秘境温泉 神秘の湯

トップ 近畿 和歌山県 本宮・新宮・中辺路 熊野本宮温泉郷 湯の峰温泉 湯の峰温泉 旅館あづまや

湯の峰温泉 旅館あづまや

和歌山県東牟婁郡本宮町湯の峰122 マップ

分類
  • 掛流
  • 加水
  • 露天
利用
  • 日帰り可
  • 宿泊可
宿情報を編集する
湯の峰温泉 旅館あづまや

日本最古の湯で世界遺産の入口、総槙造り激アツ湯の宿

訪問日
2005/03/30
最終更新日
2014/09/19
投稿者
しおり
  • 管理人総合評価

    4.0

    3.8

  • ユーザーの評価

    (5件)
    4.0

    4.0

湯の峰温泉 旅館あづまやの外観

今では熊野子道と同じく世界遺産となった湯の峰温泉 つぼ湯、その湯の峰温泉のほぼ中心に位置する存在感のある旅館はここ旅館あづまやだ。

創業は江戸中期から後期の間といわれ歴史のある老舗旅館。
旅館の一部は明治時代のものがそのまま残されている。

増築に増築を重ね建物は段違いに後ろにも2階建ての建物があるため、広がりのあるどっしりとした空間ができあがっている。

フランスの作家、アンドレ・マルローが「これぞ日本の宿」と激賞したというのを売りにしている。

旅館あづまやの全景は横に広く写真で収めるのに一苦労なほど。
この度私たちが宿泊した部屋は写真の左に見える白い壁の建物、この建物は歴史を聞いてみると数十年とそう歴史深い建物ではなかった。

しかし建物の建っている下の石段をを見ていただけるとわかると思うが苔の生えた石段が無造作に組まれ、古きよき時代を思わせる。

  • 旅館あづまや
  • 民宿 あづまや荘

あづまやでは民宿も行っているようで、駐車場は民宿と共同のものになっていた。
低料金で、その上旅館あづまやの槇風呂、露天風呂へ入ることができるらしい。確実な事がわからないので知りたい方は宿へ問い合わせを。

一泊2食付 平日  16,000円(2名1室1名の料金) 6畳+約2畳 トイレ付

まず到着すると担当の仲居さんが部屋まで案内をしてくれた。部屋は一番せまい部屋で6畳+2畳のもの。

その他広い部屋が多数あるようだが、聞くと部屋の違いだけで料理などが違うわけではないらしい。という事で一番安い部屋をお願いすることにした。一番安い部屋ではあったが見晴らしの良い部屋の位置的に言えば一番いい場所ではないだろうか。窓からは公衆浴場や前に流れる川、つぼ湯へ向かう人々が見え温泉街を部屋にいながら感じる事ができた。

  • テレビ
  • 浴衣・大小タオル・歯ブラシ
  • 冷蔵庫にはジュースやビンビールが入っている
  • お茶セット
  • オレンジケーキの茶菓子

部屋の中はとても綺麗に保たれており、備品なども揃っている。
冷蔵庫の中へはビールが大3本、オレンジジュース2本、水2本他と揃えられているがもちろん私たちにはビールが足りない。
食事の際は別にお願いし、その他プラス2本、冷蔵庫の中へ追加していただいた。

言う事なし!温泉を使用して作られた手の込んだ料理の数々

  • 熊野牛の温泉しゃぶしゃぶ

食事は部屋食。
時間を指定しほぼその時刻へ持ってきてくれた。
テーブルには並べきれないほどの料理が並び、一つ一つが綺麗に飾りつけをされている。
ある程度食べた頃、熊野牛のしゃぶしゃぶが運ばれてくる。
このしゃぶしゃぶは鍋に温泉が入れられており、その温泉を沸かしてしゃぶしゃぶして食べる。
このおいしさといったらもう、、とろけます。

食事は全体的に温泉を使用して作っているという珍しい食事の数々。
ご飯までも温泉で炊かれ、黄色っぽい色をしていた。
この温泉ご飯はご飯だけで食べてもおいしかった。

総槙造りの静寂なる浴室へ濃厚な湯が流れる

槙風呂 大浴場 男女入れ替え制

浴室は総て槙で造られ、大正時代に造られたもの。木の色は一本一本違う色をし、歴史が滲み出ているようだ。真ん中へドーンと構える槙風呂はとても大きくその大きな浴槽へは既に多少水をまぜた湯が勢いよく注がれている。それでも熱い人の為に水を入れる事ができる蛇口がある。
しかし、この時の熱さは半端なく、こちらの湯船にはほとんど誰も入っていなかった。これではせっかくのいい湯も堪能できない。たまらずにおばちゃんが水を入れたがこれだけの大きな湯船、なかなか冷めない。そのおばちゃんはさまし湯のみ入浴し、早々にあがってしまった。もったいない。。 私はというと気合で入ったりあがったりを繰り返し、1時間ほど楽しんだ。

  • 大浴場のさまし湯(源泉100%)
  • 大浴場の露天風呂

浴室の端へは「さまし湯」という源泉を少しづつ注ぎ、自然にさまされた源泉100%の湯がある。
こちらは人気で沢山人がいるとまずなかなか浸かる事ができない。しかもこのときは槙風呂が熱くて入浴できないとあってこの1人入ったらいっぱいの湯船に2人も入りいつまでも空くことはなかった。私も夜中に入浴したのみ・・・温度もほぼ適温で1度しか入れなかった事は残念だ。

槙風呂 大浴場へ着いている露天風呂は脱衣所より外へ出る。4人ほど入れる露天風呂は無色透明の湯に大きめの黄色い湯ノ花が舞っていた。湯は女性用と下から繋がっており源泉投入量は女性用の方が多く熱いようだった。

  • 中浴場 露天風呂 (0:00まで女性用)
  • 中浴場 男女入れ替え制(0:00まで女性用)

私はこちらの露天風呂しか入浴していないが風が冷たく気持ちよく、最初は悲鳴をあげるほど熱かったがなれてくればある程度浸かっている事ができた。しかし本来ぬるめ好きの私にはちょっと厳しかった。あづまやのお風呂はとても良い泉質抜群の湯、だが全体的に熱すぎてくつろげないのが残念に思った。

  • 源泉
  • 洗い場
  • 露天源泉
  • 脱衣所
  • 貸切風呂1
  • 貸切風呂2

浴室へはシャワーが一つ、洗い場は数箇所、女性用のほうはシャワーの取り合いが激しかった。

その他に貸切風呂が2つある。私は入る事はなかったが、こちらも木のいい香りのする贅沢な貸切風呂。

朝ごはんはシンプル 湯豆腐が特においしい

あづまやの感想


≪あづまやの良かったところ≫

全体的にすばらしい。食事はおいしく宿の雰囲気も抜群。温泉は熱いがそれでも濃厚で極上!

≪あづまやの良くなかったところ≫

仲居さんがやかましい。この仲居さんだけだと思うが、食事の際、しゃぶしゃぶ用の火が1つでは間に合わなかった際、いやみをタラタラ・・・。朝のコーヒーを出されて30分で取りに来た上に、後一口なら飲んじゃってとえらくせかされた。もうあと1時間で帰るんだからほっておいてくれてもいいのに・・安宿じゃないんだからもう少しお客中心の接客を心がけてほしい。と久々に不快に思ってしまった。しかし仲居さんははずれだったがそれを抜かせば満点だと思う。

湯の峰温泉 旅館あづまやの評価はこちら!

  • 温泉

    4
    4

    上質湯

  • 温泉の雰囲気

    5
    4
  • また行きたい

    5
    3
  • 部屋

    5
    3
  • 食事

    5
    5
管理人総合評価
3.8
3.8
とさせていただきました。

クチコミ(5件)5件中 1~5件 1ページ目

これぞ日本の温泉旅館

4.2
4.2
温泉
4
温泉の雰囲気
5
また行きたい
4
部屋
4
食事
4
2016/08頃に訪問

といった立派な外観、温泉、部屋、美味しい料理でした。

何より内風呂の風情が文句なしで、木造の広々とした湯槽と高い天井。どこか蔦温泉や法師温泉を思わせる立派な木造の湯舟・床・壁でした。
加水ですが十分に濃度を感じるアルカリ硫黄泉で、味も美味しいです。
熱い源泉を冷ました加水無しの源泉100%の湯槽があることも、工夫があって素晴らしいと感じました。

料理は老舗旅館に相応しい、手の込んだ見た目に美しいものでした。
熊野牛のシャブが特に美味しかったです。
熊野古道ビールも最高でした。

接客を担当して頂いた方は、一年の半分はツアーアテンダントをなさっているそうで、とても気さくに笑顔で接してくださいました。つぼ湯の行列傾向や湯の峰の歴史など、質問に答えて頂けました。
(管理人さんがあたったというハズレの方も、何となくわかりました(笑)。老舗旅館にありがちな「上から目線」的な接し方を、その方からのみ感じた気がします)

欠点をあげれば、待合ロビーが分煙されていないことでしょうか。
古き良き日本の寛容さかもしれませんが、着いて早々 喫煙所に案内された時は大変ガッカリ致しました。

宿泊代は安くないですが、その価値は十分にあると思います。つぼ湯も目の前ですし。
日本風旅館として海外でも有名とのことで、外国人のお客さんは常にいるようです。
日本の古き良き温泉旅館として、今後も海外の方々に正しいイメージを発信して頂ければと思います。

16/08/16
12:35
に投稿

高野槇の浴槽は極上

4.2
4.2
温泉
5
温泉の雰囲気
5
また行きたい
4
部屋
4
食事
3
2010/07頃に訪問

湯の花が漂う高野槇の湯船は幻想的な雰囲気さえ醸し出している。源泉が熱く加水してしますが、それでも充分に濃厚です。加水せず源泉をさましている小さめの浴槽もあり、さましてても熱くて長くはつかれませんでした。お湯、浴室内の造りも素晴らしかったです。

15/11/24
02:19
に投稿

世界遺産で有名になった代わりに・・

3.4
3.4
温泉
4
温泉の雰囲気
5
また行きたい
3
部屋
3
食事
2
2010/11頃に訪問

世界遺産で有名になってから、食事が悪くなりました。これは私だけの感想ではなく、この前旅行先でで会った関東の方達もはっきり言ってらっしゃいました。「以前行った時はもっと良かったのに」と。そうなのです。
熊野古道が世界遺産に登録されてから、この湯の峰温泉街に降り立った時感じたあのノスタルジックな雰囲気が消え、そしてあづまやさんの料理の質が落ちました。以前の良かった時の記憶があり、お友達夫婦を誘って宿泊し、ちょっとがっかりされてしまいました。こんなんじゃなかったのに・・

温泉は露天風呂はどうと言う事ありませんが、この宿は内湯の雰囲気が非常に良く、総木造のどっしりとしながらも、何か人を惹きつける趣がある内湯に、何度も入ってみたくなります。でも熱くてゆっくりは入ってられないかも知れませんが・・
この宿の内湯は、私の関心を開放的な露天風呂~落ち着いた内湯へと目覚めさせてくれたきっかけになったと思います。 名物のつぼ湯の前にある旅館です。

15/11/04
21:10
に投稿

救急車手配の翌日

5.0
5.0
温泉
5
温泉の雰囲気
5
また行きたい
5
部屋
5
食事
5
2010/10頃に訪問

前日の緊急搬送の後遺症なのか,いまいち胃腸の調子が戻らず
元気な女房様に食事を分ける。
●温泉
貸切状態の槙風呂は相当熱く随分水を加えて入浴。
個人的には大浴場のさまし湯が一番で、独り占めでした。
●建物
玄関を潜った瞬間から雰囲気が違う。
●食事
しっかりと手間暇をかけて調理されている。
●環境
温泉街は小さいが風情が有る。
全体的に『バランス』がとれた素晴らしい旅館です。

15/10/30
16:26
に投稿

内湯最高

4.0
4.0
温泉
5
温泉の雰囲気
4
また行きたい
4
部屋
3
食事
4
2011/07頃に訪問

熊野古道ブームで有名になった?湯の峰温泉。

あづまやは木造のとてもカッコイイお宿です。

やっぱりカッコよかったです。

勿論かけ流しのお湯に少し白濁した硫黄臭。

外観がカッコイイと内湯もカッコイイはず。

関西にこんな良質なお湯がいただけるところはあまり

ありません(十津川も良いです)

んで、食事。美味しいです。温泉を使った熊野牛の

しゃぶしゃぶや温泉ご飯。どれもこれも美味しかった。

でっかい露天風呂のあるお宿も良いですがカッコイイ

内湯のあるこういったお宿も非常に魅力があります。

平日で18000円くらいでしたが関西では妥当なお値段でしょうか。

温泉街もなかなか趣があって、各地の温泉地に

よくある卵を源泉につけてゆで卵にする「湯筒」が

湯の峰にもあります。






14/10/17
23:59
に投稿

クチコミの平均評価

4.0
5
1
4
3
3
1
2
0
1
0

マイリスト

※クチコミは、実際に利用した会員の方の投稿ですが、投稿内容には、個人的趣味や主観的な表現を含むことがあります。また、クチコミ投稿ルールに反するものは掲載いたしません。

この記事を見た人は以下の記事も見ています

このエリアで評価が高い宿・温泉

エリアから探す

スマートフォン版に戻る