秘境温泉 神秘の湯

トップ 東北 宮城県 鳴子・大崎 鳴子温泉郷 中山平温泉 中山平温泉 仙庄館

中山平温泉 仙庄館

宮城県大崎市鳴子温泉字星沼28-2 マップ

分類
  • 掛流
  • 循環
  • 加水
  • 露天
利用
  • 日帰り可
  • 宿泊可
宿情報を編集する
中山平温泉 仙庄館

青や緑がかったにごり湯を自然の中で堪能できる露天風呂

訪問日
2004/09/21
最終更新日
2014/06/12
投稿者
しおり
  • 管理人総合評価

    4.0

    3.3

  • ユーザーの評価

    (2件)
    3.0

    3.0

※※  下記は訪れた当時、掛け流しだった時の評価、レポートです ※※


仙庄館へはGW,宮城、福島ツアーの最後にあと1箇所何処かへ入ってから帰ろうという話になり訪れた。

皆と一緒に行くということもあり、露天風呂のある施設をと思い、最初、中山平温泉 元蛇乃湯を訪れたが露天風呂の湯を抜いてしまったとの事。

内湯だけ入ろうかどうか迷ったが、一番奥にある仙庄館が露天風呂があるという事で予定変更となった。

入浴料が800円と鳴子温泉郷の中では一番高いぐらいだが、関東だと思えば?(笑)普通かな。
外観では想像できないなかなかいいお風呂があるので一度訪れてみるのもいいと思う。

宿は近代的なコンクリートの大きな建物。政府の保養施設や色々な会社の保養施設に指定されている。大勢で宿泊するスタイルが主なようで、宴会場やコンパニオンも呼べます。といった広告を出している。という事もあり、最初う~~ん・・、どうかな?まぁ、いっか、という気持ちで入った。

女性用露天風呂

入ってみてビックリ!おぉ、いいじゃ~んと一同。お湯は綺麗な水色の乳白色、硫黄臭がし、湯あがりはサラッとした肌触りいいお湯でした。

景色は湯につかりながら前にある山を望める。
ちなみに男性用の方は壁が片方ない為、開放感が有、女性用よりいいらしい。

(※※今現在、循環に変わってしまったようです ※※)

  • 訪れた当時の源泉
  • 景色がいい~

女性用内湯

内湯へは私は入っていないが友達が入った。
内湯だけでもいいぐらい!と絶賛していた。
内湯の方はまた色が違うようで少し緑っぽい乳白色。団体用のホテルだけあって湯船が大きい。
  • 休憩所
  • ロビー

休憩所はあまりゆっくりはできない造りで、木のベンチがズラッと並んでいるもの。それに館内が夕食の何かの臭いがしてとても臭い・・・。吐き気をもよおすような臭いがこもっていた。たぶん何かの食べ物の臭い。。。これには皆まいって休憩せずに早々に退散した。

中山平温泉 仙庄館の評価はこちら!

  • 温泉

    3
    3

    ナカナカ湯

  • 温泉の雰囲気

    0
    4
  • また行きたい

    0
    3
  • 部屋

    評価せず
  • 食事

    評価せず
    0
管理人総合評価
3.3
3.3
とさせていただきました。

クチコミ(2件)2件中 1~2件 1ページ目

最高の露天風呂が満喫できます。You Won't See Me

3.3
3.3
温泉
3
温泉の雰囲気
4
また行きたい
3
部屋
0
食事
0
2016/12頃に訪問

2016年12月訪湯
立ち寄り、840円なり。

「キタ キタ キ~タ! この硫黄泉の香り!」ハンドルを握る後輩が興奮している。
東北自動車道の古川ICから、いつもの鳴子温泉郷に車を走らせる。

あちらこちらから、源泉の湯気が吹き上がる。
名物の大きなこけしを横手にみながら、さらに車は進んで行く。

後輩いわく「今日は、鳴子温泉郷でも隠れ宿風の中山平温泉に行きますよ~」

到着すると昭和レトロ風の立派な建物、ロビーが広く、何故かロビー横に熱帯魚の水槽。
ギョット!とする・・・わたし。笑 しかし、とても丁寧に管理してある。

フロントに従業員の姿が見えず、のどかな親しみを感じる。女将さんらしき女性が登場御当地言葉で挨拶をすませ。湯に直行。すみません。御当地言葉理解できませんでした。

先ずは、内湯「仙庄の湯」にお邪魔する。
脱衣所、温泉とても広々としている。乳白色の硫黄泉が体も心も癒してくれる。
若干ぬるめでした。

次は、名物の露天風呂に行ってみる。冬支度をした庭園は見事で12月の抜けるような青空が山々の緑とマッチして贅沢な時間を創り出す。目の前の「大谷川」のせせらぎがここち良い。
こちらはアルカリ性の単純泉。熱めの湯が12月の清い空気と良いハーモニーを醸しだす。

きちんと手入れをしてある、庭園が雪の訪れを待っているようだ。

帰りの車内、クリスマスに何故、後輩と一緒なのだ?お互いに感じたようで、微妙な時間が流れていた。笑







16/12/25
16:51
に投稿

内湯と露天が離れ不便

2.7
2.7
温泉
3
温泉の雰囲気
3
また行きたい
2
部屋
0
食事
0
2016/06頃に訪問

内湯と露天が離れていて一度着替え、更に階段を上り降りしなければならないという不便さ。
ホテル風なのに階段のみという、お年寄りにはかなりの不便さだと思います。
鳴子温泉はどこも高温泉で、露天風呂にいらした宿泊される方が、内湯の熱さに困っていらっしゃいました。確かに熱めで、加水しているのだからもう少し温度調整をされれば良いのにと思いましたが・・。階段といい何か、親切でないなあみたいな感じは受けました。
入湯料840円はここで湯めぐりチケットを購入してから入ろうと考えてましたが、あっさり「ここでは売ってません」と言われました。購入は指定の店や、売ってるホテルと売ってないホテルがあるのでご注意下さい。

さて、内湯は湯の投入量に比べ掛け流される量が少なく循環、一部かけ流しでした。かすかに硫黄臭が感じられます。露天風呂は、投入口付近には湯葉のように大きく白い湯の花が多く浮かんでいましたが、離れて行くと全くありません。あきらかな循環口のようなものは見当たりませんでしたが、投入量に比べ若干溢れだしが少ないような気もしました。
こちらも中山平温泉でありながら、ヌルツキは弱かったです。しんとろの湯以外ヌルツキを期待して行ってもダメですね。
湯の色は琢秀と同じ、透明の黒緑色。近いので湯脈が同じなのでしょうか?
浴室の入り口にはブレンドしている3種類の源泉名の札がかかっていて、通路脇の敷地には噴煙が上がる源泉タンクがありました。


16/07/11
17:09
に投稿

クチコミの平均評価

3.0
5
0
4
0
3
2
2
0
1
0

マイリスト

※クチコミは、実際に利用した会員の方の投稿ですが、投稿内容には、個人的趣味や主観的な表現を含むことがあります。また、クチコミ投稿ルールに反するものは掲載いたしません。

この記事を見た人は以下の記事も見ています

このエリアで評価が高い宿・温泉

エリアから探す

スマートフォン版に戻る