秘境温泉 神秘の湯

トップ 四国 徳島県 大歩危・祖谷・剣山 祖谷温泉(いやおんせん) 祖谷温泉 和の宿 ホテル祖谷温泉

祖谷温泉 和の宿 ホテル祖谷温泉

徳島県三好市池田町松尾松本367-2 マップ

分類
  • 掛流
  • 循環
  • 加温
  • 絶景
  • 露天
利用
  • 日帰り可
  • 宿泊可
宿情報を編集する
祖谷温泉 和の宿 ホテル祖谷温泉

ケーブルカーで行く!谷底のドバドバフワフワ極楽温泉

訪問日
2005/03/07
最終更新日
2014/09/19
投稿者
しおり
  • 管理人総合評価

    4.0

    4.4

  • ユーザーの評価

    (16件)
    4.4

    4.4



日本三大秘境と言われる祖谷にある祖谷温泉は、松山自動車道三島川之江ICより車で約1時間ほど、その半分は山道という超秘湯。
三大秘境、後の2つはというと「白川郷」「椎葉」である。

温泉へ向かう山道、スピードが出ずトロトロと走っていると超スピードで追い越していく車がいた。
前に車が走ってくれると楽にある程度スピードを出す事ができる。後ろをくっついて行き、宿に到着、するとそちらも到着。
やはり山道を走りなれた宿の方だったようだ。

宿は近代的なしっかりしたもの。場所的に木造の鄙びた宿ではもたないだろう。
薄茶色の壁に瓦で出来た屋根の和風のホテルは秘湯という色に染まり、景観を壊す事なく建っている。
  • ロビー
  • お土産屋さん

ロビーは必要最低限の広さ。
ロビー奥はガラス張りとなっており渓谷が一望できる。
ガラス張りとなっている前には椅子とテーブルが並び、ここで朝食を食べれるという。想像するだけでいい朝を迎えられそうだ。

1泊2日2名中1人の値段  金曜日泊 8畳+2畳 15750円+入湯300円

  • 部屋
  • 部屋からの景色は・・・

今回祖谷温泉を予約したのは2日前だった為、最後に残った1室への宿泊となった。
部屋へ入ってみるとなるほど一番悪い部屋なのが一発で納得。

部屋には大きな窓が付いておりそこから渓谷が一望できるのだがこの部屋は外にあるロープウェーの前・・・。景色が見えないわけではないが少し残念。しかし2日前で部屋が最後の1室残っていただけでも運が良かったのだろう。
ここ祖谷温泉はこんなに秘湯だというのに携帯電話が使える。秘湯にきて電話が使えるというのはいいのやら悪いのやら・・。

  • 浴衣・タオル・ハブラシ
  • 茶菓子・お茶セット
  • テレビ・電話
  • トイレ(ウォシュレット付) 洗面所

早速お目当ての掛け流しの露天風呂へ。寒い寒いと聞いていたがいかがなものか・・。

  • ケーブルカー
  • ケーブルカーの中

ロビーより外へ出てケーブルカーへ乗り込む。ケーブルカーは一度に17人まで乗れ、大き目のもの。
乗り込むと宿の方に「一番前へ座って出発ボタンを押してください」と言われる。どうやら自分で操作して下まで下りるようだ。

一番前に座るとジェットコースターにでも乗ったような錯覚に陥りこのまま落ちたら怖いだろうな・・などという良からぬ想像をしてしまう。しかし景色はすばらしく遠くには川、周りは大自然が広がりこれを見るだけでも一見の価値がある。ケーブルカーが下まで下りると川沿いに建つ小さな小屋へ着く。

  • 入り口
  • 暖かい脱衣所
  • 露天風呂横の脱衣所

脱衣所は暖かく、暖房がきいていて設備も新築なだけにとても整っている。そこからさらに階段で下まで行くと下で着替える事もできるように下にも脱衣所がある。

アロマのような心落ち着くやさしい湯

女性用露天風呂

去年までは混浴の露天風呂が1つのみだったのが、台風で流され新しく女湯を追加して復活したそうだ。という事で今は男女別に各1つずつ露天風呂がある。 源泉は女湯の露天風呂横にある脱衣所下より湧いており超新鮮なわけだ。
さて、入浴の感想はというと思ったよりもあたたかく辛いほどではない。湯船の中でじっと動かずいるとジワジワと身体があたたまってくる。飲んでみるとまろやかな硫黄味に硫黄臭がする。
露天風呂からは荒々しい岩肌と綺麗な緑色の川が見え美しい。 昔はここの川へ魚が沢山いたらしいが温泉を掘ってからはまったくいなくなったそうだ。魚は硫黄の匂いがダメなのよね~と仲居さんが少し得意げに話していたのがおもしろかった。

男性用露天風呂
  • ドッバドバの源泉
  • 身体が泡だらけ

源泉の投入量は多く、ドバドバ。それもそのはず毎分1500リットルが自噴で湧き出している。
身体には気泡が多数付きあっという間に身体が真っ白になる。
浴感は泡付きのせいでヌルヌルし、山梨に多くみられる湯と似ていると感じた。

  • ケーブルカーまでの階段
  • 待合室

露天風呂から上がるとケーブルカーは見当たらない。ケーブルカーが来るまで待つこととなった。
そういった事もキチンと考慮し暖かい待合室が用意されている。椅子がならんでいるだけだがこの極寒の中、とてもありがたい。

  • 皮付筍かきあげ
  • 前菜
  • ふろふき大根

露天風呂から帰ると食事の用意が始められていた。
仲居さんが食事前に気合を入れて説明してくれたのは「山なので山の幸にこだわっている。刺身とか出せば楽に綺麗にできるけど山の幸で綺麗に彩るのに板長は苦労している」という事だった。
たしかに、一品一品手抜きのない料理、全て山の幸で彩られ、山で食べるとは思えないほどの上品なおいしい料理が食べきれないほどならんだ。

特に人気なのは豆腐。豆乳を沸騰させ、火が消えたらにがりを入れて13回ほど
かき混ぜる。そうすると濃厚な豆腐となり、それを醤油ベースのダシ汁につけて食べる。
やはり少し手間をかけおいしくできる豆腐は楽しさも加わりおいしく感じた。

  • 猪鍋
  • 湯葉・こんにゃくの刺身
  • 豆乳鍋
  • あめご塩焼き
  • 祖谷そば
  • とろろご飯
  • 季節の果物

あえて言えば蕎麦がいまいち。関西方面で蕎麦は食べるなと聞くがたしかにこれは蕎麦ではないというほどの代物。うどんにすればいいのに・・。とか思ってしまった。
その蕎麦以外の料理は全て絶品。今まで色々な宿で食べたが相当レベルは高いと思う。

  • 内湯 男女の造りはほぼ一緒
  • シャワー・カラン

食事の後内湯へと行ってみた。宿の方の話だとこちらは加熱の掛け流しの塩素も入っていないという話しだった。けれども・・・・残念なことに見たところ塩素入りの循環。

私は夜入浴したのでわからないがガラス張りにお風呂の名前は「展望風呂」景色は満足できるものと想像できる。カラン・シャワーは豊富にありシャンプー・リンス・石鹸が用意されていた。

  • 内湯の脱衣所
  • お茶が用意されているのが嬉しい

脱衣所にはドライヤー・化粧水・乳液が備えられている。
隅々まで綺麗に掃除がしてあり、鍵付きのロッカーもある。
脱衣所を出ると冷たくひえた枇杷茶が用意されている。こんな細かい心使いも嬉しく感じる。

  • シンプルな食事と飲むヨーグルト、雑炊
  • 食後のコーヒー
  • 食事処

朝ごはんはシンプルでヘルシー。特に雑炊は朝の弱いお腹にやさしく味付けも良い。朝食事の席が残念ながら窓側ではなかったが食事後眺めに行った。窓側で外を眺めながら食事ができたら最高だろう。コーヒーはお代わりし放題、無料サービスで食事何処の真ん中に用意されている。部屋へ持って帰ってもいいかと聞くといいですよ、と快く承諾してくれた。私にはこの朝のコーヒーが重要なのだ。しかも無料で飲めるというのはものすごくありがたい。

祖谷温泉からの景色

祖谷温泉は秋にはすばらしい紅葉を見ることができ、秋の予約は約半年前からいっぱいになるとの事。この景色が紅葉に変わったら・・と想像すると人が押し寄せるのも頷ける。

四国は掛け流しの温泉が大変少なく、特徴のある湯も少ない。そんな中で加熱もせずこれだけの絶景を眺めながら極上な湯に入れるというのは貴重だ。
今回四国旅行で12箇所の温泉へ入ったが、ここ祖谷温泉が特に気に入った。

四国へ来てまず思った事
屋根がほとんど瓦で出来ており、木造の木は黒い。和を意識した家や建物が多く感じた。ここへ来る途中には近代的な街中、マンションの屋根までも瓦。これはちょっと他の地域では見ない四国特有の色だと思う。

祖谷温泉 和の宿 ホテル祖谷温泉の評価はこちら!

  • 温泉

    5
    5

    極上湯

  • 温泉の雰囲気

    4
    5
  • また行きたい

    4
    5
  • 部屋

    4
    3
  • 食事

    4
    4
管理人総合評価
4.4
4.4
とさせていただきました。

クチコミ(16件)16件中 1~10件 1ページ目

露天風呂に行かなきゃ意味がない

3.0
3.0
温泉
3
温泉の雰囲気
2
また行きたい
4
部屋
0
食事
0
2016/06頃に訪問

特に予習もなく,祖谷渓ドライブの途中で立ち寄り湯.露天風呂1700円の値段にびびってしまい,内風呂に入浴.
 結論.ここまで来て露天風呂に入らなければ何の意味もない.1700円なので,ちょっと立ち寄りの湯客も来ず,静かに良泉を愉しめるのではないでしょうか.返す返すも惜しいことをした.後悔なさらないよう・・・ とは云え,高い・・・

17/05/14
21:32
に投稿

秘境な秘湯

5.0
5.0
温泉
5
温泉の雰囲気
5
また行きたい
5
部屋
0
食事
0
2016/07頃に訪問

この温泉は、ある意味卑怯だ(笑)
日本三大秘境というロケーションは
意味もなく興奮する。車一台がちょうど通れる
くねくねした、その道程もまたしかり。
ケーブルカーで降りていく入湯手段も。

すべてが秘(笑)

湯はややぬるめだが、すばらしい泉質。
山梨の湯を彷彿させると誰かが書いていたが、
僕も山梨の奈良田温泉に似ていると思った。

遠いが温泉好きなら、絶対いっておくべき温泉だろう

16/07/22
10:15
に投稿

寝て浸かりたいアワアワ湯

4.7
4.7
温泉
5
温泉の雰囲気
5
また行きたい
4
部屋
0
食事
0
2015/10頃に訪問

車を走らせ、日帰り入浴をするために訪問(*・∀・)ノ

10月末に行きましたが、寒かった。
女性浴場は(男性浴場分かりません(*´・ω・))
浴槽の近くに脱衣スペースがあります。

が、そんなことも知らず
浴槽に続く階段の手前で着替えてしまい
震えながら温泉へ浸かることとなりました(´TωT`)
...そして、帰りも同様。

結局3時間ほど入り、お湯は大満足!!
寒い季節はお気をつけください(*^ω^)

16/01/07
21:12
に投稿

泡緑の天女のベールに包まれる~春~

4.7
4.7
温泉
5
温泉の雰囲気
4
また行きたい
5
部屋
0
食事
0
2016/04頃に訪問

今年は大歩危駅周辺の桜が1週間程早く咲いたとの事で、祖谷の山桜も早く4月上旬既に満開、山肌を所々薄桃色に染め上げていました。露天風呂へ向かうケーブルカーを待つのにも、心地よい春の穏やかな風が吹き、静かなゆったりとした時間が流れていました。
ケーブルカーはもっと徐行するよう注意を受けたとの事で、倍長い時間をかけて昇り下りしていました。近々大きなバッテリーに交換するそうですけれど。

谷底にある露天風呂は、優しい硫黄の香りに包まれたヌルヌルの温泉。湯底は滑りそうな位ヌルヌルで、浴槽淵の石には白いドロドロとした湯の花が付着しています。白いモワモワとした湯の花に混じって、黒い粒も湯の花でしょうか?漂っていました。
飲んでみると、淡い硫黄の香りに薄く玉子味の甘く感じる美味しい温泉でした。
浴槽や源泉投入口や湯底には青石も使われていて、その影響も受け湯船全体の色は淡緑をしていますが、湯筒から出ている温泉の色は薄く白濁しています。39度程の源泉がドバドバと絶えることなく出続けており、湯面には水泡が立ちそれが微粒子の泡となり広がって、湯船全体は濁って見えるようです。
投入口付近が新鮮なため泡付きが早く多いですが、以外でもジッと浸かっていると、手足など薄グリーンの泡ベールで包まれてしまっています。身体を寝かせるとホワホワと浮いて、まるで羊水の中で浮かんでいるような・・こんな感じなのかしら?と胎内回帰してしまうような不思議な温泉。こんな素晴らしい温泉がこんな谷底から湧いているなんて・・
眼の前の渓谷の所々に見える新緑と山桜を眺めながら飽きることなく温泉に包まれていました。 山肌に霞む山桜は湯のベールの隠し絵のよう、ふいにキラキラと桜の花びらが風に舞い踊り、陽春に輝きながら降って行く姿が綺麗でした。

阿波池田の町は、手打ちうどん定食・コーヒー付きで何と600円という感激の美味しいうどん屋さん(一福停:日曜休み11時前~14時頃)や、酒の蔵元が2軒もあったり、うだつのある古い町並みを名物の羊羹を食べながら散策したりとなかなか楽しめる田舎町です。今回もお気に入りのあわの抄に泊まり、祖谷温泉は日帰りで利用します。
阿波池田駅から大歩危駅までは30分程、美しい緑の吉野川に沿いローカルなワンマン電車が走ります。祖谷温泉からは、大歩危駅10時過ぎ迎え、帰りは3時という無料送迎をしてくれるので日帰り入浴(1700円)を楽しむ事ができるのが嬉しいです。運転手さんは親切で祖谷渓谷の観光をしてくれながら、約30分のクネクネ山道を走ります。
観光として、祖谷温泉から徒歩3分程の所には有名な小便小僧の銅像が建っています。
かずら橋も祖谷温泉からでもバスで行ける所にあります。祖谷は大変山深く、平坦な所は道路沿い位で、山の中腹に民家が建っているのに驚きました。ぐるっと周囲は全部山ばかり、祖谷村も日本の原風景の1つで、なかなかこういった所も珍しいのではと思います。 

15/12/28
20:40
に投稿

渓谷に佇む和モダンな温泉旅館

4.4
4.4
温泉
4
温泉の雰囲気
5
また行きたい
5
部屋
5
食事
3
2012/06頃に訪問

祖谷(いや)は破れた平家が逃れた地。そう思うからか、何とも鄙びた雰囲気が漂います。祖谷温泉にある一軒宿で、悪路のため車で行く方は相当な覚悟をして行って下さい。ホテル専用のゴンドラに乗って渓谷の中にある露天風呂に向かうのですが、これがなかなか楽しいです。湯に浸かりやや激しい川の流れを目と耳で堪能できます。湯は炭酸が含まれており皮膚に小さく付く泡が気持ちいい。ぬるめのお湯だし、成分もそんなにキツくないから長く浸かれます。谷底の大自然に包まれ、肌触りのより綺麗なお湯を身にまとい、いつまでもそこに居たいと思うほど…。あの道じゃなかったらまた行くのに…(^-^;

15/12/15
00:36
に投稿

紅葉もきれいでした

4.7
4.7
温泉
5
温泉の雰囲気
4
また行きたい
5
部屋
0
食事
0
2015/11頃に訪問

日帰りで朝一番でこちらへ

ケーブルカーで紅葉を眺めながら、ワクワクの移動でした。
温泉は、ヌル〜くていつまででも入っていられる。 のんびりと浸かっているには、最高の季節と最高の湯温でした^_^

四国に来る時にはまた立ち寄りたいなぁ

15/11/08
11:47
に投稿

野趣満点の露天風呂

5.0
5.0
温泉
5
温泉の雰囲気
5
また行きたい
5
部屋
5
食事
5
2014/01頃に訪問

● アクセス
連日の寒波で毎朝積雪。
四国のレンタカーは冬タイヤ未装着。
宿は雪でも標高の低い下の国道まで降りれば
大丈夫との案内で起伏が少ない北側から毎朝迂回。
● 温泉
湯量が豊富で温度が低い露天風呂では
特に冬場は最低でも一時間以上の入浴時間が必要。
それでも脱衣所までの往復は寒いです。
● 料理
山奥にも関わらず秘湯を感じさせない献立で
大変美味しかったです。

15/10/23
21:26
に投稿

アクセスの良い秘湯

4.7
4.7
温泉
5
温泉の雰囲気
5
また行きたい
4
部屋
0
食事
0
2015/10頃に訪問

大阪から日帰りで行ってきました。

泉質は皆さんがおっしゃられてるように抜群に良いです。
硫黄の良い香りがする温泉です。
露天風呂に洗い場がなかったので、洗われるのでしたら
内湯から入られるのもアリかなと。

道が相当険しいと思っておりましたが、
最寄の井川池田IC降りてから、国道32号を進んで、
県道32号で行くのですが、道幅が狭くなってから
10kmがやや走りにくいかなというくらいで、
奈良や和歌山の峠道と比べると格段に走りやすかった印象でした。
普通に乗用車が運転できる技術があれば余裕でこなせる道ですね。
最寄ICからあの距離であの泉質が味わえるというのは魅力です。

日帰りでケーブルカー利用料込一回1700円で行くなら
泊まりでケーブルカー&露天風呂入り放題の方が得かなと感じました。

15/10/12
10:21
に投稿

今まで3回、日帰り入浴で訪問しています。

5.0
5.0
温泉
5
温泉の雰囲気
5
また行きたい
5
部屋
0
食事
0
2012/06頃に訪問

迫力あるケーブルカーに乗車できるのも、このお宿ならではの、醍醐味、日本三大秘境の大自然の中で入浴する、ぬるま湯の極上湯は、何とも言えません。

15/08/26
03:15
に投稿

ツルツル感が半端ない

5.0
5.0
温泉
5
温泉の雰囲気
5
また行きたい
5
部屋
0
食事
0
2015/07頃に訪問

ケーブルカーに乗って降りる川そばの湯
1度泊まってジックリ また浸かりたい湯です。
立ち寄り湯で寄りました。
駐車スペースは立ち寄りには無く 曲がりくねってる
一本道に みんなで路駐して入りにいきます。
小便小僧から谷を見た後 ケーブル乗ると感慨深いですよ。
私の中で 四国1の美肌の湯温泉です。

15/06/16
22:42
に投稿

クチコミの平均評価

4.4
5
9
4
5
3
1
2
0
1
0

マイリスト

※クチコミは、実際に利用した会員の方の投稿ですが、投稿内容には、個人的趣味や主観的な表現を含むことがあります。また、クチコミ投稿ルールに反するものは掲載いたしません。

この記事を見た人は以下の記事も見ています

このエリアで評価が高い宿・温泉

エリアから探す

  
スマートフォン版に戻る