秘境温泉 神秘の湯

トップ 東北 宮城県 鳴子・大崎 吹上温泉 吹上温泉 峯雲閣

吹上温泉 峯雲閣

宮城県大崎市鳴子温泉鬼首吹上16 マップ

分類
  • 掛流
  • 絶景
  • 露天
利用
  • 日帰り可
  • 宿泊可
宿情報を編集する
吹上温泉 峯雲閣

マイナスイオン満載の滝壺で入浴!素敵すぎる露天風呂

訪問日
2004/06/26
最終更新日
2014/06/12
投稿者
しおり
  • 管理人総合評価

    4.0

    4.0

  • ユーザーの評価

    (4件)
    3.4

    3.4




鬼首温泉は間欠泉で有名です。いくつもある間欠泉の中で「弁天」と呼ばれる間欠泉は15m以上の高さまで勢いよく吹き上げるそうです。
至る所から温泉が吹きだしているので、吹上と名前がついたそうです。

その間欠泉の近くにあるのがここ、峯雲閣です。
峯雲閣は滝の温泉が有名で、自然そのものの滝つぼへ入浴できます。ただし、季節限定で5月~10月末ぐらいの間以外は冷たくて入浴できません。(しかし滝は峯雲閣のものではないらしいです。)

1日8組しか宿泊できない1軒宿は近くに観光地があるとは思えない静けさがあり、秘湯よ呼ぶにふさわしい宿です。

今回は6名で2部屋とり、分かれて泊まりました。

宿へ到着したのは夕方6時ごろ、鳴子温泉を周っていてチェックインが遅れてしまいました。車で到着とともに宿の女将さんが笑顔で迎えてくれました。
遅れると感じ悪く言われる宿もある中、笑顔で迎えられると本当に気持ちがいいものです。
宿のフロントはとても重厚感があり、500年前のものをそのまま残して改装したそうです。

到着するとまず部屋へ案内していただきました。宿全体の雰囲気は木造でとてもいいです。でも廊下やフロントにある置物がちょっとおばあちゃんの家にあるような人形があったりしてもったいないなぁと感じました。部屋は景色も良く、とても綺麗でした。

食事はどちらかというとシンプルです。山菜や魚が中心の素朴な味付けでした。
鍋のお肉は少し硬めでしたが味付けはおいしかったです。

鯉の刺身を酢味噌につけて食べるのですがくせになるような味でした。
山の宿へ行くと必ずといっていいほど池に鯉をかっていて、夕食にでます。鯉は切り置きしておくとすぐにパサパサでひからびてしまうそうです。
鯉を食べる事でその宿のお客への思いやりを読み取れるような気がします。暖かい食事がでるかも大きいですが・・・。

峯雲閣の鯉はおいしかったです。食事もできたてを運んでくれました。

天然の滝つぼでマイナスイオンを身体全体に浴びる爽快感

仙人風呂 混浴

滝は小さめだが近くでみると思ったより迫力があり、岩についている苔が周りの緑を一層美しくみせます。
私達が泊まった日は前日が雨だった為冷たくなってしまっていましたが、その前は今年は雪が少なかったらしく少しぬるめだか入れたそうです。夏はアブが多いそうなので一番いい時期は6月と10月です。宿泊をする場合は雨などで温度が変わってしまいますので天気予報もチェックした方がよさそうです。

滝の前にある露天風呂は30人以上は入れると思われる大きな湯船です。

アルカリ性のやわらかいお湯で長湯をしてものぼせません。無色透明でなめると少ししょっぱいです。即効性の温まりはありませんが上がった後、身体の中が持続して温まります。

木々からこぼれる木漏れ日を浴びながら滝を眺めマイナスイオンを感じる、そんな一時を大事な人と過ごすのもいいのではないでしょうか。

露天風呂の端へ小さな洞窟風呂があります。洞窟の中は涼しく、少し段になっているので足だけ浸けて座る事ができます。 奥行きはありません。
源泉は92度とかなりの高温泉です。ですが露天風呂の温度は適温でした。

内湯は明るく立ち上がると外の滝が見えます。露天風呂より少し温度が高いです。シャワーやシャンプ-なども備え付けてあります。
外の露天風呂へ皆入りに行くので内湯は空いている事が多いようです。

朝ごはん

朝ごはんはシンプルなものでした。

温泉旅館へ皆で泊まったのはこれが初めてです。いつもキャンプ中心でしたがたまには旅館でゆったりというのもいいなと思いました。

吹上温泉 峯雲閣の評価はこちら!

  • 温泉

    4
    4

    上質湯

  • 温泉の雰囲気

    4
    4
  • また行きたい

    4
    4
  • 部屋

    4
    4
  • 食事

    4
    4
管理人総合評価
4.0
4.0
とさせていただきました。

クチコミ(4件)4件中 1~4件 1ページ目

豪快滝湯!3つのお温泉が楽しめる~Please Please Me

3.3
3.3
温泉
3
温泉の雰囲気
4
また行きたい
3
部屋
0
食事
0
2016/06頃に訪問

2016年6月に行ってきました。滝が温泉になっており、滝の真下で泳いで楽しんできました。滝湯のそばまで行く際は天然の岩がゴロゴロ転がってますので、擦り傷に注意して下さい。基本混浴露天ですが、女性はバスタオル着用可能ですので、女性も楽しめます。平日ですが数名女性もいました。内湯は熱めの単純温泉アルカリ性、内湯でお湯を楽しんで、滝湯の手前に混浴露天があり、50度近い熱いお湯が豊富に湧き出ておりました。こちらは、湯底が整理されているので、怪我する事はなさそうです。どちらにしても、宮城県恐るべしこんな豪快な湯があったとは・・・不勉強でした。
立ち寄り利用ですと、営業時間が10:00~13:00と短いので事前に確認された方が良いですね。セッケンはありましたが、シャンプー、ドライヤーはありませんでした。

16/06/23
19:09
に投稿

アブもですが、ヘビにもご用心!

3.0
3.0
温泉
3
温泉の雰囲気
3
また行きたい
3
部屋
0
食事
0
2015/05頃に訪問

湯浴み着を貸してくれるという情報を、聞いていたので、女将さんから貸して頂き、自然を満喫しながら滝湯に、のんびり入浴・・・
カエルを発見したので、近づく私に、夫が「こっちに来い」と、めずらしく大きな声を出したので、びっくりしていると、私のそばに、ヘビが!!!!!
ヘビは滝の上の方へニョロニョロと、逃げて行きましたが、明らかにヘビと、入浴していました(^_^;)
ヘビが大嫌いな夫は、それでも我慢して入浴していましたが、落ち着かなかった事でしょう・・・
本当に、大自然を満喫した入浴となりました。

ヘビは関係ないのですが、それまで湯浴み着を持っていなかった私は、
これを機会に購入して、湯巡りの際の、必須アイテムとなりました。
『峯雲閣』さんの滝湯でも、スッポンポンで入浴されている、
勇気ある女性もいらっしゃり、男性陣の注目を集めていました。
それを見て、湯浴み着の必要性を、切に感じる良い機会となりました。

帰りに、近くの『地獄谷遊歩道』を散策。お湯がグツグツと沸き出していたりと、予想以上に、良い見所でした。

15/07/01
19:57
に投稿

滝に打たれ滝行を試みるも、温泉のため修行にはなりませんね

3.7
3.7
温泉
3
温泉の雰囲気
4
また行きたい
4
部屋
0
食事
0
2013/09頃に訪問

峯雲閣は鳴子温泉郷から車で30分離れた場所にある温泉旅館です。
近くには鬼首間欠泉もあり、温泉好きな人はぜひこちらまで
足を運ぶべきと思います。

やっぱりここの一番の楽しみは滝でしょう!
滝に打たれながらの温泉はなかなか楽しいですよ。

泉質は至って普通ですが、こういうアトラクション要素がある温泉も
たまにはいいなと思います。

14/12/23
19:40
に投稿

露天風呂は最高だが,アブの季節はご用心

4.2
4.2
温泉
4
温泉の雰囲気
5
また行きたい
4
部屋
4
食事
4
2014/07頃に訪問

初夏から盛夏にかけてここの滝から流れるお湯は最高。緑に囲まれて清々しい,アブが邪魔をしなかったら。駒の湯のおばさんが排気ガスにアブが集まるといっていたのを思い出し,鼻を覆ってみたが効果なし。スズメバチが黒いものに群がる映像を思い出してタオルを頭に巻き付けても全く効果なく,凶暴なアブに数カ所噛まれ,這々の体で内湯に逃げ帰りました。翌日腫れるのを我慢して玉川温泉につかったものだから大変。ヒリヒリなんて生易しいものではなかった。消毒液とキンカンを塗って何とかしのいだけど,アブ対策として何かいい方法はないものでしょうか。
落ち着いた宿の部屋もお料理もいい。嫁さんが湯浴み着を気にいって分けてもらった。酸ヶ湯の湯浴み着よりはるかにいいとのこと。旅行の必需品になったようです。
鳴子の温泉街を離れたところにこんないい宿があった。また近くに行ったらお世話になりたい。紅葉の季節に,アブがいなくなる?不活発になる季節に訪れたい。

14/07/13
17:02
に投稿

クチコミの平均評価

3.4
5
0
4
2
3
2
2
0
1
0

マイリスト

※クチコミは、実際に利用した会員の方の投稿ですが、投稿内容には、個人的趣味や主観的な表現を含むことがあります。また、クチコミ投稿ルールに反するものは掲載いたしません。

この記事を見た人は以下の記事も見ています

このエリアで評価が高い宿・温泉

エリアから探す

   
スマートフォン版に戻る