秘境温泉 神秘の湯

トップ 東北 福島県 福島・二本松 赤湯温泉 赤湯温泉 好山荘

赤湯温泉 好山荘

福島県福島市土湯温泉町字鷲倉1 マップ

分類
  • 掛流
  • 露天
利用
  • 日帰り可
  • 宿泊可
宿情報を編集する
赤湯温泉 好山荘

上質な赤湯と白湯を味わえる秘湯のお宿

訪問日
2004/11/10
最終更新日
2014/06/06
投稿者
しおり
  • 管理人総合評価

    4.0

    3.4

  • ユーザーの評価

    (6件)
    3.7

    3.7

新野地温泉と鷹倉温泉の間にある砂利道を下っていくと、開けた場所へ変わった宿が見える。これが赤湯温泉だ。

訪れる前、写真で見た時は水色のトタンで出来たほったて小屋なのかと思っていたが一応、きちんとコンクリートの壁だった。

雰囲気は温泉がある宿といった感じではなくそこらへんには重機が置いてあったりと少し工事現場を思わせる。
宿の方へ聞いたところ、今露天風呂を新たに作っているところらしい。それも全てご主人の手作りという事で、露天風呂を作っている時、大きな石を重機で持ち上げたものがご主人の足へ落ちてしまい怪我をされてストップしているとの事だった。

ご主人様へムリなさらずお大事にしてくださいね。

左の建物が新館、右の水色の方は旧舘。
私達は今回水色の旧舘へ泊まった。
宿の方は、「鄙びた雰囲気を好む人は皆さんこちらを選ぶんですよ」と言っていた。

外観とは違い、宿の中は湯治場そのもの。
廊下に敷いてあるのがふる~いシートのような敷物で真ん中には右と左に分かれて歩く用なのか線が引いてあり、小学校を思い出す。
歩くとベロベロッ?と変な音がした。

旧舘1泊2食 1部屋2名泊 土曜日 8000円

宿泊した部屋

廊下はボロボロだったが、部屋は意外と綺麗で広い!ちょっとジメっとした感はあったが私達は気に入った。
こたつもあり、大きな窓からは池が見える。そこからゾウリで露天風呂へも行ける事もあり、人気の部屋だそうだ。
朝は光が入って気持ちがいい。

布団は宿の方がご飯後敷きにきてくれる。ここでちょっとん?と思ったのがノックなしでいきなり入って来た事。着替えていたらどうするんだよ~~

プンと香る硫黄臭とそよ風が気持ちのいい露天風呂

朝一、誰もいない露天風呂。
宿泊客が少ないのか朝は1人とすれ違っただけだった。
朝のそよ風にあたりながらちょっと熱めの露天風呂へ入ったり出たりと楽しんだ。
白い湯ノ花が多数浮いており、湯は勢いよく注ぎこまれている。
とても気持ちがいいのだが、私の肌にはあまり合わないのか、そんなに長湯していないのに具合が悪くなってしまった。
長湯向きではないのかもしれない。
景色は少しだけ紅葉が始まっていて綺麗だった。

  • 真ん中あたりの青いところが露天風呂
  • 変わった脱衣所

右の写真、真ん中にある青いところが露天風呂となっている。写真のように木々に囲まれ、自然の中にある露天風呂だ。
一番右写真の丸いのは脱衣所。相当変わっている。中には裸電球が下げてありその中で着替えるのは不思議な気分だった。

夜ご飯は部屋出しでお膳を並べて食べる。宿泊料金が安いのに部屋だしはめずらしい。

料理は山のものというよりバラエティに飛んでいる。
山菜や魚、カニのグラタンのようなもの、刺身など統一感はあまりないがなかなかおいしい。

左のメインは焼肉のたれへつけて食べる。魚とグラタンのようなものは残念ながら冷たい状態で出された。

男女別内湯 赤湯

  • 赤湯 男性用
  • 赤湯 女性用

今回大きな写真は露天風呂となっているが、それには理由がある。それは赤湯の写真がちょいボケだったという事。本当の好山荘メインはこちらの赤湯である。露天風呂は長湯できないなぁと感じたが赤湯はまったく反対。いつまででも入っていたいほど大好きなお湯だった。熱すぎて加水しないと入る事はできないが、最高のお湯だった。

【朝ご飯】

朝ごはんも大満足のおかずだった。
卵・サラダ・お浸し・ナスの田楽・おしんこ・味噌汁・ご飯と量も丁度いい。


好山荘は人によって好みがわかれると思う。綺麗なホテルなどを好む人は嫌いな宿だろう。私のように湯治宿が好きな人はきっと気に入ると思う。

赤湯温泉 好山荘の評価はこちら!

  • 温泉

    4
    4

    上質湯

  • 温泉の雰囲気

    3
    3
  • また行きたい

    3
    3
  • 部屋

    3
    4
  • 食事

    3
    3
管理人総合評価
3.4
3.4
とさせていただきました。

クチコミ(6件)6件中 1~6件 1ページ目

赤湯好山荘のおはなし

4.3
4.3
温泉
5
温泉の雰囲気
4
また行きたい
4
部屋
0
食事
0
2016/09頃に訪問

昔、地元の人たちはこの宿を今泉山荘と呼んでいた。


昭和30年代後半、
春夏秋はここの近所の幕川温泉にある宗教団体の修験場、
冬は赤湯好山荘で住み込みスタッフをしていた女性を、
諸事情の下で私の家に引き取り、同居することになった。
難病の胃腸障害を患った人で、
湯宿に住み込み勤務しながらの療養生活は4年に渡り、
お湯の力をもって全快したという。
4年間湯治生活をしたというのもすごいが、
「腐りかけた胃の腑」(本人談)が完治したというのは
ものすごい事だと思うのだ。

この人は6年間ほど離れに住んでいた。
ときどき、私の家族と昔話をしている場面に同席した。
赤湯好山荘の話も何度か話題になったことがある。
宿の施設にかかわるあらゆる事を、
自分たちでやってしまうすごい人たちだった というくだりと、
酸化する前の鉄泉がいかに胃腸によいか という話を、
印象深く記憶している。
赤湯好山荘の近くに地獄谷という場所があって、
ここの谷底にすこぶる強烈な強酸鉄泉が沸いていて、
この鉱泉を汲むために竹筒を何本も背負って谷を上がり下りしたという。
この女性は、その後地元の特老施設に入居して、
平成7年に82歳で亡くなった。
浅草生まれの江戸っ子で、入山の塩せんべいが大好物であった。

地獄谷の鉱泉を飲んでみたくて、
何度か好山荘の周囲をさまよったことがあるが、
残念ながら未だに見つけることができないでいる。

ちなみに、好山荘にいる黒いパグのような犬は、
その名をコジローという。
喜怒哀楽を表情に浮かべない犬で、
愛想のない温泉宿犬ナンバーワンと思われる。


16/12/27
17:01
に投稿

水芭蕉が自生しています

4.0
4.0
温泉
4
温泉の雰囲気
5
また行きたい
5
部屋
3
食事
3
2016/04頃に訪問

4月末に宿泊しました。
皆さんがおっしゃるように、宿泊者専用の貸切露天風呂の豪快な造りと、そこからの自然に溶け込むような壮大な景色は本当に見事です。
この日は季節外れの寒さでまさかの雪見(むしろ吹雪)露天風呂に。
この時期に雪が見れるとは思わなかった。嬉しいサプライズでした。

ほんのり白い硫黄泉と赤褐色の単純泉の2種類が敷地内に自噴しており、湯船までパイプで直送、なんともうらやましい環境です。
敷地内には水芭蕉が自生しており、これからの時期は遊歩道のハイキングも楽しめそう。

旧館はかなり年季の入った山小屋風の建物でトイレは男女兼用と、昭和の雰囲気が濃厚でおせじにも綺麗とは言えず、好き嫌いは分かれそう。
自分はどちらかというと・・・


もうね、最高。


建物の雰囲気・豪快な貸切露天風呂・心がほんわかする手書きの貼紙、
そしてGWでも1泊2食付で9000円未満という格安さ。
こういう宿を待っていた!!


そうそう、ブルドック似のワンちゃんはパグという中国犬だそうです。
ピョコピョコ歩き回る姿がとてもキュート。

16/05/01
21:08
に投稿

ある意味敷居が高い宿です。

4.5
4.5
温泉
5
温泉の雰囲気
5
また行きたい
5
部屋
3
食事
0
2014/08頃に訪問

最初に言います。
ホテル、13000円以上の宿にしか泊まらないと言う方、各種汚れを気にする方、各種建物の粗を気にする方、客室に露天風呂が付いているような宿が好きな方、田舎のお年寄りが苦手な方、夜一人でトイレに行けない方(笑)・・・
この宿はオススメできません。
しかし オイラは大好きです。!!

11月末に訪れたのですが、雪まみれでしたよ。
秋 乗用車で訪れる際は、冬用タイヤが必需品です。

赤湯は言わずもがな素晴らしいのですが、
宿泊者専用!?宿泊棟の屋上にあるお風呂もナカナカいいですよ。
安達太良山を正面に
満点の星空を眺めることが可能!!
しかし!!夜になると館内の非常灯以外は消えるので、満点の星空を拝むには勇気が必要です!!
敷地内に野湯がありまして、野趣溢れサイコーです。
夜も入れますが、勇気が必要です。
オイラ 湯治棟に宿泊したのですが、調理器具が揃っていて鍋を作って食べました。
部屋の中はこたつと石油ストーブを完備
灯油の補充はセルフです。
10月の夜は異常なくらいに寒いので、石油ストーブを夜通しつけてましたよ。
宿の従業員(ご老体)の方々は気さくで、ついつい話し込んだりしました。
ロビーに囲炉裏があるのですが、館内の暗さで炭火の明りが妙に暖かかったです。

長くなりましたが、とにかく良い温泉に入りたい!!しかも やすく!!
って人は もってこいの宿ですゾ!!!

14/08/23
23:27
に投稿

響かず

1.7
1.7
温泉
3
温泉の雰囲気
1
また行きたい
1
部屋
0
食事
0
2014/08頃に訪問

鄙びた感じは苦手ではないのだが、ここはちょっと不気味過ぎて正直苦手だ。全て手造りでやるのは凄いことだと思うが、良く言えば豪快、悪く言えば雑である。注意書きや案内書きなどは全て赤ペンキ。怖い。看板犬はブルドック寄りの種類だと思うが見たこともないビジュアル。怖い。薄暗い中対応してくれた宿の方はニコリともしない。怖い。そもそも全体的に醸し出す雰囲気が怖い。風呂に入る前からメンタルをくじかれ、あまり落ち着いて入れなかった。
赤湯の内湯はぬるく土感たっぷり。雰囲気さえ良ければゆったり浸かれただろう。男湯には露天が引っ付いているが女湯にはないようだ。また少し離れたところにある露天は微かに硫黄の香る泉質だがそれまでの精神的ダメージを引きずっているのか長居はできなかった。ちなみに単純に泉質だけで言うと内湯の方を売りにしている印象だ。
好みの問題だと思うが妻もここは雰囲気がちょっと、という感想。異議なし。

14/08/16
18:44
に投稿

フリーダムな感じの宿

4.0
4.0
温泉
4
温泉の雰囲気
4
また行きたい
4
部屋
0
食事
0
2014/07頃に訪問

すごくぼろい。見るからにパンチがきいている。木材やとたんが投げ出されている感じ、手作り感が半端ない。外の硫黄っぽい露天、内湯は土色の湯と、全く違った風呂が楽しめる。東北のいいところに来たなあ!と思える宿だ。また行きたい。

14/07/17
10:48
に投稿

大好きな赤湯温泉

4.2
4.2
温泉
5
温泉の雰囲気
5
また行きたい
5
部屋
3
食事
3
2014/05頃に訪問

ここは、何と言っても、ご主人手作りの宿泊者専用貸切の露天風呂!!
季節によっては、星空を見ながら湯船に入り、ビールを飲むっていう過ごし方が最高です。

14/05/10
22:11
に投稿

クチコミの平均評価

3.7
5
1
4
4
3
0
2
1
1
0

マイリスト

※クチコミは、実際に利用した会員の方の投稿ですが、投稿内容には、個人的趣味や主観的な表現を含むことがあります。また、クチコミ投稿ルールに反するものは掲載いたしません。

この記事を見た人は以下の記事も見ています

このエリアで評価が高い宿・温泉

エリアから探す

スマートフォン版に戻る