秘境温泉 神秘の湯

トップ 東北 岩手県 安比・八幡平・二戸の温泉 藤七温泉 藤七温泉 彩雲荘

藤七温泉 彩雲荘

岩手県岩手郡松尾村寄木北の又 マップ

分類
  • 掛流
  • 加水
  • 足湧
  • 絶景
  • 露天
利用
  • 日帰り可
  • 宿泊可
宿情報を編集する
藤七温泉 彩雲荘

ワイルドさ日本一!?満点の星空も抜群の天空の温泉

訪問日
2012/09/09
最終更新日
2014/07/09
投稿者
しおり
  • 管理人総合評価

    4.0

    3.6

  • ユーザーの評価

    (17件)
    4.3

    4.3



海抜1,400mへ位置する秘湯、藤七温泉 彩雲荘。
2003年に日帰りで訪れてから一度宿泊してこのすばらしい温泉にじっくり浸かってみたいと思いつつなかなか来れなかったわけだが、今年やっとその思いを達成することになった。

標高1400mということもあり、周辺は高山植物やゴツゴツとした岩がすばらしい景色。

そんな景色の中にお宿がポツンとあり、地獄からの湯けむりがお宿の横で立ち上る。
理想の山の秘湯そのものである。

八幡平の手付かずの大自然の中に建つ旅館は旅館自体の風情は少ないがロケーションは他に味わう事ができないほどすばらしいものがある。

宿の雰囲気はどちらかと言うと旅館と言うよりは山小屋。
  • 高山植物に囲まれた宿と露天風呂
  • フロント前休憩所 テレビはこの1ヶ所のみ
  • 日帰り入浴用休憩所

テレビはフロント前の休憩所に1ヶ所のみ。
夜は部屋に何もない事もありここ人が集まってテレビを見ている人もいる。

日帰り入浴時間内にはこの休憩所2か所で休憩している人が多数。
宿泊客のことをあまり考えていない日帰り入浴時間の設定だなとも思う。

1泊2食付 2名1室 1名あたり 12,750円 6畳 本館トイレなし

案内された部屋は驚くほどせまくなにもない部屋。
窓も開けようとすると網戸が下へ落ちるほどボロボロ。
壁もドアも床も薄く歩いただけで建物がゆれるようだ。

  • 鏡とポット
  • 暖房

冬季休業で山の上にあるのだから、、、といえども何時間もかけて歩かなければならない温泉付山宿でさえもとって9000円程度。たしかに他に変えられない露天風呂を持っているとはいえ付加価値と考えられるかどうか、その人次第かな。

食事はなんとバイキング。この料金でバイキング??と少々びっくり、、、。
食事内容は山菜やカレー、そば(自分でお湯につける)。
こだわりの山菜料理なら頷けるのだけど、、、

高山植物に囲まれて 日本一ワイルドな温泉

一番上の露天 一の湯 夜は満天の星空

2003年に訪れた時はこの地獄内に小さな足元湧出の露天風呂が1ヶ所のみだったわけだが、今回訪れて変化に驚いた。
敷地をふんだんに使い、露天風呂が沢山!
もうもうと立ち上がる湯けむりの中、熱めの露天~ぬるめの露天まで敷地内ではしご湯ができる。
特にすばらしいのは夜。
下の方の露天風呂では宿の明かりであまり見えないのだが一番上の露天風呂からは満天の星空。天の川に流れ星、涙がでるほど感動した露天風呂である。

  • 敷地内にはたくさんの露天風呂がある。

私達があまりに一の湯で星空に感動したので下の方の露天へいた人達に話をしたところ、気が付くと誰もいなかった一の湯が満杯の人になり下の湯へは人がいなくなってしまった。。。

女性用露天風呂も地獄内に新しく新設されていた。
これだけでも満足できるのではないだろうか。

遠くまで見渡せる女性のための絶景露天風呂

女性専用露天風呂

湯船は二つ有、ぬるめと熱めに分かれている。湯量は驚くほど多くドバドバ。

  • 男性用内湯
  • 女性用内湯

朝ご飯ももちろんバイキング。
不思議だが夜のバイキングよりましな気がする。
夜のバイキングには肉は一切なかったのだが朝は一応肉もあった。(ミートボールだけど)

食事に関しては手間をかけなすぎだな~。

ただ、水が本当においしい事と、その水で入れているコーヒーは絶品。
コーヒーを外へ持ち出して景色を見ながら楽しんだ時間は他にない良いところだった。

近くにある黒谷地湿原。遊歩道を歩いて20分ほどで美しい湿原にたどり着く。
私達はあまり時間がなかった為、この遊歩道をマラソン、10分かからず到着ししばし堪能した後急いで宿へ向かった。

≪藤七温泉の良いところ≫

高山植物と山の景色、そして露天風呂。
日本中探してもここまでめぐまれた環境はないのではないかと思うほどすばらしい。
夜入った一の湯からの星空とうっすら見える山々、そして下の方へ湯けむりが上がるあの景色には忘れられないほど感動した。

≪籐七温泉の良くなかったところ≫

残念なことに環境はすばらしいけどお宿はもてなしや居心地の良さ、食事などの楽しみなどなど温泉以外はまったく満足できなかった。
料金が高いだけによけいかな。これが8,500円(微妙??)と言われたら納得の内だったかも。

ただ、それでも上記内容をわかった上で宿泊してみてほしいと思う。
こんなにすばらしい環境は他になく感動すること間違いない。

藤七温泉 彩雲荘 の評価はこちら!

  • 温泉

    5
    5

    極上湯

  • 温泉の雰囲気

    1
    5
  • また行きたい

    1
    5
  • 部屋

    1
    2
  • 食事

    1
    1
管理人総合評価
3.6
3.6
とさせていただきました。

クチコミ(17件)17件中 1~10件 1ページ目

地獄に浸かるかのようなワイルドさ

4.3
4.3
温泉
4
温泉の雰囲気
4
また行きたい
5
部屋
0
食事
0
2018/07頃に訪問

ポコポコと湧きあがる水泡が湯面で踊り弾ける。その様はとても楽しく、いつまでも見飽きずにいた。
しかし浸かる前までは、そのボコボコが地獄そのもので、とても熱くて浸かれないのではと、まず恐る恐る手を浸けてみた。が、そうでもなく浸かれるじゃんと、それでも濁りが強いため、湯底が全く解らずで、何んとなく恐々入って行く。
源泉87℃、ph3.7の単純硫黄泉だが、灰白色の泥湯。湯底の端の方には多量の湯泥が蓄積しており、塗り放題。湯底と言っても、小石で不安定。しかも湯が沸いてくる箇所があちこちで、うっかりしていると、物凄い熱い源泉でお尻がアチチッと火傷しそうになるので、うっかり腰を下ろせない。
正に地獄そのものを、湯舟で囲い温泉としたような超ワイルドさ!
広大な敷地に山肌と、パイプが這いまくる木道と、木枠で囲まれ湯煙上がる露天風呂が5~6個点在している。
一番下にあり、囲いがされているのが女性専用露天風呂で、以外は全て混浴である。
その混浴をバスタオル巻きで渡り歩き、好みの湯温の湯船を探す。かなりぬるいのからややぬるめでゆっくり浸かれるものなど様々であったが、湯船全体が熱めというのは無かったので、内湯が上がり湯になる。
内湯は加水された源泉がドバドバ投入で、気持ちが良いものであった。が、露天風呂側からは女性用入り口と書かれていない為、男性が入り口を間違えて入って来た事があったので、看板は設置しておいて欲しい。
露天風呂入浴時間が、8時~18時となっていますが、宿泊すると夜でも露天風呂に入れるのでしょうか?それなら管理人様が、書かれているように宿泊して星空をみたいなあーとも思ったりしますね。
日帰り入浴600円で結構長時間楽しめます。昼食は食堂バイキングがありました。

ここから八幡平山頂までハイキングをしたり、6月にはドラゴンアイが見られたり、紅葉はもちろん、温泉と自然を満喫できる八幡平温泉郷は素晴らしいですね。

アクセス例:盛岡から八幡平自然散策バス(4月末~10月中旬予定、1日行き帰り各1本)に乗り、藤七温泉下車すぐ前。松川温泉から同バスに乗り日帰りで行く事ができます。
車であれば後生掛けやふけの湯へアクセスしやすいですが、バスの場合藤七温泉は岩手側であり、ふけの湯方面は秋田側のため、八幡平山頂でのバスの便がアクセス困難です。
また、10月初旬でもアスピーテラインが急な積雪で通行止めとなり、行けなくなる可能性もありますのでご注意ください。

18/09/15
21:05
に投稿

地獄の噴湯口で浸かる贅沢

4.7
4.7
温泉
5
温泉の雰囲気
5
また行きたい
4
部屋
0
食事
0
2017/10頃に訪問

八幡平山頂下にある「地獄」.ここの憤湯口に露天の湯舟が設置されている,という次第.複数の湯舟がある.泉質は単純硫黄泉.灰白色の湯.湯底は湯の花の泥がたっぷり.湯底のそこかしこから,源泉がコンコンと湧き出す贅沢.複数ある露天風呂は,微温湯がら熱めまであって,それぞれに愉しめる.内湯も木造りの湯小屋といった良い雰囲気.露天ほど白濁はしていない.湯上がりにいいかもしれない.
 ともかく,「地獄」の硫黄泉露天天国とでも形容できよう.これだけ愉しめて,日帰りに湯銭は600円.それに較べると宿泊の場合の泊料は高いし,旅館というより山小屋と云った方が,施設も従業員の質も適当と思われるので,立ち寄り湯でいいのではないか,と個人的にはそんな心象.

17/10/24
22:53
に投稿

野趣あふれる露天は最高レベル。広い空の下で自然に溶け込む快感!

4.7
4.7
温泉
4
温泉の雰囲気
5
また行きたい
5
部屋
0
食事
0
2016/08頃に訪問

重厚に造りこまれた居心地の良さも悪くないですが、ここは全く別次元。人間のDNAに刻み込まれた温泉への憧れなのでしょうか、本物の喜びのようなものを感じます。
この不思議な気持ち、ちょっと尻焼温泉の良さに通じるものかもしれません。
まず、外に出ると、荒野の足元に無造作に白濁湯船があちこち。裸地を掘りおこしてそのまま湯場にしたかのような雰囲気。当然囲いなんかありません。
そこかしこに硫黄臭の漂う濃い白濁の湯が点在していて、好きな広さ、好きな湯加減の場所を選んでおもむろに浸かり、手足を伸ばします。
温泉に入っているというよりも、自然の中に溶け込んで、そこにたまたま沸いた有難い湯だまりを頂戴する。といった感じ。
本当に、一泊して星空を眺めながら、風の音しか聞こえない自然の中でゆっくりと入ることができれば最高だろうな・・・
いつか必ず実現したい。

17/03/25
22:33
に投稿

宿泊はいい噂を聞かないが・・・・

5.0
5.0
温泉
5
温泉の雰囲気
5
また行きたい
5
部屋
0
食事
0
2013/08頃に訪問

立ち寄りで行くなら最高にいいロケーションの露天風呂である。
とにかく広い。浴槽が広いのではなく裸で歩ける場所が広く半端ない開放感のある露天風呂群である。何度か訪れたがいずれの時にもそこそこ若い女性なども楽しんで入っていた。
バスタオルをきちんと見えないように巻いて入っていたが文句や注意をする人もなく、これだけ雄大だとそういう気持ちまで雄大になるのかと思わせる温泉である。
ぜひカップルで訪ねて欲しい。いや、もちろん一人でも。

17/01/04
17:31
に投稿

大自然の混浴露天風呂。Let It Be

4.3
4.3
温泉
4
温泉の雰囲気
4
また行きたい
5
部屋
0
食事
4
2016/09頃に訪問

2016年9月下旬入湯。立ち寄り600円

「部長!(わたし)今日は、秘湯中の秘湯へ案内しますよ」会社の後輩が明るく誘ってくれる。「藤七温泉、なんじゃないの?」・・・まさに、ビンゴ!少し残念そうな後輩の笑顔。

到着すると、天気も良く人も皆無。混浴露天風呂が5ヶ所有り。女性専用露天風呂が2ヶ所ある。宿のご主人に聞くと加水しなくてはとても入れない熱い源泉がいくつもあり。火傷をしてしまうとの事。

ブクブクと湯の底から源泉が湧き出ている。泥もこまやかで身体が火照る。川の水を流し込み温度を調整している。

突然の後輩の悲鳴。「ウ!ウヮアー!」
なんと、ご年配中心のツアーが到着し女性も湯浴みなどつけずタオル1本の姿でぞくぞくと入ってくる。

驚いている後輩に、これだけの自然の中では人間は誰でもおおらかな気持ちになるのではないか。後輩にドヤ顔でアドバイスをする。

いくつもの混浴露天を堪能する。女性陣にも挨拶をしながら湯を楽しむ、泥湯なので足元が気になるが、すのこがひいてあるので、安全。湯底も柔らかい泥なので足裏も痛くない。目の前に大自然が広がり至福の時間が過ぎていく。

「ギヤー」また後輩の叫び声。
今度は若いカップルが生まれたままの姿で手をつないで登場する。さすがの私も見ない振りをするのが限界。

「部長!あのカップルに何故挨拶しないのですか?」真顔で質問してくる後輩に言葉を返せず恥ずかしくなる。

内風呂も源泉掛け流し、湯と水の調整が微妙に難しい。身体の泥を落とし、十和田八幡平の自然を堪能する。

露天風呂の聖地だな!後輩と意見が一致する。笑

※おんせん掲示板「混浴は日本の文化きちんと守りたい!」アップしておきます。



16/09/17
11:44
に投稿

露天よいうより野天!ワイルドさに圧倒!

4.3
4.3
温泉
4
温泉の雰囲気
5
また行きたい
4
部屋
0
食事
0
2015/07頃に訪問

小雨降るあいにくの天気の中、日帰り入浴で訪れた。
平日にもかかわらず「秘湯を満喫するツアー」なるバスが到着したりと、かなり繁盛していた。

私は湯あみ着持参だったので、何のためらいもなく、露天風呂へGO!
露天風呂というよりは、まるで工事現場の野天のよう...
え~!と言いながらワクワク(^^♪
温泉があちこちで湧き出すので、年々湯船が増えていっているそうだ。

姥湯温泉のワイルドさにも、すごい!すごい!を連呼して大興奮の夫だったが、今回も、すごい!すごい!の連呼...かなり気に入ったようだ。
でも、姥湯温泉のワイルドさと違う。とにかく広く、眺望が開けている。

一人で入浴している女性は、体中に、下に沈んでいる泥?を塗りたくっていた。

正直、宿泊したいとは思わないが、再訪して岩手山をはじめとする大パノラマを楽しみながら入浴したい。
でも、夫と八幡平に行くと必ず雨なんだよなぁ。雨男ではないのに、なぜだろう...
八幡平の絶景を見せたいのになぁ...きっと何度も来てね♪ということだと私は解釈してる。

16/06/08
10:50
に投稿

日帰りで

5.0
5.0
温泉
5
温泉の雰囲気
5
また行きたい
5
部屋
0
食事
0
2016/10頃に訪問

今までに二回行きました。源泉に近いほど熱い湯が楽しめ、場所によっては足元湧出⁈も(笑)景色も大自然大解放で良い温泉でした。

16/03/27
12:15
に投稿

割り切りが必要

3.2
3.2
温泉
5
温泉の雰囲気
5
また行きたい
3
部屋
1
食事
2
2013/10頃に訪問

●温泉
この上なくワイルドで開放感満点
●建物
季節営業とはいえ評価に値しない
●食事
料金から想像すると落胆する
●料金
コストパフォーマンスの高い宿は他にいくらでも有る
●サービス
無いに等しい
日帰り入浴が最適かな?

15/10/24
11:36
に投稿

とにかく身体に泥を塗りまして。。。

4.7
4.7
温泉
5
温泉の雰囲気
5
また行きたい
4
部屋
0
食事
0
2015/09頃に訪問

紅葉し始めた9月末、後生掛温泉の後に立ち寄りました。
月曜だというのに人がいっぱい。テレビ撮影などもあり秘湯感は無し。
東日本一の高所のわりには混浴露天から絶景が望めませんが、開放的な
五つの露天風呂に老若男女が思い思いに風呂に浸かり、底に堆積した滑らか
な泥を身体に塗りつけています。これが結構楽しい。

単純硫黄泉ですが、湯の底からふつふつと自噴するお湯は新鮮さの証。
贅沢な湯です。お湯の温度も適温です。
高地の為入浴可能なシーズンは短く、紅葉の時期はすでにかなり肌寒い。
その刹那感が、なおさら有難味を感じます。

確かに女性露天風呂までのルートが混浴から見世物状態で少し勇気が
必要ですが、湯浴みが1000円位で販売されており露出はありません。
行く価値ありです。

15/10/09
20:48
に投稿

東北一の高所

4.0
4.0
温泉
4
温泉の雰囲気
4
また行きたい
4
部屋
0
食事
0
2015/09頃に訪問

海抜1400メートルの場所にある藤七温泉。
ちょうど紅葉の時期に行ったため露天風呂からは綺麗な紅葉とダイナミックな岩肌とのコラボが印象的だった。
湯船がいくつかあるのだが自然湧出のため湯船によって湯温が少し違うため自分好みの場所を探してみると良いと思う。
湯船もたくさんあり人が多少多くても分散していてそんなに込み合ってる感じはしなかったが、露天風呂の通路が長いため混浴に慣れている相方も最初は躊躇していた。しかも女性専用の露天風呂が一番奥にあるので一番長い距離を歩かなくてはいけないので女性は勇気がいるのかもしれない。

15/10/04
13:44
に投稿

クチコミの平均評価

4.3
5
8
4
7
3
2
2
0
1
0

マイリスト

※クチコミは、実際に利用した会員の方の投稿ですが、投稿内容には、個人的趣味や主観的な表現を含むことがあります。また、クチコミ投稿ルールに反するものは掲載いたしません。

この記事を見た人は以下の記事も見ています

このエリアで評価が高い宿・温泉

エリアから探す

  
スマートフォン版に戻る