秘境温泉 神秘の湯

トップ 北関東 栃木県 那須・板室 那須温泉郷 那須湯本温泉 那須湯本温泉 喜久屋旅館

那須湯本温泉 喜久屋旅館

栃木県那須郡那須町湯本30 マップ

分類
  • 掛流
利用
  • 日帰り可
  • 宿泊可
宿情報を編集する
那須湯本温泉 喜久屋旅館

九官鳥がお出迎え、素朴なお宿の濃厚まろやか硫黄泉

訪問日
2013/10/07
最終更新日
2014/04/24
投稿者
しおり
  • 管理人総合評価

    4.0

    3.3

  • ユーザーの評価

    (1件)
    3.2

    3.2



茶臼岳の麓に点在する那須温泉郷は1370年前に発見され鹿が温泉で傷を癒しているので発見されたと言われている。
明治初期には元湯、鹿の湯、大丸、北、弁天、高雄、三斗小屋の各温泉が開かれ那須七湯と称されていたが今では八幡温泉、新那須温泉、高原地区にも温泉が開かている。

那須湯本温泉は私好みの温泉で、もう数えられないほど来ている。
こってりした温泉に入りたいと思った時は真っ先に思い出す那須湯本温泉。
にもかかわらず、同じところばかり入りに行他をほぼ知らないので今回は入ったことのない喜久屋旅館へ訪れてみた

宿はとても素朴。那須湯本温泉によくあるような外観で、いかにも湯治宿といった感じだ。

館内は少し薄暗く入口から入り、大きな声で呼ばないと宿の人は出てこない。

  • しゃべる九官鳥
  • 浴室までの廊下

入ってすぐに九官鳥に目がとまる。
鳥らしく鳴いたと思うと何かしゃべっているような声を出す。
何かしゃべるらしいが気が向いた時しかしゃべってくれないらしい。

この日は微妙な声しかだしてくれなかった。

  • 宿泊できる部屋の前
  • 自炊ができる共有キッチン

廊下の途中には自炊ができるように共有のキッチンがある。

浴室の近くまで行くと、那須湯本温泉独特の甘く硫黄の香りがプーンとしてくる。

甘い硫黄の香りがプーン  黄色い析出物が付いた濃厚まろやかな温泉

浴槽は大きくて7~8人が入れるぐらい。湯気がモクモクで視界が悪かったので窓を全開にして入る。
すると外の風が浴室を通って本当に気持ちがいい。

浴槽の周りには黄色っぽい析出物がこびりつき、その上を湯が流れ落ちている。
鹿の湯と行人の湯の混合泉はフワッとしていてやわらかい浴感。 香りも硫黄臭が強すぎずまろやかだ。

お湯を飲んでみるとすっぱ苦い。ここのお湯はこのあたりでも苦みが強い感じだ。いかにも胃腸に効きそうな味がする。源泉は10L/分ぐらい注がれていて十分新鮮。(大勢入ったらわからないけど)

  • 湯口のまわりにはビッシリ黄色い湯ノ花が付いている
  • 床や浴槽も黄色に染まっている

洗い場は2つ。
シャンプーとボディーソープが置いてあり、シャワーもある。
小さくて素朴だけど
ここの温泉は気に入った。

那須湯本温泉 喜久屋旅館の評価はこちら!

  • 温泉

    4
    4

    上質湯

  • 温泉の雰囲気

    0
    3
  • また行きたい

    0
    3
  • 部屋

    評価せず
  • 食事

    評価せず
    0
管理人総合評価
3.3
3.3
とさせていただきました。

クチコミ(1件)1件中 1~1件 1ページ目

鹿の湯源泉かけ流し宿の1つ

3.3
3.3
温泉
4
温泉の雰囲気
3
また行きたい
3
部屋
0
食事
0
2017/09頃に訪問

鹿の湯源泉かけ流しと書いた大暖簾が目に着く喜久屋旅館は、湯本1丁目バス停の斜め前にあり、雲海閣からは坂を降りて来た所にありました。
日帰り入浴は500円で10時30分からとなっていましたが、行った時はお留守でしばらく待っていると、犬のお散歩から女将さんが帰って来られ入る事ができました。九官鳥はいませんでした。
浴室は一旦2階の客室棟へ上がってから階段を降りてといった所にあり、やや暗い内湯のみです。四角い浴槽が1つ白い硫黄泉で満たされ、溢れた湯の温泉成分が床をレモン色に埋め尽くしていました。成分濃そうです。さすが鹿の湯源泉。
そして湯が熱い!源泉57.2℃で水道ホースから加水し、かけ湯を繰り返し後は浸かる事ができるのが温泉で気持ちいい~。
PH2,6単純酸性硫黄泉の湯は少し顔がピリピリするような感じもあるようでしたが、メタケイ酸が225,5㎎も含まれており、お肌スベスベしっとりです。
お味は紛れもなく酸っぱかったです。
源泉投入口もこってりレモン色で、おそらく浴槽は石造りのようですが全体に温泉成分で白っぽくなっていました。竹の筒があり、寝湯もできるように造られていました。
窓が2方向にあり少し開けると涼しい風が入り心地良かったです。
湯上りは扇風機があるのが有り難く、ドライヤーもありました。
鹿の湯源泉を引く宿は11軒あり、同じ鹿の湯源泉でも雲海閣とはまた違った成分だったので、温泉成分も色々複雑なのだなあと思いました。

アクセス例:JR郡山駅~黒磯駅 路線バスで那須ロープウェイ行に乗り湯元1丁目下車、斜め前。

17/09/26
23:14
に投稿

クチコミの平均評価

3.2
5
0
4
0
3
1
2
0
1
0

マイリスト

※クチコミは、実際に利用した会員の方の投稿ですが、投稿内容には、個人的趣味や主観的な表現を含むことがあります。また、クチコミ投稿ルールに反するものは掲載いたしません。

この記事を見た人は以下の記事も見ています

このエリアで評価が高い宿・温泉

エリアから探す

  
スマートフォン版に戻る