秘境温泉 神秘の湯

トップ 東北 秋田県 十和田湖・大館・鹿角 八九郎温泉 八九郎温泉 奥々八九郎温泉

八九郎温泉 奥々八九郎温泉

秋田県鹿角市小坂町小坂 マップ

分類
  • 掛流
  • 足湧
  • 絶景
  • 露天
利用
  • 日帰り可
  • 宿泊不可
宿情報を編集する
八九郎温泉 奥々八九郎温泉

山間の開けた場所に突然現れる天然ジャグジー野湯

訪問日
2013/10/24
最終更新日
2014/04/24
投稿者
しおり
  • 管理人総合評価

    4.0

    4.3

  • ユーザーの評価

    (5件)
    4.1

    4.1




昔から気になっていた温泉、奥々八九郎温泉。
温泉好きの中ではもう知らない人はいないのではないかというほど有名な温泉だ。

テレビの取材は雑誌にもバンバン掲載され、見たことがある人もいるだろう。

この温泉を知ったのは約10年ほど前。
行ってみたいと思いつつ、10年も経ってしまった。

夏場はアブが激しいという噂があったので、アブのいない5月を選んだ。

八九郎温泉の名前の由来は、八九郎という集落より付けられたそうだ。

  • オレンジの看板が目印
  • 奥八九郎へという小さな看板あり

八九郎温泉への道はこのオレンジの案内板が目印。
その案内板を右へ進み道なりにすすむと砂利道に入る。

砂利道に入って2.7キロ。
途中の分岐2か所は共に左へ。
(奥八九郎へという看板あり)

奥八九郎へという看板通りに進むと何故か奥々八九郎に到着する

道の先に茶色く染まった地面と湯気が見えてくる。何度も何度も見たことのある湯船だったが、こんな道の真横にあるとは思っていなかった。

こんなにアクセスがいいところにあるんだ、、と少々驚く。

広場のようになっており、広場一帯が析出物で覆われていて、一部は千枚田状態。
鱗のようでもあり思わず触ってみたくなる。

たくさんの人が訪れている事もあり、着替えを置くためのスノコのような板が設置してあったり、ケロリンが置いてあったりするが、たくさんの人が訪れている割には綺麗に保たれている。

ここにテントを張ってキャンプをしている人もたくさんいるみたいだ。

最高級の野湯 ボコボコと足元から豪快に湧く天然ジャグジー温泉

この日は人もいなくて貸切状態。 早速メインのボコボコいってる湯船へドボン!
本当に天然ジャグジー状態で湯船のそこからこれでもか!っと言うほど天然ガスが湧きだしている。
こんな天然のジャグジーは初めてで感動!
温度は結構熱くて43度~44度ぐらい。刺激も結構あるので長い時間入って入れるほどやさしくはない。

源泉の味は薄く、炭酸の味がする程度だった。

メインの湯船の他に入れそうな湯船が3か所ほどあるが、炭酸は抜けているし鮮度が悪くぬるい。
さらに土で濁っていて入る気もしない。

  • ピリピリした熱めの湯  気持ちいい~
  • いつまでもボコボコとガスが出てる

温仙人は大興奮!ジャグジーを触っては色々叫んでた。
印象的な温泉でした。

八九郎温泉 奥々八九郎温泉の評価はこちら!

  • 温泉

    5
    5

    極上湯

  • 温泉の雰囲気

    0
    4
  • また行きたい

    0
    4
  • 部屋

    評価せず
  • 食事

    評価せず
    0
管理人総合評価
4.3
4.3
とさせていただきました。

クチコミ(6件)6件中 1~6件 1ページ目

立ち入り禁止のテープが、、、

4.7
4.7
温泉
5
温泉の雰囲気
4
また行きたい
5
部屋
0
食事
0
2016/08頃に訪問

8月21日に行ってきました!
本当にこんなところに温泉があるのかと思いながら進んでいくと奥八九郎を発見。更に進んでいくと奥々八九郎に到着。

しかし、立ち入り禁止のテープがはられ、写真で見たような板などもなく、温泉に立ち入ることさえできませんでした。仕方なく溢れでた温泉に手を入れ、そのあと八九郎温泉に行きました。

温泉自体は本当にいい湯だと思いましたが入れないことがとても残念でした。また入れるようになった時に行きたいと思います。

16/08/27
03:38
に投稿

源泉に飛び込むということ

4.3
4.3
温泉
4
温泉の雰囲気
5
また行きたい
4
部屋
0
食事
0
2015/09頃に訪問

砂利道に入ってからは対向車が来たらどうしようということばかり考えてハラハラドキドキが止まらない。行けども行けども温泉が現れず不安になりながらもようやくたどり着いた時にはつい声が出てしまった。こんな温泉見たことない。駐車できるスペースが狭いことよりも脱衣場が無いことが特に女性には辛い。貸切でない限り女性の入浴はかなり困難に思う。男の私でさえ妻の視線を尻目に車内でムズムズしながら脱ぎ始めた時にはまるで変態にでもなったような気分だった。
とにもかくにもこの温泉のシチュエーションはテンションが上がって仕方ない。大きな穴はふたつ。ひとつはワッシャワッシャと噴き出す源泉でもうひとつは源泉から溢れ出たお湯に満たされたといった感じのもの。少し離れてかなり浅い穴もあるがここはもうおこぼれのおこぼれ。当然ながら鮮度抜群の源泉を狙いたい。底が見えない怖さはあるが入ってしまえばこれほど体全体で自然を感じ取れる温泉も珍しい。体の至るところが土で汚れるがそんな贅沢は言っていられない。
それにしても休日だったせいか訪れる人は途切れなかった。キャパは小さいのでこれ以上増えないこととマナーが悪くならないことを祈るばかりだ。

15/09/29
14:26
に投稿

山道の奥の奥に開いた野湯

4.0
4.0
温泉
4
温泉の雰囲気
5
また行きたい
3
部屋
0
食事
0
2015/09頃に訪問

普通に林道(山道?)に車で入り、10分以上突き進むと突然林が拓けて、道の横に温泉がありました。温泉というより、大地に温泉が湧いてそのまんまです。
更衣室なんかないので、その場で脱いで入るだけです(自分らの前に来てた人たち、車停める場所にテント張ってました。周囲は熊も出るようですが、泊まる気だったんでしょうか)

人が2~3人は入れる穴が、2つほどあり、片方からジャンジャンバリバリ足元自噴しまくりです。自噴の穴はかなり熱かったですが、もう一つはその湯が流れてきており、ちょうどよい熱さでした。

こんな野湯滅多になく、抵抗感さえなければ最高です!

車はセダンとか車高低いやつより、SUVとか4WDのが方がいいかな。

15/09/27
21:50
に投稿

日本一有名な野湯

4.7
4.7
温泉
5
温泉の雰囲気
5
また行きたい
4
部屋
0
食事
0
2015/06頃に訪問

以前から行きたいと思いつつなかなか行けなかったがついに念願かなって行ってきました。

砂利道を走らせていると突然開けた所に出て右側を見るとボコボコと温泉が湧いていて幾つか湯船が見えた。突然すぎてビックリしてしまった。

湯底からボコボコ湧いている湯船はかなり熱く長湯はできないが鮮度は抜群である。このボコボコがホント気持良い!! 隣の湯船は湯温はちょうどいいが鮮度は湧いている湯船に比べればかなり落ちる。なので、温泉が湧き出ている湯船に何回も出たり入ったりを繰り返した。

アブが多いと言われていたが行った時期が良かったのかアブもいなくしかも貸切状態だったので心行くまで堪能できた。

15/09/01
19:32
に投稿

駐車場のなさがネック

3.3
3.3
温泉
4
温泉の雰囲気
3
また行きたい
3
部屋
0
食事
0
2014/06頃に訪問

10年以上前から何度か訪問しているが、湯船はどんどん拡張されて大きくなっている。元々この温泉含め奥八九郎温泉と八九郎温泉の3泉は、鉱山の試掘によって噴出したもの。なので試掘孔からのみ湧き出ている。湧き口は温かいが、流れ出た他の湯船はあまり暖かくなく、夏場以外は厳しいと思う。

この温泉で一番のネックは林道のすぐ脇にあるため駐車場がないこと。Uターンするスペースもほとんどなく、土日祝や連休中は林道が混み合うため注意が必要。
湯船は林道から若干離れており、堆積物の上に停められなくもないが、4WDでないと厳しい。農道から歩いて行くと結構な距離がある。

15/07/22
00:39
に投稿

天然のジャグジー

4.7
4.7
温泉
5
温泉の雰囲気
4
また行きたい
5
部屋
0
食事
0
2012/09頃に訪問

山林の中、炭酸泉ということで夏場はアブの宝庫だそうですが、自分が訪問した時は奇跡的にアブがおらず晩夏の炭酸ジャグジーを堪能することが出来ました。

林道の入り口と途中の分かれ道に看板が出ていますが、レポにある通り奥八九郎温泉と記載されていますので、気にせずしたがって下さい。本当に道路脇にあるので、結構びっくりしました。ここまでアクセスな容易な野湯は珍しいと思います。

温度は若干熱めですが、個人的には好みの温度でした。メインの湯船のジャグジーの強烈さに感動しました。これは一度体験する価値はあると思います。

アブが苦手な方は、雪が解けるGWか秋口が良いと思われます。

15/01/20
11:01
に投稿

クチコミの平均評価

4.1
5
3
4
2
3
1
2
0
1
0

マイリスト

※クチコミは、実際に利用した会員の方の投稿ですが、投稿内容には、個人的趣味や主観的な表現を含むことがあります。また、クチコミ投稿ルールに反するものは掲載いたしません。

この記事を見た人は以下の記事も見ています

このエリアで評価が高い宿・温泉

エリアから探す

   
スマートフォン版に戻る