秘境温泉 神秘の湯

トップ 東北 秋田県 田沢湖・角館・大曲 八幡平温泉郷 大深温泉

大深温泉

秋田県仙北市田沢湖玉川大深沢国有林内 マップ

分類
  • 掛流
  • 加水
利用
  • 日帰り可
  • 宿泊可
宿情報を編集する
大深温泉

オンドル小屋があって、時が止まっているような温泉

訪問日
2012/10/14
最終更新日
2014/04/24
投稿者
しおり
  • 管理人総合評価

    4.0

    3.3

  • ユーザーの評価

    (2件)
    3.7

    3.7



オンドル小屋 

極上温泉の宝庫、八幡平
温泉好きなら必ず訪れている地である。
有名な蒸ノ湯温泉の近くにひっそりとある大深温泉。

珍しいのは宿泊施設はオンドル小屋のみ。
宿泊料金は2500円と激安な事から湯治の方はもちろんライダーの方なども大深温泉を拠点として動き回るといった事が多いとご主人が話していた。

敷地内には大深温泉所有の地獄もあり地獄からの新鮮な湯がとにかく豊富。

  • 管理棟 ここへ宿泊はできない
  • 湯小屋

なんとなく訪れたことから管理棟にいる女将さんに温泉の見学をお願いすることに。

写真の綺麗な建物は管理棟、宿泊はできないのでご注意を。

  • オンドル小屋の前には小さな地獄がある
  • オンドル小屋内 地熱で床があたたかい。

オンドル小屋の中を見学させていただいた。
見た感じ倉庫内のように何もなく殺風景。寝具なども自分で持って来なければならない。
床は地熱であたたかく、夏場は正直きつそうだが秋などは気持がいいだろう。
冬は最高ですね、とご主人に言うと冬は残念ながら休業しているとのこと。それは残念。

飾り気がなく昔のまま 時間がとまった湯小屋

  • 源泉投入量はそこそこ
  • アメニティは何もない 壁に鏡、あとは桶があるのみだ

源泉投入量はそこそこではあるが、あまり人が入っていないせいもありお湯はとても綺麗である。

白っぽい薄い灰色のような色をし味はかすかに硫黄の味がする。

源泉温度が77.1度と高い事からかなりの量が加水されていそうで少々残念。

  • オンドル小屋脇には温泉が垂れ流されており湯量の豊富さがうかがえる
  • オンドル小屋裏には洗濯物干しと休憩場所があり、またその脇には大きな地獄が広がる。

オンドル小屋前には湧水が流れっぱなしのシンクがある。
そこで水を飲んでいると湯治をされている方が来て「そこの水より炊事場の水の方が断然おいしいよ」と連れていってくれた。

炊事場の水の方が冷たく土っぽくなく浄化され実際においしい。

その水が奥で溜めてあり、野菜や肉を冷やす冷蔵庫がわりになっている。

なんとなくこの場所は時間がゆっくりと流れているような、、そんな感じ。しばらく地獄を見ながら休憩させてもらいまた来るよと大深温泉をあとにした。

大深温泉の評価はこちら!

  • 温泉

    4
    4

    上質湯

  • 温泉の雰囲気

    0
    3
  • また行きたい

    0
    3
  • 部屋

    評価せず
  • 食事

    評価せず
    0
管理人総合評価
3.3
3.3
とさせていただきました。

クチコミ(2件)2件中 1~2件 1ページ目

ゆでがえる の愉しみ 

4.5
4.5
温泉
5
温泉の雰囲気
5
また行きたい
5
部屋
3
食事
0
2018/10頃に訪問

八幡平 大深温泉

八幡平アスピーテラインを、秋田側から岩手方面に向かうと、
後生掛温泉を過ぎて、左に蒸の湯、右に大深という標識が現れる。
大きくカーブを切り、細い下り坂をゆっくり進むと、
大深の管理棟が見えてくる。秋田の病院が経営しているのだそうだ。
宿泊は、オンドル大部屋が2棟あり、
そこへ寝具を持ち込んでのザコ寝になる。
手前のオンドル小屋は、温度が高めで、
宿泊者が夜遅くまで和気あいあいと談笑していた。
奥の方の小屋は、実に静かなもので、
夜8時には消灯・9時には就寝という
至極健全なオンドル生活をおくる人達が泊まっていた。

火気のない炊事場には、すこぶるおいしい湧水が流れている。
「秋田でナンバーワンのわき水だ」と、
隣に寝ていた鉱山技師を名乗るおっさんが、
我がことのように自慢していた。
この水を空のペットボトル2ℓに詰めて風呂に行く。
風呂は男女別の外湯湯小屋の内風呂だ。
8人が余裕で入れる正方形サイズで、薄い白濁の硫黄泉だ。
源泉は激熱。浴槽は46℃ぐらいに設定されている。
すばらしいのは、加水する湧水の塩ビ管が直径8センチで、
捻り栓のコックを全開にすると、
まるで消火栓を開けた時のように湧水がほとばしることだ。
46℃のお湯が3分ほどで37℃まで下がる。
そこで加水をやめると、30分ほどで48℃まで上昇する。

  みきわめを でるにでられぬ ゆでがえる   

加水して止めて、加水して止めて、を何度も繰り返す。
最後は、湧水をケロリン桶に汲んで、
頭からかぶりながら熱い湯に浸かる。
何回も、何回も、湧水をかぶると、
気化熱の心地よさに身も心もとろけそうになる。

まことにすばらしい大深の湯なのだ。



19/01/22
10:38
に投稿

鄙びた感じがいい

3.7
3.7
温泉
4
温泉の雰囲気
4
また行きたい
3
部屋
0
食事
0
2014/09頃に訪問

何気に地図を見ていて「大深温泉」が目に留まり藤七温泉の帰りに寄ってみた。
受付を済ませ湯小屋に向かう。が、そのまえにオンドル小屋があるとご主人が言っていたので覗いて見ると結構な人がいたのでビックリした。
この感じだと湯船も一杯かなと思ったが誰もいなく貸切状態だったので少し拍子抜けした。
露天風呂はなく内湯のみだがこじんまりとした木枠の湯船には綺麗な青白いお湯がおしみなく流れでていた。
温度は少し高めだがすぐに慣れた。木の壁もいい雰囲気をだしていて、なんかすごく落ち着く。。。
藤七温泉、ふけの湯、後生掛温泉など八幡平エリアには有名な温泉が沢山あるがここは穴場的存在(ただ自分が知らなかっただけかもしれないが)のような気がした。

15/09/18
20:04
に投稿

クチコミの平均評価

3.7
5
1
4
1
3
0
2
0
1
0

マイリスト

※クチコミは、実際に利用した会員の方の投稿ですが、投稿内容には、個人的趣味や主観的な表現を含むことがあります。また、クチコミ投稿ルールに反するものは掲載いたしません。

この記事を見た人は以下の記事も見ています

このエリアで評価が高い宿・温泉

エリアから探す

  
スマートフォン版に戻る