少し窮屈そうに入った客たちは、最初は賑やかにおしゃべりしていましたが、日没が近づき、赤みを帯びた太陽が水平線に近づくにつれておしゃべりを止め、じっと日没を待つような雰囲気になりました。いよいよ水平線に日が沈み始めると感嘆の声が上がり始めました。そして太陽が完全に水平線に隠れると自然に拍手が起こり、見知らぬ人同士が感激を分かち合う姿がしばらく続きました。“5回目でようやく見れました!”と興奮気味に話す人、感無量の表情で名残惜しそうに水平線を見つめる人、少年からお年寄りまで不思議な一体感に包まれていました。不老ふ死温泉という大袈裟なネーミングや狭い湯船に鈴なりで入ることは好みではなかったのですが、こんな体験は他の温泉では味わったことがなかったので新鮮でした。
 翌朝に入ってみると、不思議なことに、昨日のような感激はありませんでした。やはり“水平線に沈む夕日”というのは、特別なのだと実感しました。

15/12/13
10:23
に投稿

露天風呂は宿から結構離れていました

3.8
3.8
温泉
4
温泉の雰囲気
5
また行きたい
3
部屋
3
食事
4
2002/06頃に訪問

露天風呂は宿から結構離れていました。行くまでの足場も良くなかったように思います。
旅行先で出会った温泉好きの方もそう言われていたので、宿泊するとそういった感じがするようです。
その上、風が強かったり、寒かったり、薄暗かったりすると、もう一度入浴しに行くとなればそれなりに行こうという意欲と思い切りを持たないと、一度入ったから館内の温泉でいいやといった事になってしまいます。

写真に載っているような、夕陽のロケーションに出会うのは、なかなか難しいですよね。
私が行った時も雲が多くてダメでした。

13年前ですが、青荷温泉から青森を横断する形をとって、車で走った途中の道は舗装されてなく、地道を長く走り続け、みちのく温泉に立ち寄り、ようやく着いたという思い出があります
遠かったな~

15/11/15
23:20
に投稿

良い景色でした

4.3
4.3
温泉
5
温泉の雰囲気
4
また行きたい
4
部屋
0
食事
0
2015/10頃に訪問

竜飛岬での日の出を見た後に不老ふ死温泉に移動。(なかなかの山道と時間がかかりました)
駐車場に車を止めようとするとそこから噂の露天風呂が丸見えw
露天風呂の方まで小岩が続いているので小魚か何かを探す微笑ましい家族連れが何組か居ました。

内湯・露天共に入浴させて頂きましたが、露天は・・・風が強かった。
風呂を築いている岩の外では某映画製作会社のあのシーンのように波がバッサバッサ岩に当たっていましたw
また露天は撮影禁止なのですが、年配の方が撮影していたのが少し残念です。

今度は違うシーズンに入浴出来たらと思います

15/10/12
16:38
に投稿

海を望む不老ふ死の湯

4.7
4.7
温泉
5
温泉の雰囲気
5
また行きたい
4
部屋
0
食事
0
2015/09頃に訪問

平日の朝8:00、オープン時間に立ち寄りました。
券売機で入浴券を購入しフロントで貴重品を預け、手首に料金を払った印のテープを巻いてもらいます。
露天風呂には洗い場は無いので、内湯で体を洗った後に服、もしくは浴衣を着て海沿いの露天風呂に向かいます。

露天風呂は、混浴と女性専用に分かれています。

朝一なので完全に貸切状態です。
土色の温泉に入りながら、エメラルドグリーンの波打つ広大な海を眺められるとはなんとも贅沢な一時です。

海鳥や浅瀬の小魚も見ることができます。

台風17号と18号の影響もあってか、海は少し荒れていました。
ですが浅瀬が30〜40メートル続いているので、お風呂の方までは波は来ないです。

しばらく浸かっていると他のお客さんも入ってきたので内風呂に戻ることにします。

和歌山県の白浜・崎の湯とはまた一味違った秘湯でした。

15/09/11
14:38
に投稿

念願の…

4.3
4.3
温泉
4
温泉の雰囲気
5
また行きたい
4
部屋
0
食事
0
2015/07頃に訪問

平日の朝一に行ったおかげでなのかガラガラでゆっくりとお湯を堪能できました。
温度もぬるめで長く浸かっていられるし景色もサイコーに良かくウワサ通りの温泉でした。
次回は泊りで夕日を眺めながら浸かってみたいです。

15/08/31
15:43
に投稿

沈む夕陽を見ながら一人で入りたい!

4.7
4.7
温泉
4
温泉の雰囲気
5
また行きたい
5
部屋
0
食事
0
2015/04頃に訪問

限られた日帰り入浴時間、しかも津軽に観光客が集まる桜の季節、早朝なら混まないと思い宿泊先の鯵ヶ沢から車で訪れると既に駐車場はびっしり!
メディアに相当露出してますから当然かとは思いますが、やはりここで宿をとるべきでした。
お湯はイメージ通り、鉄分を含んだ塩化物泉で適温、まろやかな浴感です。
ゆっくり浸かりたいのですが、次から次へとお客が...
朝も良かったですが、日本海ならやはり夕陽を観たい!
雪景色も良いかもしれません。

15/08/22
15:37
に投稿

日本海を間近に望む激濃の温泉

4.0
4.0
温泉
4
温泉の雰囲気
5
また行きたい
3
部屋
0
食事
0
2014/10頃に訪問

何と言っても露天風呂が非常に有名。私も、内風呂はそこそこにせっせと露天風呂へと足を運びました。

露天風呂は女性専用と混浴の2つに分かれています。確かに開放的な場所にあることは間違いないですが、脱衣所や浴槽は旅館からは見えないように工夫されているので、意外と入りやすいです。

私が入った時は、混浴の浴槽がかなり熱く、43度以上はあったようです。湯温の調整が上手く取れていなかったのか、あまり温泉に浸かれませんでした・・・

景観はかなり良いと思いますが、他にも素晴らしい景観の温泉をたくさん知っているので、正直あまり感動はなかったです。夕日を見ながら入ったりするのが一番でしょうね。

ちなみに温泉は日本海に垂れ流しになっていて、垂れ流しの付近にはたくさんの魚がいました。
お魚さんも温泉好きなのかなぁ?

14/10/30
23:01
に投稿

お湯、感動しました。

4.0
4.0
温泉
5
温泉の雰囲気
5
また行きたい
4
部屋
4
食事
2
2014/10頃に訪問

連休で宿泊しました。
観光に良い時期だったので、満室状態で、「今日は200名以上います」と
宿の方が言っておられたので、夕日が沈むのを露天風呂から見るのはあきらめました。
日帰りの方は、露天風呂に入れる時間が短くので、夕日は無理なので、宿泊をお勧めします。
混浴露天風呂は、人が多すぎて、女性は無理な雰囲気で残念でした。
ただ、宿泊者用の露天風呂が期待していた以上によく、感激でした。
料理は、人も多いせいか、温かいものが温かく提供されず、残念でした。

14/10/15
17:21
に投稿

塩分すごい

4.7
4.7
温泉
5
温泉の雰囲気
4
また行きたい
5
部屋
0
食事
0
2009/09頃に訪問

2003年ごろ、JR東日本のポスターにここの露天風呂が掲載されていたのを見たとき、感動した。当時、まだ温泉なんて近所のスーパー銭湯の無理やり出してる温泉しか知らなかったから、えらい驚いた。2009年に訪れたときは満室だったので、仕方なく日帰り。9月の晴天の日だったので、暑かった。混んでた。湯上りの汗がとまらない。そして海水浴の後みたいに体がぺたぺたとした。塩分が濃いんだなと思った。今度は泊まりたいなあ。

14/07/21
21:56
に投稿

クチコミの平均評価

4.2
5
5
4
6
3
1
2
0
1
0

マイリスト

※クチコミは、実際に利用した会員の方の投稿ですが、投稿内容には、個人的趣味や主観的な表現を含むことがあります。また、クチコミ投稿ルールに反するものは掲載いたしません。

この記事を見た人は以下の記事も見ています

このエリアで評価が高い宿・温泉

エリアから探す

スマートフォン版に戻る