秘境温泉 神秘の湯

トップ 北海道 北海道 道南 二股ラヂウム温泉 二股らじうむ温泉

二股らじうむ温泉

北海道山越郡長万部町字大峯32番地 マップ

分類
  • 掛流
  • 露天
利用
  • 日帰り可
  • 宿泊可
宿情報を編集する
二股らじうむ温泉

巨大石灰華ドームを眺めながら入る露天風呂

訪問日
2015/10/19
最終更新日
2015/10/23
投稿者
しおり
  • 管理人総合評価

    4.0

    4.0

  • ユーザーの評価

    (4件)
    3.2

    3.2



二股らじうむ温泉は道内で5か所しか確認されていないという珍しいラジウム泉です。
その他4か所の温泉名は ①薫別温泉、②モッタ海岸温泉、③幌内温泉、④臼別温泉
だそうです。
他のページにも書きましたが、ラジウムについては私はあまりわからないので湯の良さを中心に紹介したいと思います。

二股らじうむ温泉は湯治で来ている方が多くこんなに山奥で平日なのにこんなにも混んでいるものか、と驚くほど人気があります。

旅館の外観は結構あたらしく築20年以内ぐらいかな?という感じです。

ですが館内に入ると薄暗さと昔っぽい赤い絨毯のせいでかなり古い建物に入ったかのような気がしてしまいます。

受付の横に券売機がありそこでお金を払います。
入浴料金は1,030円とかなり高めです。

券売機には「従業員はお金に触れません!」という張り紙があり、何かあったのかしら、、なんて勘ぐってしまいました。

  • 脱衣所

お風呂は沢山ありますがほとんどが混浴です。
女性用は小さな内湯と露天風呂のみ。とても人が多く入りにくかった事もあり今回私は女性用のみに入りました。

炭酸をしっかりと感じるこってり湯

小浴場(混浴) 源泉かけ流し pH7.1(中性) 源泉温度41.8度 浴槽温度38度

こちらは女性用内湯とほぼ同じつくりの隣に位置する混浴の小浴場の写真です。
湯の表面のマクがとても印象的で析出物がべったりとついた浴槽といいこってり感いっぱいです。

小浴場の方はそんなに混んでいなかったようですが女性用の方はとにかく人がいっぱい。。
浴槽の奥へ行くと120センチの深さがあり立って入るのですが、立っているのも落ち着かないし人の多さも落ち着かないしであまり湯をじっくり堪能するといった感じではありませんでした。(T_T)

ぬるめでいつまでも入って入れそうな感じなので皆さん長湯で入ってくる人はいても出ていく人は少ないんですよね。

浴槽はぬるい湯(37度ぐらい)とあたたかい湯(40度ぐらい)の2種類、女性用ではあたたかい湯が人気でした。

湯はわずかに甘い鉄の香りがし炭酸、塩分、ダシ、エグミ、苦みといった複雑な味がしました。

キュッキュとした浴感で湯上りは炭酸のせいか爽快感があります。
ちょっと水分を持っていかれる感じもあって肌は乾いていました。

シャワーやカランはなく、湯だまりから湯をすくって身体を洗います。
ホースからは炭酸水と真水が出ていましたが、「水分をとってください」という張り紙があるので飲めるようです。

  • 湯の表面のマクを撮ってみました
  • 浴槽の奥は120センチと深いです

大浴場(混浴)

大浴場はとても広いです。
入っている人たちはじ~っと目をつぶって湯を味わっているような方ばかり。

これぞ湯治場という雰囲気です。

  • 湯はドバドバと投入されています
  • 湯船の淵もこってり

露天風呂(混浴)

内湯の外には緑に囲まれた開放的な露天風呂があります。
二股らじうむ温泉の名物がこの露天風呂から見える石灰華ドームです。
以前から写真で見て一度行くぞ!と思っていたので「これこれこれよ~」
とかブツブツ言いながら眺めていました(*'▽')

まるで山形県にある広河原温泉の析出物を思い出すような凄まじい状態です。

混浴の方の露天風呂は浴槽が3つあったようでしたがこの日は雨。
屋根付の湯船以外には誰も入っていません。

しかしこの自然の中でこのぬるめの温度。
絶対アブが激しいだろうなと思います。アブの時期は要注意ではないでしょうか。

石灰華ドームの上に露天風呂が乗っかっているといった感じです。

  • 析出物でまるみのある湯船
  • こちらも湯量はドバドバ!

プールもありますが、プールとは言っても水着もバスタオルも禁止だという事なのでプールというよりは大きな湯船ですね。

  • プールの入口です
  • ロッカーがありました

日帰りで利用できる休憩室もあります。
私達は休憩室がある事を知らなかったので車の中で息子と待機して交互に入りましたが知っていたら休憩室で待っていたと思います。

二股らじうむ温泉は湯の質がとても良く、石灰華ドームの見応えがあって素晴らしい温泉でした。

ですが、とても残念な事に人が多すぎてゆっくり味わう事ができなかった事で
印象が薄い・・・・。
すごい温泉だとは思うんですけどね。。

二股らじうむ温泉の評価はこちら!

  • 温泉

    4
    4

    上質湯

  • 温泉の雰囲気

    0
    4
  • また行きたい

    0
    4
  • 部屋

    評価せず
  • 食事

    評価せず
    0
管理人総合評価
4.0
4.0
とさせていただきました。

クチコミ(4件)4件中 1~4件 1ページ目

客扱いは兎も角,泉質はバツグンの温泉

4.2
4.2
温泉
5
温泉の雰囲気
5
また行きたい
5
部屋
3
食事
3
2014/02頃に訪問

 2014年2月に訪問.

析出物で発達する石灰華ドームで有名な後志の温泉.公共交通利用だったので,長万部駅まで迎えに来て貰う.車は土禁であった.延々林道を走り,どこまで山の中に入っていくのだろう,と不安感を抱いた頃到着.既報のとおり,宿泊費も売店の買い物も,券売機で金券を購入して従業員に渡す方式.借金のカタに経営者が金融屋に代わり,従業員も「そういう」方々なので仕方あるまい.
 客室はいたって普通の旅館の部屋.肝心は風呂.いくつも湯室と浴槽があり,男女別の浴室もあるが,メインの大きな湯室は混浴.温泉プールも,石灰華ドームを見る露天風呂も混浴.泉質は濃厚そのものであり,是非とも一度は経験しておきたいものである.湯治客が多く,どの時間に行っても,多数の浴槽とも誰かしら入浴している感じである.
 食事は夕方が無闇に早い.夜遅くになると空腹に見舞われるが,買いに行くところなどあろうハズもない.

 この貴重な泉質の素である湯の花が売っている.持ち帰れば,自宅でもこの泉質を満喫できるので大いに勧めたい.ただし同じものが,温泉の売店よりも長万部駅のキオスクで買った方が安いという摩訶不思議.

17/07/02
22:05
に投稿

雰囲気はいいんだけど・・・・

3.7
3.7
温泉
5
温泉の雰囲気
4
また行きたい
2
部屋
0
食事
0
-1/11頃に訪問

結構有名な温泉のようだがおおむね各サイトのレビューどおり従業員や価格は余りほめられない。北海道の温泉とは思えない価格だったがそれは仕方がない。
温泉は申し分ないし雰囲気もすごくいい。ゆっくり泊まって堪能したい気はするが前述どおり躊躇してしまう感じのところである。

16/12/19
18:34
に投稿

半分混浴とは知らずに・・・

3.3
3.3
温泉
5
温泉の雰囲気
2
また行きたい
3
部屋
0
食事
0
2016/07頃に訪問

たまたま青森(青森100円温泉2回目入浴後)の帰り道の途中にカーナビで「二股温泉」と表示してあり昼食前に入浴しようと男1人で山道を行く。
道なりに進んで宿泊施設風な建物を発見!!

施設へ入り券売機で大人1人日帰りを1100円で購入する。

手荷物に貴重品があり、受付のお兄さんへ訪ねてみるとキーロッカーが無い為に受付で預かります。と回答があり、小さなバスケットへ財布やキーを入れて名前を伝えて、預かり証にも名前が書いた紙を渡される。
その後、男性風呂は階段を一番下まで行くと脱衣所があります。と案内される。
聞いた通りに階段を下へ向かう。

脱衣所らしき所へ到着し、ロッカーへ着替えた衣類を入れて浴室へ・・・

内風呂は5か所区分けされて、源泉がながれている個所から離れると温度が低くなる感じでした。
プール風の鉄筋で囲まれた所に女性が2名!そこに男性も全裸でいる!

慌てて脱衣所へ掛けて戻り管理人風のお兄さんへ聞くと半分混浴と聞く!
再度内風呂へ行くと、男性は全裸だけどマナーを守って入浴していた。
自分も内風呂で汗をかいて露天風呂へ向かう。
女性の方へ挨拶を交わし(女子の)露天風呂へ入浴する。
すると、年配の男性が先に3人入浴して、自分の顔を凝視している。

その方を気にせずに崖をみると、鍾乳洞みたいな崖棚が出来ていた。
その綺麗な風景に魅了する。その後、内風呂へ戻ると男性4人新たに入用中。
目を閉じて黙って入浴している。

レポート通りな感じの温泉でした。女子は混浴2名のみでした。水着きてました~^^
感じが悪かったのが一部ありましたが、いろんな思いがあったのかと考えてます。

また行けたら、行きたいですね~^^;

16/07/25
00:56
に投稿

あの頃男性従業員が女性浴室に何度も・・

1.7
1.7
温泉
3
温泉の雰囲気
1
また行きたい
1
部屋
0
食事
0
2003/03頃に訪問

12年前になりますが男性従業員が何度も女性の浴室に入って来、塩素の数値を図っているようなので「エー・・」っていう感じで慌てて湯舟にもぐりましたが、30分もしないうちからまたやって来て、その時は若い女の子がいてその女性が「出て行って下さい」とはっきり言ってました。そうですよね!その通りだわ。あれはおかしい。どう考えたってどうして男性従業員なのよ。業務とはいえ男性を女性浴室に堂々といれさせるなんて!しかも塩素測ったばかりじゃん。どういう事、管理者は知ってるの?
ここは経営者が変わり、以前の二股ラジウム温泉は本当に良かったようなのですが、残念な事に経営を維持できなく手放し、確か温泉経営には全く関係ない業者が買い取って建物を新しくしてますが、スタッフの管理は全くできてないようですね。発券機に”従業員は触れない”などという張り紙があり、どういう事?と思われたのは、どうも従業員に手を出す人間がいるということなのでしょうね・・私が行った時と何ら変わりはないなんて驚きとがっかりです。

15/10/24
22:25
に投稿

クチコミの平均評価

3.2
5
0
4
2
3
1
2
1
1
0

マイリスト

※クチコミは、実際に利用した会員の方の投稿ですが、投稿内容には、個人的趣味や主観的な表現を含むことがあります。また、クチコミ投稿ルールに反するものは掲載いたしません。

この記事を見た人は以下の記事も見ています

このエリアで評価が高い宿・温泉

エリアから探す

  
スマートフォン版に戻る