秘境温泉 神秘の湯

トップ 東北 秋田県 田沢湖・角館・大曲 乳頭温泉郷 乳頭温泉郷 鶴の湯温泉

乳頭温泉郷 鶴の湯温泉

秋田県仙北市田沢湖田沢先達沢国有林50 マップ

分類
  • 掛流
  • 足湧
  • 露天
利用
  • 日帰り可
  • 宿泊可
宿情報を編集する
乳頭温泉郷 鶴の湯温泉

郷愁にどっぷり浸かり、足元湧出のにごり湯で癒される宿

訪問日
2005/02/10
最終更新日
2015/03/10
投稿者
しおり
  • 管理人総合評価

    4.0

    4.8

  • ユーザーの評価

    (26件)
    4.4

    4.4




駒ケ岳の麓、標高800m.の高地に位置する乳頭温泉郷の中で最も有名で最も古くからある温泉はここ鶴の湯温泉。
発見は昔マタギの勘助が山の中でキズを温泉で癒していた事で発見された。開湯は350年前と言われている。
私が温泉にハマりはじめた当時、まず最初に行きたいと思ったのは鶴の湯だ。
東の横綱と名高い事もあり、温泉にまったく詳しくない私にも知りえる事ができた。

1年前、一度予約をして半年待ったが事情によって泣く泣くあきらめ、今回は2回目の予約。約1年待って念願の宿泊を果たすことができた。

鶴の湯の玄関と言える門の前まで来ると他の温泉街とは天地の差を感じる。
黒い壁に茅葺屋根でできた一つの集落のような佇まい。
何処か違う世界へと飛び込んでしまったかのような気になる。

ここは何時代?タイムスリップしたような錯覚に陥る

  • 2号館・3号館
  • 敷地内に流れる湯の沢

敷地内には黒い壁で統一された建物が無造作に連なる。

以前来た時メインの通りは観光客でいっぱいで風情に浸るどころではなかったが、観光客のいない敷地内は凄然とし、昔懐かしい湯治場の雰囲気に浸る事ができた。

本陣 1泊9000円+暖房費1000円(2名一室) 7,5畳+洗面所+トイレ

こちらが本陣の部屋
部屋の中には囲炉裏があり、火が焼べられ、灯油ランプがぶら下がっている。
本陣の建物は江戸時代に湯治場として使用していたものをそのまま残して現在は旅館部として使用している。
古い歴史ある建物ではあるが、古いままではない。人気の秘密は新しいものを取り入れている事も大きいだろう。
「綺麗な洗面所、ウォシュレット付のトイレ、暖房」
こういった新しいものを取り入れつつ、風情を味わえるという旅館だ。
訪れる人は大昔そのままの生活を体験する修行僧ではない。
昔懐かしい鄙びた雰囲気を感じつつ、快適に過ごせる空間を求めてきている、という事を理解している方が経営されているからこその人気なんだな、と感じた部屋だった。

  • 宿泊した本陣の外観
  • 敷地内で寛ぐ

部屋の中には電気はきているものの、テレビや音のでるものは一切ない。
私たちは囲炉裏の周りで寝転んだり、ブラブラと散歩に出たりと自然と共存している空間を思いっきり楽しんだ。
木造の為、隣の声は筒抜け。隣の人の咳払いが聞こえるほとだ。運悪く隣にうるさい団体などが入ったらそれこそ丸つぶれだと思うが私たちは運良くそういった事はなかった。

ここは鶴の湯で一番人気の高い本陣。
平屋のように連なった部屋の中で2つは食堂となっており、宿泊できるのはわずか4部屋。
ただでさえ予約の取りにくい鶴の湯だが本陣はさらに取りにくい。

  • 浴衣・大小タオル
  • 茶菓子と鶴の折り紙
  • お茶セット
  • ポット
  • 洗面所
  • トイレ(ウォシュレット付)
  • 暖房
  • 服掛け

囲炉裏を囲んで山の幸を味わう

食事は全て山の幸。
お膳に載せられて部屋へ運ばれてくる。
メインは田沢湖名物の山の芋鍋。
粘り気の強いやまと芋を使用し、鶴の湯で作っている特性味噌で味付けされた鍋は素材のうまみが引き立ち絶品。
今回乳頭温泉へ来る際楽しみにしていた一つだ。

岩魚は囲炉裏の火で自分で焼くという心憎いおもてなし。焼かれたものを持ってきてもらうより自分でというのは楽しいものだ。しかも焼きたては皮がパリッとし身がやわらかく本当においしい。

囲炉裏を囲んで食事

素朴な山の幸と聞いていたので、鶴の湯の別館、山の宿で以前食べた山の芋鍋定食(山の芋鍋と少々のおかず)を想像していたが品数の多さに驚いた。肉は小さい豚肉一切れのみ、むしろなくていいほどに思う。他は山菜やキノコが並び大満足すぎるおかずの数々。宿泊料9000円にしてこのボリュームはお得感が高い。
  • 事務所
  • 冷えたジュースにビール♪

夜ももちろん入浴したが朝一、朝露にぬれた草々の中浸かるのは格別。それを味わう為にか前の日早くに寝付いたせいか、朝早くに目が覚め、誰も歩いていない鶴の湯の敷地内を散歩しつつ露天風呂へと向かった。

ポコポコポコ・・・足元湧出 ススキに囲まれた白い美湯

混浴露天風呂 源泉掛け流し PH7.1(中性)

日帰り入浴時間はこの湯船は満杯。マナーの悪い入浴客も後を絶たず、入浴中に観光客がカメラをバチバチ撮る。
とても落ち着かない印象だったが、今回はほぼ貸切。これが宿泊者の特権だろう。
足元からぷくぷくと上がる足元湧出の極上湯。
今回初めてすばらしさがわかった気がする。

青みがかった湯と木々のコントラストに感動を覚える

女性用露天風呂 源泉掛け流し PH6.49(中性)

女性用露天風呂は日帰り入浴時間内でも観光客が写真を撮りに来ない分まだマシだろう。鶴の湯は全体的に女性にやさしい作りとなっており、女性用の湯船の方が多い。こちらの露天風呂も足元湧出で湯の質は入る人が少ない分新鮮ではないだろうか。木々に囲まれた女性用露天風呂も混浴露天風呂に負けず劣らずの作りだ。

  • 湯小屋
  • 白湯 脱衣所

湯の沢にかけられた橋を渡ると湯小屋がある。
まるで誰かが住んでいて今にもガラガラとあけたら囲炉裏を囲んだ家族でも見えそうな感じだ。
湯小屋内には「白湯」と「黒湯」の男女別内湯がある。

  • 白湯 源泉掛け流し PH6.49(中性)
  • 黒湯 源泉掛け流し PH6.86(中性)

白湯と黒湯のいずれも全て木造の風情満点な作り。露天風呂へ行く人が多いのか来る人は少なく穴場的な浴場だ。鶴の湯の温泉へはアメニティは一切置いていない。シャンプーやリンス、石鹸もない。そんなものを求めるところではないという事だろう。

  • 中ノ湯 源泉掛け流し PH6.6(中性)
  • 中ノ湯露天風呂(女性用) 源泉掛け流し PH6.6(中性)

メインの露天風呂を挟んで反対側には中ノ湯という浴室もある。
全て源泉が違うという事だったが違いを感じるのは難しい。あえて言えばこの中ノ湯 内湯の湯が一番濃いように感じ、気に入った。

中ノ湯の内湯は男女ほぼ同じだが、女性用には足元湧出の露天風呂がついている。

  • 朝食
  • 食堂

朝ごはんは本陣の端にある食堂で食事をとる。
とろろや豆乳豆腐など、身体にやさしそうな素朴な朝ごはん。
味噌汁も特性味噌を使ったものだと思うが寒い朝、身体に染み渡り温まった。

朝9時、敷地の入り口には「宿泊者以外は立ち入り禁止」という札があるにもかかわらず観光客がズケズケと敷地内を闊歩する。
露天風呂まで来て写真を撮る人や部屋のドアの隙間から覗き込む人までいて相当に腹立たしい。ここらへんのセキュリティーにもう少し力を入れてほしいと思う。

そういったマイナス点もあるが、それでも鶴の湯は大のお気に入り。
毎年一度でいいから泊まりに来れたらどんなに幸せだろうと思う。

乳頭温泉郷 鶴の湯温泉の評価はこちら!

  • 温泉

    5
    5

    極上湯

  • 温泉の雰囲気

    4
    5
  • また行きたい

    4
    5
  • 部屋

    4
    5
  • 食事

    4
    4
管理人総合評価
4.8
4.8
とさせていただきました。

クチコミ(26件)26件中 1~10件 1ページ目

逆インバウンド効果・・・!全国一番の人気は分かりますが。

1.0
1.0
温泉
1
温泉の雰囲気
1
また行きたい
1
部屋
0
食事
0
2016/04頃に訪問

この温泉は、3回お世話になりましたが行くたびに静けさや、素朴さが無くなっていくのが残念です。
宿の対応も悪いです。インバウンド効果を期待するのは分かりますが、平気で受付だけで30分以上待たせたり、来日している日本人以外の国の皆様も苦労していました。幸い、英語であれな日常会話は可能ですので様々説明してあげました。

16/05/24
15:22
に投稿

泉質、湯量とも最高!

4.0
4.0
温泉
5
温泉の雰囲気
5
また行きたい
3
部屋
3
食事
4
2015/06頃に訪問

乳頭温泉郷の名の通り、乳白色のお湯です。足元からポコポコと涌き出ており、所謂貴重な足元湧出です。打たせ湯や流れ出て浴槽に注がれているお湯もあり、それは無色透明。酸化されて白濁すると、白濁のお陰で胸まで浸かればリポートも出来そうですが(笑)そうなんです。東北だから?混浴があります。ここは夫と入りました!やっぱり家族で入る露天は楽しいです。
湯量が多いせいか、お風呂が沢山ありました。混浴と男湯数個、女湯数個!私は女湯を堪能した訳ですが、露天風呂は圧巻でした!乳白色のちょっとしたプールです(笑)
夜は無駄な電気がないため夜空が楽しめます。24時間入浴出来るので、夜中や早朝に一人占めできるし、一人でゆっくり物思いに耽ったりひたすらボンヤリも出来ます。自然に囲まれた広い露天風呂、解放感で心が空っぽになれます。
料理は名物『いもの鍋』を中心とした山菜料理です。物足りないって言えば…そうかも?ても、そこでしか食べられない素朴かつ旅行者には特別な料理なのです。ありがたく頂きました。
ただ残念だったのは、大型観光バスがどんどん来て、あれよあれよと言う間に鄙びた感が消えていく~(涙)彼らは宴会場に押し込められ……気の毒な感じがしました。彼らは団体行動なので、その時間を避ければ風呂も食事もブッキングすることなく、山奥の鄙びた感は取り戻せました。
温泉だけで語れば、最高と言えるでしょう!

15/12/18
00:33
に投稿

噂通り

5.0
5.0
温泉
5
温泉の雰囲気
5
また行きたい
5
部屋
0
食事
0
2013/10頃に訪問

お約束通り予約が取れず、別館山の宿を利用しての入浴となる。
一度の入浴で人気の理由が実感できます。
日帰り入浴がなければ言うことなし。

15/10/27
06:16
に投稿

桃源郷のような混浴露天風呂

5.0
5.0
温泉
5
温泉の雰囲気
5
また行きたい
5
部屋
5
食事
5
2016/03頃に訪問

憧れの鶴の湯に通いだし14年。何といっても私は雪の鶴の湯が一番好きで、冬を迎えると恋しくなります。
混浴露天風呂の、自然に溶け込んだあの風情。真っ白な硫黄泉に湯けむりが立ちのぼり、所々からポコポコと湧き出ている湧出泉。その湯舟が周囲の湯小屋やススキや岩に積もる雪に包まれ、まるで絵のようになっています。作られた感が全くなく、昔より自然にそのままここに湧き出ていたかのような自然感、独特な雰囲気があります。
白く薄青くまったりとした温湯から湯けむりが立ち上がり、霞となり揺れ動く様は、まるで桃源郷とでも例えようかと思う程の神秘的な光景です。本当にいつまででも入っていたい、離れられない温泉です。

鶴の湯に1歩足を踏み入れると、敷地内にある建物全体が一つの風景となっていて、その世界に散りばめられている温泉はどれも素晴らしいものです。
女性用露天風呂は大変広く7×9m程の木枠の浴槽で、湯底には丸石が敷き詰められていて歩くのが痛いですが、開放的で目の前の雪山を眺めながら、薄青白い硫黄泉にゆったり・ゆっくり浸かると心も開放されて行くような気がします。

内湯は本館のシャワー付きの浴室を含め4つ。いずれもヒバの香りと硫黄の香りがミックスされた湯舟に、白濁した源泉がかけ流されています。どれもが小じんまりとした浴槽ですが、唯一大きめなのが白湯です。入り口には黒湯(アルカリ泉)白湯(酸性泉)と書かれていますが、どの内湯も成分表示は中性であり、ちょっと謎の看板です。何か言われがあるのでしょうね・・
黒湯が一番真っ白で、木枠まで白くなっていました。それぞれの内湯が微妙に違っています。

去年までと変わっていたのが中の湯で、床に重なった析出物が一部緑色になってきていました。源泉を口に含むと玉子味に酸味が混じっており、酸性・硫黄成分共に強くなっているようでした。その事を女将さんに尋ねてみると、湯量が増えてきたとの事でした。
それででしょうか?露天風呂の湯温も高くなっており、今年はぬるさを感じませんでした。

冬は本陣の前に小さなかまくらが並べられており、夜になるとその中のろうそくに灯が燈されとても素敵な雰囲気になります。本陣に泊まることができれば、夕に運ばれて来るランプや囲炉裏での食事・・などなどいずれも1度は体験したい憧れの部屋ですね(6ヶ月前の1日朝から予約受付開始)2、3号館でも全然OKなのですが、食事処は本陣の2室を開放しており、向かい合い食べなければなりません・・でも名物の山芋鍋美味しいです。
また、連泊しても料理のメニューはあんまり変わりませんが、それでも連泊してゆっくり温泉へ入りたいですよね。せめて外来入浴客だけでもいない時間帯に。
貸し切りで入れる1番の狙い目は、チェックアウト前の9時過ぎ頃からでしょうか。もしくは深夜1時を過ぎてからでしかないと思われます。

真っ白い雪でずっぽり覆われる秋田の乳頭温泉郷は何度行っても飽きない大好きな温泉郷です。雪道でも車でのアクセスは良いので冬でも行きやすいと思います(ただ鶴の湯口から鶴の湯までは山道を下りますが)車ではなく、秋田空港からなら秋田エアポートライナーが一番早く便利で片道4000円(要予約)所要時間は雪道で2時間半位、雪がないと1時間半位です。

15/10/20
17:07
に投稿

良い湯でした

4.7
4.7
温泉
4
温泉の雰囲気
5
また行きたい
5
部屋
0
食事
0
2015/10頃に訪問

生憎の雨模様でしたが、露天に滴る雨水も星のようでした、(大袈裟かもw)
露天はもう少し暖かい湯でも良いかなとも思いましたが満足。
個人的には内湯が気に入りました。
日帰り温泉は10-15時なので、計画的にいく必要がありそうです。
(私自身前日行くのを断念した為)
また道中では車が何かのアトラクションのように揺れるのでお気を付けください。
(道中の紅葉がめちゃめちゃ綺麗でした)

15/10/12
16:31
に投稿

日帰りより宿泊がよい

4.0
4.0
温泉
4
温泉の雰囲気
4
また行きたい
4
部屋
0
食事
0
2015/09頃に訪問

日帰りで訪問しましたが、案の定 露天風呂・内湯共にスーパー銭湯状態です。
老若男女・温泉好きっぽい方々から普通の観光客まで溢れかえっております。
ツアコン付きのツアー客集団と当たってしまったためでしょうか。

内湯もとても風情があってよいのですが、人が多すぎて足を突っ込むだけな状態。若い男の子とかおっさん達もかけ湯なんてしませんしね。

混浴露天風呂も多くの男性客であふれかえっております。

泉質は優しい濁り湯で、味も香ばしくて美味しかったです(もちろん湯舟じゃなくて湧き出た湯を飲みましたよ)。

それでも宿の風情は間違い無いですし、宿泊すれば日帰り客のいない温泉を、少人数で楽しめる最高の宿だと思います。
次回は早めに予約に電話を入れたいです。

15/10/04
12:23
に投稿

人で溢れてたけどすっごくいい雰囲気でした。

4.7
4.7
温泉
5
温泉の雰囲気
5
また行きたい
4
部屋
0
食事
0
2015/09頃に訪問

入り口から左手に本陣。右手に二号館三号館ととてもいい雰囲気。その通りを歩いていくと右手に日帰り入浴の受付があります。入浴料500円を払い、橋を渡ってお風呂へ。
はじめてなので戸惑いましたが、女湯、と書いてあるところから順次。
最初にはいったのは女性露天風呂。人気温泉らしくたくさんの人がいらしてました。綺麗な白い湯色でときめく。湯船にはいる際は、深さがまったくわからないので手すりにつかまり恐る恐る。最初の一段は結構長めでした。底には石が敷き詰めてあって足裏がゴロゴロと刺激される。露天風呂と内湯の黒湯は服着なおさなくても行けるのでよかったです。
次いで白湯。最後に中の湯をいただきました。中の湯女性専用風呂に行く途中、混浴の湯船横を通るのですが、仕切りがざっっっくりで隙間から入浴してる方が見える。ほぼほぼ男性で、見たいわけではないが目に入って少々気まずい。が、そこを通り抜けて女湯中の湯へ。
内湯と専用の露天が付いてるので混浴まで行けなかったけど、あんまり残念感はなかったです。滝の湯に打たれることもできました。
見た感じ同じお湯に見えたけど、浸かってみると確かに違う……気がした。

15/09/22
10:08
に投稿

どの季節に行っても良い

4.6
4.6
温泉
5
温泉の雰囲気
5
また行きたい
4
部屋
4
食事
5
2015/07頃に訪問

春夏秋冬と行きましたがどの季節もそれぞれに良さがあり何回行っても飽きない。
有名になり訪れる人も多くなり秘湯感はあまり感じないかも。しかし、宿泊して夜中は混浴露天風呂に入ってくる人がいないので静かに湯に入れ星が見えれば満点の星空を楽しめる。
宿泊者しか利用できない渓流沿いの露天風呂もおススメ。
食事も美味しく郷土料理や地物をふんだんに使い品数も多くて充分満足できる。
次回はなかなか予約の取れない本陣棟に泊まってみたい。

15/09/01
17:59
に投稿

温泉、雰囲気最高!!

4.0
4.0
温泉
4
温泉の雰囲気
4
また行きたい
4
部屋
0
食事
0
2015/08頃に訪問

遠い・・・
地元から3時間かけて行きました。
着いた時には日帰り入浴終了30分前。
急いで入りました。

事務で500円払って、橋を渡ると、内湯と奥に混浴の露天風呂。
露天の女性の入り口は一番奥なので、入浴中の人達がみえる通路を通ってで脱衣所までいかなければなりません。
混浴の中は女性の裸を目当てにしてそうな目がぎらぎらしたおっさんばっかりでした苦笑
わざわざ女性の出入り口付近に座っている人も・・・

浴槽は結構広いです。お湯は、青?白くにごったお湯からほのかに香る硫黄の香り、近くから小川の音
ギラギラおっさん達さえいなければ、お風呂は最高です。
内湯も二つ浴槽があり、湯の花がきれいに浮いている硫黄泉です。
石鹸が必ず浴槽に備えてあります。洗い場は冷たい水のみ

今回はたったの30分しか入れませんでしたが、ゆっくりつかっていたいですね。
それにしても遠かった・・・

15/08/28
19:44
に投稿

クネクネした山道を進んで

4.0
4.0
温泉
5
温泉の雰囲気
3
また行きたい
4
部屋
0
食事
0
2015/07頃に訪問

路肩に気をつけ,車のサスペンションをいたわりやっと鶴の湯につく。
秘湯ブームの火付け役になっただけに,有名な露天も内湯の白湯も黒湯もお湯はよし。しかし,予約が取れないので乳頭温泉郷に行ったときはいつも日帰りです。敷地内にコーヒーショップがあってそこで昼ご飯にヤマノイモ定食が食べられます。それでいいかな。
何せ人が多い,落ち行かないこと。そんな目で見たら,ここは商売上手だなと感じてしまう。

15/07/09
13:40
に投稿

クチコミの平均評価

4.4
5
17
4
8
3
0
2
0
1
1

マイリスト

※クチコミは、実際に利用した会員の方の投稿ですが、投稿内容には、個人的趣味や主観的な表現を含むことがあります。また、クチコミ投稿ルールに反するものは掲載いたしません。

この記事を見た人は以下の記事も見ています

このエリアで評価が高い宿・温泉

エリアから探す

   
スマートフォン版に戻る