秘境温泉 神秘の湯

トップ 山陰・山陽 島根県 石見 温泉津温泉(ゆのつおんせん) 温泉津温泉 元湯

温泉津温泉 元湯

島根県大田市温泉津町温泉津ロ208-1 マップ

分類
  • 掛流
利用
  • 日帰り可
  • 宿泊不可
宿情報を編集する
温泉津温泉 元湯

レトロ感が凄い!濃厚でパンチのあるお湯で愛される温泉

訪問日
2005/09/26
最終更新日
2014/07/10
投稿者
しおり
  • 管理人総合評価

    4.0

    4.0

  • ユーザーの評価

    (12件)
    4.0

    4.0



歴史は古く1300年前からの古湯、湯治場として愛され続け、未だにその面影を残す温泉津温泉 元湯
今だにその泉質の良さとレトロな空間に惹かれ訪れる人は絶えない。

温泉街も江戸時代を思わせるような昔ながらの素朴な色合いで統一感があり下駄に浴衣でブラブラと温泉巡りをしたくなる。

  • 元湯 外観
  • 脱衣所

私が訪れたのは観光シーズン真っ只中。

そんなシーズンで温泉街へは人が多く賑わいをみせる。
共同浴場の前には駐車場があり、車もほぼ満杯状態。

  • レトロなマッサージ椅子
  • 地元の方用の棚

浴室も混んでいるんだろうな、と思いつつ中へと入ると来客は3人ほど。
思ったよりは空いていた。
元湯は地元の方の毎日のお風呂としても使用されている町の大事な温泉。
地元の方のお風呂道具を奥棚が別に設置されている。

町の歴史を懐古する 時の止まった浴室

内湯 男性用(女性用もほぼ同じ造り)

端は熱めの湯、真ん中ぬるめの湯、また端は座り湯。ほとんどの人が真ん中へ入る為、真ん中だけ混雑している。
観光で来ているのおばちゃんが輪になって大きな声で変な話をしていた。こっちの湯口側の浴槽にはないのに真ん中には白い浮遊物がある・・・という話し。一人のおばちゃんが「それはティッシュだよ」と言う。「おしりを洗わずに入る若者が多いから」と話はどんどん盛り上がる。
私は頭の中で「もしも~し?この湯の花の事を言っているのか??」と思いつつ、教える事もできずに話に耳をダンボ。「そうそうこの前も服脱いでそのままドボンと入った若い子がいてさ~」
と私が入っている30分、その話は尽きる事がなかった。それにしても湯の花をティッシュと思うなんておばちゃんの想像力はすごい。

湯口は析出物で原型がわからないほどコテコテ。
床は茶色に染まり、もちろんシャワーなどはなく水道があるのみ。
元湯は薬師湯よりも熱い湯。緑がかっていて源泉はほとんど薬師湯と似た感じの鉄味+塩味。

ここまでレトロな空間がそのまま残されている共同浴場は希少価値が高い。

いつまでも変わらないであってほしいすばらしい共同浴場だった。

温泉津温泉 元湯の評価はこちら!

  • 温泉

    4
    4

    上質湯

  • 温泉の雰囲気

    0
    4
  • また行きたい

    0
    4
  • 部屋

    評価せず
  • 食事

    評価せず
    0
管理人総合評価
4.0
4.0
とさせていただきました。

クチコミ(13件)13件中 1~10件 1ページ目

激熱湯とレトロな情緒漂う温泉街

3.8
3.8
温泉
4
温泉の雰囲気
4
また行きたい
5
部屋
2
食事
4
2017/06頃に訪問

石見銀山の湯治場でもあった温泉津温泉は、山と海の隙間にあり、静かな港を有した情緒ある温泉街です。なまこ壁も残る大正ロマン漂う街の雰囲気は、どことなく哀愁がありとても惹かれてしまいます。
JR温泉津駅から歩くとまず港が見え、そして温泉街に入り元湯は奥の方にあります。
元湯の前には宿である長命館が建ち、元湯は共同湯として使用されていますが、長命館の温泉でもあり長命館が管理しています。宿泊すると入浴券が2枚渡され、それ以上入りたい時は300円(通常370円)を支払って入らなければならないという事でした。宿から洗面器とタオルを貸してくれ入りに行きました。

400年の歴史ある元湯には「泉薬湯」という味わいのある看板が掲げられています。
表番台には女性の方が座られていて「かけ湯を何度もして、思い切って入ると浸かれるから!次からは身体が慣れて入れる」と何度も何度も言われてから入りました。
しっかし熱い!何度もかけ湯をして恐る恐る足を入れます。ピリピリの激熱湯はガツンとくるパワーを感じます。溶存物質8,1という何とも効能の強そうなナトリウム・塩化物泉で、49.7℃の源泉がわずか2~3m下より湧出して湯舟に注がれていますが、何と言っても熱いので投入量は極わずかにセーブ。それにもかかわらず湯底から湧き出て来ているように熱くて、しばらくすると足がビリビリジンジンして来て入っていられず、上がったり出たりを繰り返しました。座湯という所で足だけ出して寝湯にして浸かると、要約気持ち良さが解った気がしました。
熱いけれど、でもキューッと効いてくるとてもパンチのある温泉で、渋の大湯に似ているように思いましたが、加水なしであるため、より濃さが伺える強烈な温泉でした。
湯舟に立てられた温度計が、あつ湯は48度を示し、ぬる湯でも44度を示していました。
常連さんが多く、身体を真っ赤にしながらも気持ちいいといいながら入られてます。私もすぐに見事なユデダコの出来上がりとなりました。出た後の風が心地良かったです。
更衣室にはズラーッと常連さんの洗面器が並んでいました。夜は20時まで朝は6時からです。
飲泉場は外にあり、ボタンを押すと龍の像から温泉が出ます。少し鉄臭い味がしますがそれ程ではなく飲めました。

長命館は100~120年前に建てられた鄙び宿で、昔の旅館そのままといった風です。
木造の回り階段が3階まで続き、部屋はややかび臭く、テレビも冷蔵庫もありません。トイレは洋式もありますが浄化槽というのが一番の難点でしょうか。
昔懐かしいのが、糊のついた掛け布団にはきちんと襟が縫い付けられており、浴衣も厚いサッカー生地で気持ち良かったです。
味気ない食堂で食べる食事は味付けが良く、朝はシジミの味噌汁が出て、これぞ日本の和食というしっかり感がありました。1人宿泊10000円でした。

温泉津温泉にある共同湯はこの元湯を入れて3つ。いずれも泉質は良く似ていますが湯温は違います。才一の湯は16時~20時30分、薬師湯は6時~21時。
昔は銀を運んだ港は静かな入江にあり、風光明媚な漁港には釣り人も多くみられ、海に沈む夕陽や遠く漁火も見る事ができます。温泉街には寺や神社が多く、1300年前からあるという歴史も感じられるロマンの温泉街はとても魅力的でした。

アクセス例:出雲市駅や大田市駅などから温泉津温泉駅までJR 徒歩15分~20分
羽田空港~出雲空港 出雲空港からバスで出雲市駅 後上記

16/11/15
02:41
に投稿

あっつ~~~~い!

4.3
4.3
温泉
4
温泉の雰囲気
5
また行きたい
4
部屋
0
食事
0
2016/03頃に訪問

皆様のおっしゃる通りアツアツでした!
真中にはなんとか入れました。 1分くらい入って、外に出て体を休めて また入る、みたいな感じでした。
話のネタに 左の熱い方に入ってみました。 左足、右足と湯につけて 下半身を湯につけようとかがんだんですけど、 先に入れておいた足があまりの熱さに耐えられず 慌てて浴槽からでました。 その私の様子は たぶんお笑い芸人の熱湯風呂のようだったと思います。
 でも 雰囲気のある良い温泉でした。 

16/03/25
20:43
に投稿

極上のお湯に感激!

4.7
4.7
温泉
5
温泉の雰囲気
4
また行きたい
5
部屋
0
食事
0
2010/06頃に訪問

ひなびた温泉地でとても風情があります。温泉旅館は何軒もありますが私は湯治宿(炊事・洗濯可)に泊まりました。なのでとてもリーズナブルでした。この元湯には地元のオバチャン達が普通に銭湯として利用しているようです。お湯は濃厚で、浸かると体が喜ぶのが分かりました。常連のオバチャンがコップに入れたおんせんを私に勧めてくれて恐々口にしました。!!まるでスープか吸い物のよう!効能に胃弱がありましたが、その通り!と思いました。もともと胃は丈夫じゃないので飲んだ途端に胃がスッとするのが分かりました。飲んで良し、浸かって良しの温泉です。多くの温泉に行っていますが、ここは5本の指に入ります。ただ、脱衣場等も清潔です!とは言えないかも?決して衛生上問題があるわけではないですが、所謂小綺麗でオシャレな施設ってわけではありませんからね。そこもいいんですけどね。すっかり魅了され、この温泉は何度も行っています。それほどに極上のお湯です。

15/12/01
17:08
に投稿

タイムスリップしたかのような・・・

4.3
4.3
温泉
4
温泉の雰囲気
5
また行きたい
4
部屋
0
食事
0
2015/07頃に訪問

コテコテな析出物のついた湯船とコテコテのレトロ感。
この雰囲気をずっと残していただきたい温泉のひとつです。
温泉自体はアルカリ単純泉が好みの私にはちょっと濃いかも?
皮膚に染み込むような泉質で指先がピリピリします。でもそれが癖になるんだよなぁ。
冬に入りたい温泉で体がホカホカと温まります。
入浴したのは熱いと評判の元湯ではなく、適温の薬師湯方です。
私の訪れた時はお薬師様のお祭りの日で入浴が無料。
年に一回だけあるそうです。
二階に上がってお薬師様を拝ませていただき、美味しいお茶とお菓子をいただきました。
気さくな女将さんと話が盛り上がり楽しいひと時を過ごせたのが良い思い出となりました。
ここのお湯はお勧めです。

今度訪れる時は熱湯の元湯に是非トライしてみたいです。
しかし岡山からでもかなり遠いという現実。もう少し近ければ。。。ね

15/10/09
00:36
に投稿

念願の温泉津温泉

4.0
4.0
温泉
5
温泉の雰囲気
4
また行きたい
4
部屋
3
食事
4
2015/06頃に訪問

友人から山陰地方へのドライブ気まま旅に誘われ、この温泉で一泊することを条件に行った旅。町の雰囲気も良し、町湯の二つはとても良い、とまった宿の夕食、朝食とも美味しかった。何より、閉店間際の薬師湯は独り占め出来て、最高の思い出。翌朝付近のホテルの珈琲コーナーでの美人女将(?)との会話も良かったなぁ

15/10/07
21:54
に投稿

暑いけどいいですあ

4.3
4.3
温泉
5
温泉の雰囲気
4
また行きたい
4
部屋
0
食事
0
2015/05頃に訪問

暑い、普通、座湯の3種類の湯船があります
熱いのは45度以上になることがあります

アトピーや汗でかぶれる私には、皮膚に浸みて良かったです

直接は泊まれませんが、長命館という経営者が同じ旅館が前にあり、泊まると2枚切符をもらえます
朝6時から、入れるとのことですが、朝から地元の人に占拠されて、ゆっくり入れませんでした

有馬温泉の金の湯のように茶色でノスタルジックいっぱいの湯でいいのですが、一見さんには、入りにくいです

そう言えば、寅さんの舞台になったようです
泊まった日は近くの神社で石見神楽してました。神楽は、初めての方はおすすめです

常連さんに負けない心で入れる人はオススメです

15/09/29
07:30
に投稿

地元の方に愛されてるなぁと

3.7
3.7
温泉
4
温泉の雰囲気
4
また行きたい
3
部屋
0
食事
0
2015/08頃に訪問

お盆の山陰旅行の際立ち寄らせていただきました。午後4時頃で人は少なかったです。最初ひとりで入浴してたら地元の方が入っていらして、今日は湯の色が薄いと言っておられました。
いつもはもっと濃い色をしているのだと教えていただき、なんとなく会話。
洗い場はなかった記憶。お湯は熱めで、長湯はできなかったけど、はいってこれてよかった。

15/09/22
09:35
に投稿

レトロな温泉

4.7
4.7
温泉
5
温泉の雰囲気
4
また行きたい
5
部屋
0
食事
0
2009/04頃に訪問

薬師湯も良泉でしたが、薬師湯の近くにある、もと湯も良泉で、オススメです。

15/09/04
02:50
に投稿

鄙びた温泉街と歴史を感じる湯船

5.0
5.0
温泉
5
温泉の雰囲気
5
また行きたい
5
部屋
0
食事
0
2011/10頃に訪問

温泉津温泉で「ゆのつ」最初はなんて読むのか悩みました。元湯は泉薬湯とも呼ばれるようで温泉津に3つある共同浴場の1つです。近くにもうひとつの薬師湯もあり、こちらも外見、湯船ともに素敵でした。

お湯はほかの方も書いていますが、源泉50度を流し込んでいるためかなり熱めです。自分が訪問したのは昼過ぎだったので何とか入れましたが、朝一番だと結構厳しいかも。ここまで熱かったのは飯坂温泉以来。薬師湯の方が適温でした。

析出物でこてこての湯船は何度見てもいいですね。今度は温泉津温泉に宿泊してゆっくりと堪能したいと思い後にしました。でも遠いんだよなぁ…

14/11/30
19:24
に投稿

温泉津温泉

0.0
0.0
温泉
0
温泉の雰囲気
0
また行きたい
0
部屋
0
食事
0
2014/11頃に訪問

元湯は熱いですが
入り方があります

桶で体に10杯ほどかけ
それから
入ります。
体全体入ります。熱いからといって
足だけ入るのはタブーだそうです。
3分くらい入ると
上がります
上がってしばらく休憩します。
それからまた入ります

出たり入ったりを繰り返します。
あと左の熱い湯は
入るというより
痛みのあるところにタオルをのせ
お湯を2、3杯かけて
しばらくおきます
湿布する感じです

私は地元の方にこの入り方を教えてもらいました。

番台のおばちゃんが
教えてくれるときもあります、
言っても話きかないで
入って
のぼせてる人がいると言われてました。
この入り方をしてもまだ熱いなら
入湯がまだ必要でない健康な方だと思います。
普通のお風呂で充分ですよ^_^

ここは
広島から原爆あびた人がこぞって
入湯に来たそうです。

値上がりしたようです。
大人370円でした。



私はここのお湯は大好きです。



評価4.5です。

14/11/23
07:52
に投稿

クチコミの平均評価

4.0
5
3
4
8
3
0
2
1
1
0

マイリスト

※クチコミは、実際に利用した会員の方の投稿ですが、投稿内容には、個人的趣味や主観的な表現を含むことがあります。また、クチコミ投稿ルールに反するものは掲載いたしません。

この記事を見た人は以下の記事も見ています

このエリアで評価が高い宿・温泉

エリアから探す

  
スマートフォン版に戻る