秘境温泉 神秘の湯

トップ 東北 福島県 福島・二本松 微温湯温泉(ぬるゆおんせん) 微温湯温泉 旅館ニ階堂

微温湯温泉 旅館ニ階堂

福島県福島市桜本字温湯11 マップ

分類
  • 掛流
  • 加温
利用
  • 日帰り可
  • 宿泊可
宿情報を編集する
微温湯温泉 旅館ニ階堂

ちょっと冷たい源泉槽をゆっくり長湯で楽しむのがココ流

訪問日
2005/02/02
最終更新日
2014/04/22
投稿者
しおり
  • 管理人総合評価

    4.0

    4.0

  • ユーザーの評価

    (5件)
    4.0

    4.0



茅葺屋根である微温湯の写真を以前から眺め、ずっと行ってみたいと思っていたがやっと私のおばぁちゃんの家へ泊まりに行った帰りに寄る事ができた。

山へ入る事約30分、雄大な山々、ススキ畑などが広がり車の運転も楽しい。

山奥へ・・山奥へと入っていく秘湯ではあるが案外道は悪くなく、途中舗装されているところもあり、秘湯にしては運転がしやすい。ただ、対向車が来るタイミングによってはよけるのが大変かもしれない。

旅館はとても歴史ある情緒あるれるもので、奥にあるのは茅葺屋根とすばらしい。旅館からはふとんが干してあったり、廊下にテルテルぼうずが下がっているのを見るとここは時間の流れが違うのか?と思うほどホノボノゆったりしてしまう。

ゆっくりじっくり湯を味わう 眼病に効く酸性の湯

豪快な掛け流しの源泉そのままの湯船と奥には沸かしたポリバスの湯船がある。
この日は寒く、とりあえずポリバスの加熱した湯へ浸かる。
ある程度あたたまった後、源泉そのままの浴槽へ。冷たい!ひぇ~と心の中で叫びながら浸かってしばらくするとジワジワとあたたまってきれホッとする。
源泉は少し鉄の香りがし、キシキシ感のあるお湯。
冷たい湯と加熱した湯交互に入り、浴後は身体の芯があたたまっていながらの爽快感。

湯上りは旅館内を少し探索した。
歴史を感じる木造の廊下にはスリッパがずらっと並び、おじいちゃんやおばぁちゃんが楽しそうに話をしている。

  • 自炊場
  • 外から見た部屋

外から見た部屋には窓辺に椅子と机が見える。
ここで湯上りにビールを飲んだらどんなに気持ちいいだろう。夏、ぬるいお湯に浸かり、のんべんだらりと過すことを想像し、再訪を誓った。

旅館の廊下

廊下には白いタオルが風に吹かれユラリユラリと揺れている。
こんな何気ない事なのに何故か心が和む。
昔ながらの建物をそのまま残し、自然と共存している微温湯は理想の湯治宿だ。

昔の人が懐かしく思い出す田舎のイメージそのままではないだろうか。

旅館には小さな女の子がいた。ほっぺは真っ赤でくりくりした目、オカッパ頭で本当にかわいい。私も子供が出来たらこういった田舎で育てたいなと思った。

微温湯温泉 旅館ニ階堂の評価はこちら!

  • 温泉

    4
    4

    上質湯

  • 温泉の雰囲気

    0
    3
  • また行きたい

    0
    5
  • 部屋

    評価せず
  • 食事

    評価せず
    0
管理人総合評価
4.0
4.0
とさせていただきました。

クチコミ(5件)5件中 1~5件 1ページ目

いぶりがっこの匂いと効能豊かな微温湯で何もしないという贅沢

4.8
4.8
温泉
5
温泉の雰囲気
5
また行きたい
5
部屋
5
食事
4
2017/08頃に訪問

いぶりがっこの匂いがするその部屋は、明治初期に建てられたという茅葺屋根の建物で、低い天井、色褪せ染み付いた鏡台カバー、縁側には香取線香が置かれ、細かいマス目の障子窓は、幾分の歪みと、貼り重ねられ黄ばんだ障子紙に、剥げた木枠の濃い茶色が落ち着く。
畳の床はへこみがあり歩くとドスドスとした音が響いてしまう。窓からは茅葺のひさしと、緑と古い湯治宿の姿が静かに佇む。廊下の窓の手延べ板ガラスには気泡が入り、僅かに波打つ姿が温かみがあり、見惚れてしまう。まるで時が止まっているかのような異空間?というか非日常の世界がそこにはあった。
敷かれた2重の敷布団にはタオルケットの敷布、綿の布団カバー、枕カバーも掛けられ、毛布も用意されていた。田舎のお客さんに用意された寝具の様で、気取らず優しくもてなされている様で嬉しかった。
いぶりがっことは秋田名物の漬物の事で、木でいぶされてから漬けてあるため独特の香りがある。ちなみに私は鶴の湯の人参のいぶりがっこが甘くて好きというのは余計な話だが、建物に焼き板を使っているのだろうか?問うてみたら、昔は薪で火を焚いていたから、その匂いが染み付いているのだろうと教えてくれた。古い宿は時にかび臭さがあったりするが、この宿の香りはとても良いものだった。何だか究極の癒し宿に来たような気がする。

バス停まで迎えに来てくれた運転手さんから始まり、玄関口でにこやかに迎えてくれた女将さん、80歳になる大女将さん。皆さんの穏やかさにホッとし嬉しくなってしまう。
宿といってもよくまあこんな山奥に一軒宿を・・というくらい細い山道を40分も登る登る。
迎えに来て貰ったのが申し訳ない位だった。しかも帰りは福島駅まで送迎してくれるとは何とも親切な有り難さ。温泉は300年、宿は9代目になるとの事。

女将さんから「目を洗って下さい」と言われ入った温泉は、31,8℃のぬる湯。
無造作なパイプからはジャバジャバと多量の源泉が出続け、木造の湯舟からの溢れだし量が半端でないのが、非常に気持ちが良い。壁は温泉成分で茶色く錆、朽ちていた。
投入口に近づくと微かな硫黄と金気臭。浴室全体は硫酸塩らしき香りがしていた。泉質は酸性、含鉄・アルミニウム、硫酸塩泉となっており、ph2,9で194ℓ/分。湯底には鉄の粒子が溜まってざらついていた。口に含むと酸っぱさと鉄味の様な飲みにくい湯だった。
透明の湯だが柔らかく濃厚、溶存物質は1300mg以上あり、メタケイ酸やメタホウ酸の含有量も多く、浴後は長く肌がとてもスベスベになっている。その効能は目だけではなく、傷や痛みや骨折の治癒にも効果がある、喘息にも良いようである。不思議なくらい効能豊かな秘湯が山奥にあった。
32℃であっても内湯であり、尚且つ投入量が多いためか、浸かる際の冷たさは差ほど感じず、浴感的にはもう少し温かく感じた。何時間でも入っていられるし、入っていたい。湯疲れしない湯であり、湯上りはポカポカを実感できる冷泉だった。
上り湯は真水を循環させたものだが、熱めの適温で気持ち良く、交互浴も楽しんだ。
浴室は隅々まで清掃され、天井にはクモの巣ひとつないのが気持ち良い。夜は10時までだが、朝は未明からでも入浴できる。

この日はこの温泉によく来られている方と、ずっと話ながら湯に浸かっていた。
湯に目を浸けて痛かったら効果があるそうで、充血して翌日目ヤニが出るのは効いている証拠で、数日したら治まり視力が回復しているという事だった。言われるようにして、湯で目を洗うが「痛いーっ」物凄く沁みる。繰り返すうちに段々沁み痛みがひどくなってくる・・そりゃそうだ蔵王並みの酸性泉だよ。こんなに痛いのに目を浸けても大丈夫なのかと疑いたくなるくらい痛い。その方の目も充血して真っ赤だった。
その方は遮光瓶を持って来られていて、温泉を持ち帰り、目薬として使っているそうで、冷蔵庫で長期保管ができると言われていた。ここの湯は全国的にも知る人ぞ知る効果ある目の湯だそうで、名の知れた○○温泉何て話にもならないとフッと軽くあしらわれていた。
私的には目の効能はイマイチ解らないが、肩の腱板炎の痛みが2晩無かったのには驚いた。

庭には石楠花の木が沢山自生しており、5~6月が見頃になるそうだ。5月の連休明けには桜が美しいらしい。新緑は6月頃。夏は涼しく、緑が暑苦しくないのがいい。紅葉は10月25日くらいだそう。今年は蒸し暑く、コタツを下げたようだが、いつもは年中部屋に置かれているそうだ。廊下では白・黒・赤トラの3匹の猫が気ままに寛いでいた。温泉宿に猫は良く似あう。
いいなあ~ただ温泉に入るだけというゆったりとした時間。タイムスリップしたようなこの宿ではテレビも付けようとは思わない。是非連泊で来たい。何もしないという贅沢な時間、究極の癒しの時間が、この吾妻山麓の宿にあった。オープンは4月末GW~11月3日まで。

アクセス例:福島駅西口から路線バス土船行き乗り水俣下車。1日1便のみ送迎あり要連絡(朝の送迎は9時半出発、福島駅西口10時20分頃着)

17/08/11
00:22
に投稿

効能を体感できる奇跡の湯

4.4
4.4
温泉
5
温泉の雰囲気
5
また行きたい
5
部屋
3
食事
4
2016/11頃に訪問

微温湯 二階堂

福島県内の温泉で、いや、あらゆる温浴施設の中で
一番多く訪問しているのがここである。
年に5回は必ず日帰りで行っている。
5月の連休明けには2泊3日の泊まりに行っている。
ちょうど山奥の桜の花が見ごろなのだ。
ぬるいお湯好きの体質になる前から、ここには通っている。
初回訪問が昭和60年だったから、今年で33年目か。

ここで、温泉の効能を初めて具体的に経験することができた。
いつのころからか、強度の乱視が原因で、
朝起きた時に目が開かないほどの目ヤニが出るようになった。
そのうちに、日中も視界がふさがるほど出るようになった。
首都高の運転中に、いきなり前が見えなくなるのだから
相当に危険な話だ。
眼科で貰った薬で洗眼しても、効果が3日と続かない。
ちょうどそのころ、地元の大学病院の眼科に、高校の同級生がいた。
行って相談したところ、二階堂旅館を教えられた。
理屈はわからないが、効果が出るようだ と、彼氏は言っていた。
それが、昭和60年の4月の終わりだった。
さっそく宿の予約を取り、5月の連休明けに3泊4日で出かけた。

結論を急ごう。

ここでの1日12時間入浴、5分おきの洗眼を4日間続けたところ、
あれほどひどかった目ヤニが全く出なくなったのだ。
その効果は、2か月ほど続いた。
また出始めると、2泊3日で週末に目を洗いに行った。
平成になってからは、
泊まりは年に1回、日帰りで4~6回という頻度になった。

今では、アイボンも、ホウ酸も、サンコバ点眼液も使っていない。

もっとも、最近は夏場の暑い盛りに、
体内に蓄積した粗熱を落としに通っている感が強い。
4時間かけて微温湯入浴すると、
何とも言えないサッパリ感が一週間は持続するような気がする。

平成28年からは、浴槽の給湯口がL字になり、
湯船の表面と垂直にお湯が落ちるようになった。
お湯が勢いよく上に噴き出す格好が見たくて、
L字管を180度回したい誘惑にかられたが、
これはこらえた。

今年も冬季休業明けの、5月の連休明けが待ち遠しい。







17/02/23
15:49
に投稿

微温湯温泉という名前に魅せられて宿泊。ぬる湯が好きな私には最高

3.4
3.4
温泉
5
温泉の雰囲気
4
また行きたい
4
部屋
2
食事
2
2015/08頃に訪問

2015年8月に友人と5人で微温湯温泉に宿泊しました。
東京は猛暑にもかかわらず、微温湯近辺は標高も高く避暑にはぴったり!
真夏には最高の場所です。

部屋はエアコンがついていないので、真夏の暑い夜には少し不便です。
さらに窓を開けると蛾や虫が大量に入ってきますのでどうしたもんやら。

肝心の温泉はとても良い泉質で、友人と共に1時間以上入っていました。
浴後はキシキシ感がありさっぱりしています。鮮度も良く、相当な湧出量なのでしょう。
こんな貴重な温泉はいつまでも大切にしてほしいと思いました。

エアコンがあれば真夏でも完璧!でもエアコンが無いのがいい。そういう人には本当にお勧めです。日帰り入浴するにはかなり遠い場所ですからね!

15/09/06
23:47
に投稿

眼病に効く名湯

4.0
4.0
温泉
4
温泉の雰囲気
4
また行きたい
4
部屋
0
食事
0
2015/05頃に訪問

眼病に効く名湯は日本に3つあり、貝掛温泉と姥子温泉「秀明館」と、ここ『微温湯温泉』であると聞き、日帰りで訪れた。名前通り、かなりぬるいというか、最初は寒く感じる程。
何時間でも入っていられそう・・・湯治で宿泊している女性は、文庫本を読みながら入っていた。夏に訪れ、ゆっくり湯治もいいなぁと思った。
湯あがり後、体が芯から温まっている事を実感するから不思議な温泉だった。

この温泉で面白いなあと思ったのは、俗伝効能という表が浴室に貼ってあり、古来体験により伝わる効能というのがある。それによると、眼病・脳症・創傷・火傷・虚病・梅毒・淋病・蓄膿症・化膿症 と書いてあった。現代では何の病気?と思うようなものもあるが、昔の人は今と違い身体で体験し、口伝に名湯情報を交換し合ったのだろう・・・と思いをはせた。

15/06/05
16:34
に投稿

スーパー鄙び系

4.2
4.2
温泉
5
温泉の雰囲気
5
また行きたい
4
部屋
4
食事
3
2014/06頃に訪問

一度、日帰りで利用して感動したので、宿泊してみた。建物は100年以上経っているからぼろい。しかもネコがすんでるから、ところどころ爪とぎ跡(笑) そういうのダメな人は宿泊おすすめ出来ない。でも、お部屋にはとても趣がある。お湯(といっても31℃位)はドバドバでてるので気持ち良い。ぼーっと90分入浴。沸かし湯にはあえて入らないと、えらい寒い。でも、それが気持ち良い(夏季限定)。宿の人たちはどこか力が抜けていて、素敵です。鄙び系の極みな宿だと思う。

14/07/17
03:36
に投稿

クチコミの平均評価

4.0
5
1
4
3
3
1
2
0
1
0

マイリスト

※クチコミは、実際に利用した会員の方の投稿ですが、投稿内容には、個人的趣味や主観的な表現を含むことがあります。また、クチコミ投稿ルールに反するものは掲載いたしません。

この記事を見た人は以下の記事も見ています

このエリアで評価が高い宿・温泉

エリアから探す

  
スマートフォン版に戻る