秘境温泉 神秘の湯

トップ 甲信越 山梨県 南アルプス 奈良田温泉 奈良田温泉 白根館

奈良田温泉 白根館

山梨県南巨摩郡早川町奈良田344 マップ

分類
  • 掛流
  • 露天
利用
  • 日帰り可
  • 宿泊可
宿情報を編集する
奈良田温泉 白根館

露天風呂とトロミ極上湯が素晴らしい!南アルプスの秘湯

訪問日
2005/07/10
最終更新日
2014/06/06
投稿者
しおり
  • 管理人総合評価

    4.0

    4.0

  • ユーザーの評価

    (14件)
    3.9

    3.9




奈良田温泉 白根館の外観

昔、孝謙天皇がやって来て八幡社に願掛けしたら温泉が湧いたという奈良田温泉。

昔から気にはなっていたものの山梨という近い場所の為、宿泊せずに日帰りばかりで訪れていた事からなかなか行く事のできなかった場所。

しかし奈良田温泉は山梨といってもインターから約2時間ほどかかる南アルプスの秘湯。
だというのに平日でも満杯になるほどの人気な旅館だ。土曜日泊を希望したがとることができなかった為、日曜日泊でお邪魔する事となった。

  • 外観

宿は思っていたよりは近代的だったが周辺の秘湯ムードには驚いた。
山梨にこんな秘湯があるのか・・と感動。
目の前に川と山が広がる様は栃木の奥鬼怒温泉 八丁湯を思わせるような雰囲気だった。

1泊2食付12000円 6畳+1.5畳(日曜泊)

部屋は居心地の良い落ち着く雰囲気。
くつろぐスペースに置かれた椅子も座り心地が良く、ホッとする。窓からは屋根越しに川が見えなかなかの景色だ。

  • ポットとお茶セット
  • 浴衣 タオル 歯ブラシ
  • 羽織
  • テレビ 鏡
  • 扇風機

ただ、重要な点が一つ。  どうしてエアコンがないの~~?という事。
たしかに山奥で都会よりは涼しいとは思うがこの暑い時期エアコンなしの部屋は辛い。温泉で身体を温めて部屋では汗ダラダラ・・・。いつもよりビールが倍進んだのは言うまでもない。湯治宿という事でしかたないような気もするが宿泊料金は12000円と安くはない。気持ちよく過ごせない部屋はいくら造りが落ち着いても居心地は悪いものだ。
しかし夜11時頃を過ぎるとやっと涼しくなり、扇風機をかけつつなんとか寝る事はできた。宿泊するなら夏の暑い時期は避けた方がいいなと感じた地獄の1泊だった。

食事はご主人のこだわりを感じる地の物が多い。
山菜や川魚、全てあたたかいままに出していただけ、味付けも良い。

最初魚と天ぷらがまだ運ばれていなかった為、たりるかな・・・という心配をしたが運ばれてきて丁度良い量に満足した。

天ぷらは揚げたてが運ばれ、宿の方が一つ一つ説明をしてくれる。中には苦味の強い山菜もあり、自然そのものの味を堪能しているという気分になる。もちろん天ぷらはサクサクだ。

しかしやはり食事何処もエアコンがあるのにつけていなくて暑い・・・。暑い中暑いものを食べるのはおいしさ半減・・・。
食事全体は素朴ながらにおいしいのだがやはり環境は大きいと思った。
この日は日曜日に宿泊だというのに、食事何処は満杯。
白根館の人気が伺える。しかし皆暑そうだった・・・。

粘りつくようなトロミ 南アルプスの秘湯に湧く絶品湯

露天風呂 男女入替え(20時までは女性用 その後は男性用)

まず、露天風呂へと直行し、露天風呂を見て感動。絶景なわけでもなく開放感溢れるわけでもないのだが浴室の作りこみがすばらしく雰囲気が良い。
浴室の端には白い花も咲き、浴室周りは緑でいっぱい。そして遠くには緑の山が眺めれる。
まず、かけ湯をしてすぐにわかる只者ではない泉質。浸かってみるとトロトロの湯から硫黄臭がする。温度は適温というよりは少しぬるめ。この時期はありがたい温度だ。(私にはもっとぬるめでもいいぐらいだが・・)湯の味も卵味。ため息が出るほどの極上湯に感動した。

  • 源泉
  • 湯船を見守る観音様
  • 脱衣所も風情満点

露天風呂 男女入替え(20時までは男性用 その後は女性用)

こちらは岩組みの露天風呂
湯は同じくトロミのある極上湯ではあるが白根館を語るなら木枠で出来た露天呂がお勧め。
展望もほぼ同じ感じ。しかし気持ちのいい極上には変わりない。
  • 内湯 男女入替え 20時まで男性用 その後女性用
  • 内湯 男女入替え 20時まで女性用 その後男性用

内湯
岩組みの露天風呂の方は脱衣所から内湯へそのまま移動できる。その内湯の方が広さは有り、湯も湯船が大きい分ぬるめ。木枠の露天風呂の方は一旦服を着て通路を歩いて移動しなければならない。内湯の湯はというと、露天風呂とは別源泉。露天風呂の湯から比べるとちょっと薄く感じる。硫黄臭に卵味も薄い。しかしトロミもあるし露天風呂の湯からは劣るが内湯だけでもすばらしい湯だと思う。

  • ドバドバオーバーフローする湯
  • 源泉

源泉投入量はそんなにドバドバというわけではないかと思いきや、オーバーフローの具合をみると結構な量が溢れている。
露天風呂へと行く人が多く、内湯が空いていたためいついってもがら空き。湯も綺麗でとても気に入った。

休憩所

休憩所
温泉から出ると、休憩所が館内にある。
囲炉裏なのだがこんな暑い時期にまさかの火が・・・。
炭が燃え、見ているだけで汗が出てくる為、早々にその場を立ち去った。
置いてあるお茶のサービスも嬉しいのだが、その炭で沸騰した湯で入れるお茶。
さすがにそれもパスし、自動販売機でビールを買い部屋へ戻った。

朝ごはん

朝ごはんはお腹にやさしい温泉で炊いたオカユ。
しかしちょっと味が薄いかな・・。
思わず塩を頼んでしまった。
その他は家庭料理の延長といった素朴でおいしいものだった。
朝ごはんの後、ロビーにコーヒーの機会があるのに目がとまる。

  • ロビー
  • 宿の前

朝のコーヒーがないと1日が始まらない私にはとても嬉しいものだ。1杯100円で自分の好きなカップを選んで部屋へ持ち帰る。

宿の方は少々事務的な感じを受けたが好印象。宿の雰囲気もよくとても気に入った宿だった。


≪白根館の良いところ≫

なんといっても温泉でしょう!このトロミはなかなか味わえません。どうせ入るなら木枠の露天風呂がお勧めです。部屋の雰囲気も落ち着きます。食事の味付けもGOO!

≪白根館の良くなかったところ≫

冷房がないところ!秘湯なのでしかたがないのか・・・という気もしますが気持ちよく過ごせない空間は致命的。宿泊するなら時期を選んだ方がいいです。(別館にはあるのかもしれませんが・・)値段も部屋・食事などを考えるとちょっと高いかな。しかし全体的に気に入った宿です。

奈良田温泉 白根館の評価はこちら!

  • 温泉

    5
    5

    極上湯

  • 温泉の雰囲気

    4
    4
  • また行きたい

    4
    5
  • 部屋

    4
    2
  • 食事

    4
    4
管理人総合評価
4.0
4.0
とさせていただきました。

クチコミ(14件)14件中 1~10件 1ページ目

歴史のある七不思議の温泉

3.6
3.6
温泉
5
温泉の雰囲気
4
また行きたい
3
部屋
3
食事
3
2013/11頃に訪問

噂を聞きつけ、出かけたお宿です。
 まずは温泉ですが、何とも不思議なトロトロ温泉、硫黄臭は少しだけしますが、アルカリ性なの・・・という不思議な温泉は肌にもよさそうですが、飲用にも適とのこと。朝食には温泉がゆが提供されますが、やや癖が強い感じもしました。リピーターの人に勧められて、温泉をタンクで持ち帰り、飲用していましたが、効果はよくわかりませんでした。
 露天は日当たりがよく、日焼けしそうな感じでしたが・・・
 料理はジビエで、こちらのご主人が猟をやる由。北アルプスの登山の入口でありますが、逆に言うとこちらに行って帰ってくる道になってしまうため、観光拠点として使いやすくはありません。

16/08/18
15:02
に投稿

外国からのお客がアッ!と驚く!トロトロ湯。I Me Mine

3.4
3.4
温泉
4
温泉の雰囲気
4
また行きたい
3
部屋
3
食事
3
2016/07頃に訪問

「フォッサマグナの地層」を見たいという外国の方がいたので、宿泊しました。

秘湯というイメージがあったので、山道険しい事を考えていました。
しかしながら、スムーズに到着。

温泉に入ったのですが、同行した外国人が、
「信じられない、温泉だ。なんというトロトロ感だ」
「お湯に何か細工をしているのではないか?」
「どうすればこの湯を作れるの?」
「湯を持って帰る」
・・・質問の嵐。

アルカリ性硫黄泉なので、にごりのお湯の色も微妙に変化する。
こんな秘湯は、初めてだ。

日本の温泉は世界基準ですね。


16/07/13
22:28
に投稿

TVでも紹介された ヌルヌル・トロトロ温泉

3.7
3.7
温泉
4
温泉の雰囲気
4
また行きたい
3
部屋
0
食事
0
2016/02頃に訪問

「マツコの知らない世界」で白根館が紹介された影響もあってか、この日も日帰り客で混んでいた。
以前、奈良田温泉の日帰り温泉施設を訪れた時から「白根館」は気になっていた。

この日は、男性が木造りの露天、女性が岩の露天だった。少し残念(>_<)
女性用の露天は、景色はいいが、直射日光がガンガン当たる。トロトロの温泉は、つい長湯してしまいそうになる気持ちよさだが、このままでは露天で日焼けしてしまう~!!!と思い、内湯へ。女性用の露天か空いている理由ががわかった。
内湯の方が、トロトロ感と温泉の香りを強く感じることができた。

この日は2月なのに、湯上りは後もずっと体がポカポカだった。

ここは山梨といえど南アルプスの秘境。今度はいつ行けるだろう...

16/06/15
18:47
に投稿

ヌルヌル湯。

4.7
4.7
温泉
5
温泉の雰囲気
4
また行きたい
5
部屋
0
食事
0
2016/03頃に訪問

ずっと行ってみたかった奈良田温泉。
平日の昼過ぎに行きました。

南アルプス街道?みたいな名前の道をどんどん山の中に進んでいくとあります。

外も中も思ったよりきれい。

お風呂は時間で男女入れ替えらしく、この時間の女性は檜の内湯と岩の露天が着替えずに入れます。
まずは内湯。
檜で作られたお風呂の淵に脚を入れるとヌルヌルしてて滑りそう。期待大です。
熱くないお湯に浸かると一瞬のうちに体がヌルヌルに。。
全身ニベア塗ってお湯に入った感じ?笑
PH8.8の弱アルカリ性なのにこんなにヌルヌルするのは初めてです。
お湯の中には黒い湯の花が。
とろっとろでほんと気持ちいい。。

露天へ。
入りたかった檜の露天ではなく岩でした。
お湯に浸かると景色は見えませんが真っ青で綺麗な空と澄んだ風が素晴らしく。
内湯の窓が締め切ってあったので外の風が心地よかった。
お湯は内湯よりさっぱり薄い気がしました。
でもとろっとろヌルヌルで最高に気持ちいい。

山梨でこんなお湯に入れるなんて。。
山梨では韮崎旭温泉以来の感動。
期待以上の極上湯でした。

今度はお泊りで行きたいな。

16/03/07
08:10
に投稿

なにせフォッサマグナですから

4.2
4.2
温泉
5
温泉の雰囲気
4
また行きたい
5
部屋
3
食事
4
2013/10頃に訪問

 旅行は周遊としたいのだが、白根館はそれができない。国道52号線から県道37号線(南アルプス公園線)へ入り、早川沿いをひたすら走って、ようやく白根館に着く。一晩泊まって、またひたすら走って、帰る。旅の起点が関東でなければ、辛い。
 そんな思いをしてまではるばる来たのは、ひとえに噂の温泉に入りたいからである。泉質は、確かに他では経験したことのない、単にヌルヌルというのではなく、纏わりつくような感触がある。露天風呂が人気だが、内湯もそれに劣らずいい。ゆっくりしたい向きには、香りもいい内湯の方がいいかもしれない。
 ご主人が猟師なので、ジビエが出る。熊肉に抵抗のある人にはお口にあわないかもしれないが、野趣を味わうことができる。宿の対岸の山の斜面には、生々しい土砂崩れの跡が見えた。
 帰路、国の天然記念物である糸魚川-静岡構造線新倉(あらくら)露頭を見た。白根館が遠いのも、泉質が素晴らしいのも、ジビエが食べられるのも、土砂崩れが多いのも、すべてこの大断層の上にあるからだと、納得した。フォッサマグナ畏るべし。

15/12/21
09:00
に投稿

お値段以上

4.4
4.4
温泉
4
温泉の雰囲気
5
また行きたい
4
部屋
5
食事
4
2015/03頃に訪問

温泉も、お部屋も、お料理も、
お値段以上でした。

観光地の温泉しか行ったことのない職場の先輩を連れて行ったのですが、
先輩たちは、お料理、少し口に合わなかったみたいです、、
でも温泉粥も、川魚の燻製も、
すごくおいしかったです(>_<)

温泉は、ヌルヌル感があって、硫黄の香り。
飲泉では、
ほのかに塩っ気もあって飲みやすかったです。

ここの手前にある蓬莱館にも立ち寄りたかったのですが、
先輩方、外観見ただけでNG(-_-;)

15/11/30
03:26
に投稿

アクセスの良好の有名なトロトロ秘湯

3.8
3.8
温泉
4
温泉の雰囲気
4
また行きたい
4
部屋
3
食事
4
2014/07頃に訪問

この前マツコの部屋でも取り上げられてましたね、訪問客が増えてそうですね。
自分が行った時もライダーとか登山者的な日帰りのお客さんがたくさんいました。
ゆっくり味わいたいなら、やはり宿泊がおススメでしょうか。

東京から近いのに程よい秘湯感がありロケーションはgoodでした。

濃厚温泉バカの大雑把な自分には、いわゆる「トロトロ」感を感じる繊細さが皆無なのですが、それでも奈良田は流石にその良質さが伝わりました。肌がすべすべになる感じですかね。
味も卵っぽくて美味しい。

しおりさんも仰るように、部屋は冷房が無かったので、湯上りも汗が。。。
お陰で温泉が進みますね。笑

余談ですが、兄弟宿の源氏の湯の方が、冷泉が自慢なので夏は最高ですよ。
次回は夏は源氏、冬は奈良田がちょうどいいかも。

15/11/29
17:15
に投稿

懐かしいヌルヌルの温泉♪

4.0
4.0
温泉
5
温泉の雰囲気
3
また行きたい
5
部屋
3
食事
0
2015/11頃に訪問

やぁ!懐かしいヌルヌル温泉で最高です!(^_^)v
以前、福島で出会った温泉♨(現在は廃業?)と同じ温泉でした、とても嬉しいです┗(^oo^)=3

15/11/14
20:07
に投稿

一言で言うと、男の宿って感じが・・

2.8
2.8
温泉
4
温泉の雰囲気
3
また行きたい
2
部屋
3
食事
2
2013/01頃に訪問

一言で言うと男の宿って感じが私はしました。マタギの宿という事で、居間には本物の一枚皮の大きな熊の敷物が・・ふ~んスゴイなあ。夕食にも私の苦手な獣肉類ばかり・・

さて、目当ての評判のあの七不思議の湯。これに入るためにはるばるやって来ました。
ところが女性は20時から・・露天風呂というものは明るい内に入るのが気持ちが良く、やっと着いたあ~というところでザボンと湯に入った時の気持ち良さ、これが一番なのに。
しかもこの宿自慢の、7色に変わる温泉とかいう色が見れないじゃないですか・・翌朝まで辛抱しなければなりませんでした。朝だけなので色の変化など判りません。
でも朝ではねえ、ゆっくり満足いくまで入るというのは無理な話で・・取りあえず記念に写真だけ撮りました。

と言う訳で、この宿はなんだか”男っぽい宿”男優先かなあ~みたいな感じを受けました。

15/11/10
14:11
に投稿

あのぬるぬる温泉再び

3.8
3.8
温泉
5
温泉の雰囲気
3
また行きたい
5
部屋
3
食事
3
2015/04頃に訪問

ちょっと前になりますが、4/24、25日に妻と二人で1泊2日で行ってきました。
白根館には実はこれで3回目。「どれだけ行ってるんかい!!」って感じですがそれだけ、泉質が良くてインパクトのある温泉なんですよね。
今回は本館に宿泊しました。新館との違いは、室内にトイレがないのと、食事の場がいろりではなくて大広間になるところ。4000円くらいの違いが出ますが、本館も部屋は綺麗ですし、トイレも部屋から出ですぐですしウオッシュレット付きのトイレで、新館と比べても個人的にはそんなに違いはないかなと。温泉をメインで考えれば、本館で十分かと思います。
13時からチェックイン可能と、温泉ファンにはありがたいこと。ちょっと寄り道しすぎて15時にお宿に到着。着いて早々、さっそくお風呂へ。
お昼の時間帯は木造りの露天ぶろは女性用ということで、内湯でのんびりと。2年ぶりとなりますがぬるっとした肌当たりがたまりません。石鹸を肌に塗ってるみたい感じです。どうしてこうなるのか不思議でたまりません。また、ツンとした硫黄臭が効いてるなって。浴槽はあつ湯とややぬる湯の二つがあります。私はゆっくり入りたいので、ぬる湯へ。ああ極楽♪
夜に、露天風呂が男女入れ換わるので私は翌日の朝風呂に木造りの露天風呂へ。白根館のHPだと、お湯の色がクリーンや白濁するとのことでしたが、私が入った時は透明でした。2年前に来た時はもう少し白濁だったような。お風呂場の外に飲泉処があるのですが、かなりしょっぱい。山奥なのにどうしてこんなにしょっぱいのか不思議です。
食事は翌日の温泉かゆが美味しかったですね。
今回もやっぱり来てよかったと。あのお湯のぬるぬる感は反則です(^^)
温泉の楽しさを知ってもらうには、ここの温泉はお勧めですね。
最後に、宿の方からの情報ですが、平成31年までに南アルプスの芦安地区と早川町奈良田地区を結ぶトンネルができるそうです。そうなると甲府側からのアクセスが容易になり、白根館へ来やすくなります。
私としては、今の交通事情だからこそ、秘境って感じが似合うのですがね。

15/05/04
01:01
に投稿

クチコミの平均評価

3.9
5
2
4
10
3
2
2
0
1
0

マイリスト

※クチコミは、実際に利用した会員の方の投稿ですが、投稿内容には、個人的趣味や主観的な表現を含むことがあります。また、クチコミ投稿ルールに反するものは掲載いたしません。

この記事を見た人は以下の記事も見ています

このエリアで評価が高い宿・温泉

エリアから探す

   
スマートフォン版に戻る