秘境温泉 神秘の湯

トップ 東北 秋田県 十和田湖・大館・鹿角 八九郎温泉 八九郎温泉 奥八九郎温泉

八九郎温泉 奥八九郎温泉

秋田県鹿角市小坂町小坂 マップ

分類
  • 掛流
  • 足湧
  • 露天
利用
  • 日帰り可
  • 宿泊不可
宿情報を編集する
八九郎温泉 奥八九郎温泉

森の中にひっそり佇むワイルドなジャグジー野湯

訪問日
2013/10/25
最終更新日
2014/04/24
投稿者
しおり
  • 管理人総合評価

    4.0

    2.7

  • ユーザーの評価

    (1件)
    3.3

    3.3



昔から気になっていた温泉、奥々八九郎温泉。
温泉好きの中ではもう知らない人はいないのではないかというほど有名な温泉だ。

テレビの取材は雑誌にもバンバン掲載され、見たことがある人もいるだろう。

その奥々八九郎温泉近くにあり、あまり人が来ない奥八九郎温泉に行ってみた。

綺麗で立派な奥々八九郎温泉に比べ、いかにも野湯といった荒れた奥八九郎温泉は人によって入れない人も多いだろう温泉だ。

  • オレンジの看板が目印
  • 奥八九郎へという小さな看板あり

八九郎温泉への道はこのオレンジの案内板が目印。
その案内板を右へ進み道なりにすすむと砂利道に入る。

砂利道に入って2.7キロ。
途中の分岐2か所は共に左へ。
(奥八九郎へという看板あり)

奥八九郎へという看板通りに進むと何故か奥々八九郎に到着する

  • この分岐を右へ
  • 道から左へそれて林の中へ突入

奥々八九郎へ行った帰り、少し戻ったところに分岐があったのでその道を右へ。
本来はこの道をまっすぐ行くと橋があり、渡ると奥八九郎まで車で行けるのだが、、、、橋が水没してる!!

どうやってもどう考えてもこの橋を渡るのは無理だ、、、となり他の方法を探す事に


この分岐を右へ曲がらずまっすぐに向かうと林の中を歩けばなんとか行けるんじゃない?なんて思えてきた。

  • バキバキと小枝を踏みながら進む
  • 八九郎温泉発見!でも川の水があふれて周りは水没、、、どうやって渡る?
  • 靴をビチャビチャにしながら到着 触ってみると、、、ぬるいけど入れる!
  • 奥々八九郎温泉ほどじゃないけど真ん中からブクブク湧いてます♪

炭酸が生き生きしたぬる~い野湯

奥八九郎温泉は入浴する人があまりいない事と、橋が水没している事もあり、これぞ野湯といった荒れた雰囲気。

湯の底には藻?か何かフワフワするものが沈殿し気持ち悪い。

トカゲの死骸も浮いていた。

温度はかなりぬるく34度ぐらい。その分炭酸が生き生きしているようで細かい泡がたくさん身体に付く。

泉質でいえばかなり良い。掃除して入ったらたまらない湯なのではないだろうか。

八九郎温泉 奥八九郎温泉の評価はこちら!

  • 温泉

    3
    3

    ナカナカ湯

  • 温泉の雰囲気

    0
    3
  • また行きたい

    0
    2
  • 部屋

    評価せず
  • 食事

    評価せず
    0
管理人総合評価
2.7
2.7
とさせていただきました。

クチコミ(2件)2件中 1~2件 1ページ目

森の中の炭酸泉

4.0
4.0
温泉
4
温泉の雰囲気
4
また行きたい
4
部屋
0
食事
0
2017/10頃に訪問

奥奥八九郎温泉の帰りに立ち寄ってみる.が,林道からの分岐がわかりにくい.無理して突入せず,最寄りの道幅の広い分岐点に車を停め,それっぽい獣道を辿ってみると,果たしてそれであった.酷いドロドロのぬかるみであり,車を突入させてはならない.この道がそもそも廃道になった林道である.ほどなく堰堤.昨日まで雨が降っていたため水量が多い.堰堤全体に10cmくらいの水量.靴でなく,サンダル履きで来たのは大正解.じゃぶじゃぶ渡れる.徒渉した先,少しばかり園地になっており,その脇に泥色の池.これこそが奥八九郎温泉であった.奥奥八九郎の様にカルシウム分はないらしい,析出物は全くなく,森の中の「土」の地に涌いているので,湯壺の縁もドロドロである.ただし,幸いにも湯底はしっかりしているので,底なし地獄にはまることはない.森の脇で脱衣して入浴.湧き出す源泉は,奥奥同様,炭酸分を多く含んでおり,爆ぜる様に湧き上がる.湯温は有り体に言うとだいぶヌルイ.それでも,奥奥と違って秋の紅葉を愛でながらの森林浴を堪能できる.
 で,その通り,森の中にあるので,湯壺の中も落ち葉だらけ.腐食した落ち葉が湧き上がる湯とともに,クルクル撹拌されているので,浸かっていると体には葉やら泥やらが密着する.しかしこんなことで苦言を言うモノはそもそも野湯に来る必要がないので,そこら辺も含めて野湯を愉しみたい.炭酸分たっぷりなのに,体に泡付きはない.口に含むと若干苦味.
 これまでネット情報にはあがっていないが,こちらも奥奥同様,森林管理署によって立入禁止のトラロープが張られ(すっかりくたびれ果てているが),温泉施設でない旨の掲示も立てられている.その辺をどう考えるかは訪問者次第,といったところだろうか.

写真1:森の中の「ジャグジー」,写真2:廃道林道の堰堤,写真3:林道からの分岐点の様子

17/10/30
00:33
に投稿

昔に比べてだいぶ良くなった

3.0
3.0
温泉
4
温泉の雰囲気
3
また行きたい
2
部屋
0
食事
0
2014/06頃に訪問

初めて訪問したのが10年以上前、それから何度か行っているが、観光客が多すぎて土日祝や連休は落ち着いて入れない。奥々八九郎へ向かう通り道にあるため、車道から丸見え。
昔は湯船というより水たまりのような有り様だったが、有志によって拡張されているのだろう、以前と比べると湯船っぽくなっている。八九郎温泉、奥々八九郎温泉に比べて人の数は少ない。
ガイドブック等で紹介もあるはずだが、この3泉はいずれも鉱山の試掘によって噴出したもので、試掘孔の付近は温かいが、離れるとかなり温くなる。

15/07/22
00:30
に投稿

クチコミの平均評価

3.3
5
0
4
1
3
1
2
0
1
0

マイリスト

※クチコミは、実際に利用した会員の方の投稿ですが、投稿内容には、個人的趣味や主観的な表現を含むことがあります。また、クチコミ投稿ルールに反するものは掲載いたしません。

この記事を見た人は以下の記事も見ています

このエリアで評価が高い宿・温泉

エリアから探す

  
スマートフォン版に戻る