秘境温泉 神秘の湯

トップ おんせん掲示板 教えて!温泉について 「ああ!気持ちいい~!」と感動のお勧め温泉教えて下さい

おんせん掲示板

温泉を中心にから雑談まで取り扱っています。

全52件のトピック
掲示板の使い方、投稿のルール

「ああ!気持ちいい~!」と感動のお勧め温泉教えて下さい

sakura-hanako
50代
女性
の投稿
  • 作成
    2016/02/24
    00:01
  • 4631

いくつもの温泉の中から、皆さんが入られてこれは!という気持ちの良かった温泉を教えて頂ければと思います。私の場合は、①湯の新鮮さ②やや熱め~適温③色と香りの3つがポイントになっているのかなあと思うのですが・・
長旅から解放されて真っ先に浸かった温泉。身体と心が解きほぐされて心底気持ちが良かった温泉。余りに浴感が素晴らしくていつまでも入っていたいと思った温泉。等々皆さんのお勧め温泉談を是非お聞かせ下さい。
ちなみに私はと言うと一番先に浮かぶのが、渋温泉大湯なのですが、何故なのでしょうかね。
考えるに、熱めの新鮮な湯に加えて泉質の良さが浴感となって肌に伝わってくる・・そんな感じでしょうか?湯舟から溢れていく温泉と湯けむりをいつまでもボーッと眺めていたっけ。
湯の新鮮さに於いては須川高原温泉の露天風呂は源泉間地かで凄く気持ちが良かったです。
そして新鮮で多量な源泉といえば、大迫力の湯滝を打たせ湯として滝つぼに入る川原毛大湯滝、あの爽快感は感動的でした。
それからヒバと硫黄の香りがたまらないのが、鶴の湯の内湯と鳴子温泉の滝の湯。たっぷり掛け流される真っ白な硫黄泉に青森ヒバの香りがミックスされて、クンクンあーいい匂い~と何度も呟いていたような、これぞ温泉としか言いようがない感じですね。
あと、雪山を眺めながら入る孫六温泉の女性用露天風呂。混浴の方はイマイチでなんか入って気持ち良さが違うのです。
浮かんで来たのはこんなところですが、皆さんはいかがでしょうか?

16件のコメント

1: アルカリ性の温泉が大好きです

sakura-hanakoさんはじめまして、えけまると申します。
須川高原温泉の露天風呂いいですね、あの綺麗な水色は実に見事です。
鳴子温泉の滝の湯の青森ヒバの香り、自分もクンクンしました(笑)。
熱めの湯もいい感じです。

自分はアルカリ性の温泉が好きで、特にニュルニュルさが強ければ強いほどテンションが上がります。

ぬる湯の湯岐温泉・交通アクセス抜群の弘法不動の湯・グロテスクな湯の花(笑)の羽根沢温泉などのニュルニュルさが好きです。
「下の岱温泉 旅荘やまの湯っこ」も営業再開していたら行ってみたい。

今までで一番ニュルニュルだった温泉はというと・・・
台湾東部の知本温泉にある「名泉旅遊山荘」、ここに宿泊して入る部屋風呂のニュルニュルさと気持ちよさは異次元。あの星山温泉よりも上。
あたたかいスライム状の膜に体が包まれているかのような感触が味わえます。
台湾の温泉地の部屋風呂は日本と異なり基本温泉付きなのがいい。
日本は部屋風呂に温泉使用は錆びたり配管が詰まったりで敬遠されがちだけど、台湾はおかまいなし(笑)
ちなみに露天風呂も開放感抜群で素晴らしいです。

えけまる
2016/03/31
22:28

2: ヌルトロ温泉大好きです

えけまるさん色々教えて下さって有難うございます。
全部知らない所ばかりだったので、早速ホームページで一つ一つ楽しみに調べさせて頂きました。私もアルカリ泉大好きなので!
どの温泉も行ってみたいのですが、6月に仙台から山形方面への旅行を計画していて温泉旅館を捜していたので、教えて頂いた中から羽根沢温泉へ行かせて頂こうかなと思っています。
サクランボ目当てもあって行くのですが、この時期銀山温泉も肘折温泉も1人宿泊は受付てくれなかったので、調度良い所教えて頂けて嬉しいです。行って来まーす。

大阪から高速バスや関空からLCCを利用しての格安温泉旅をしています。皆様方から‟これは!”というお勧めの温泉聞かせて頂けたら、いいなあ~と羨ましがりつつ、何とかしていけないものかと公共機関での行き方を練ってみるのが楽しみです。感動された温泉、是非聞かせて下さいませ。

sakura-hanako
(トピ主)
2016/04/01
22:26

3: 羽根沢温泉いいですねー

羽根沢温泉に興味を持っていただけたようでとても嬉しいです。
肘折温泉や銀山温泉と比較するとかなり小規模な温泉地ですが、
シブい共同浴場と落ち着いた雰囲気が大変気に入っております。
ここの共同浴場の気色悪い(笑)湯の花は必見です。

あと羽根沢温泉の松葉荘は源泉に一番近いのでお湯の鮮度が良く、1人利用でも1泊2食で9000円台と安く料理も美味しい。さらに部屋食なのでとてもリラックスできてオススメです。
お湯は月岡温泉のような独特な硫黄臭に加え、ローションのようなニュルニュルさが心地良く湯船から出たくなくなります。
自分はすっかりここが気に入り、毎年訪問しております。

山形県は至る所に温泉が湧き出していて、湯巡りが楽しい場所ですね。
温泉旅行楽しんできて下さいませ。

えけまる
2016/04/03
19:49

4: 福島の温泉行きたいけど遠く・・

えけまるさん、有難うございます。松葉荘がいいかなと思ってましたので決まりですね!必ず共同温泉も行きます!関空からピーチで¥2000で仙台空港まで行き、羽根沢温泉で宿泊後は山形から蔵王温泉を周る予定です。
福島もいっぱい良い温泉があって紹介して頂いた所も行きたいのですが、何せ車の運転ができないのでなかなか難しく、5月の計画ではピーチ¥3000で成田まで飛んで、奥鬼怒~塩原温泉郷を巡るのが精いっぱいです。でも福島はまた改めて行ってみたいです。
海外には何だかスケールの大きな温泉があるんですね。たまに雑誌などで見かけた事はありますが、実際行かれてる方の写真や感想が聞けて良かったです。有難うございました。

sakura-hanako
(トピ主)
2016/04/03
22:51

5: 隠れた名湯ですが

山形の鶴岡市の離れた場所に、湯田川温泉という歴史ある温泉地があります。
と言っても、平日に行ったせいか観光者はほとんど見ません。忘れられた温泉地という感じです。

そこに正面湯という外湯があります。そこは今まで行った温泉の中でも不思議な香りで、薬のような、薬効のありそうな何とも言えない感じでした。お湯もかなり新鮮で、隠れた名湯という感じでした。

湯上りのさっぱり具合もこれまでにあまり経験が無く素晴らしいお湯なのですが、あまり知られていない場所なのではと思っているのですが、行った方はいるでしょうか?

湯田川温泉は1000年くらい前に開湯した歴史ある場所らしいです。興味ある方はぜひ行ってみてください。

織戸 理
2016/04/08
13:37

6: 源泉温度が適温のため新鮮さが違うのでしょうか?

織戸さん教えて下さって有難うございます。
早速湯田川温泉のホームページ開いてみました。独特の薬のような香りと書かれていらっしゃったのは、おそらく芒硝泉(硫酸塩泉)の香りなのではと思います。
行かれたことがあるかも知れませんが、私が行った中では鳴子温泉の旅館大沼もかなり薬草のような芒硝泉独特の香り強い温泉でしたが・・
織戸さんが感じられたのは私の想像とはまた違った香りなのかも知れませんが、こればかりは行って感じてみなければ解りませんよね。
そして湯田川温泉の優れているのが源泉温度が41~42度というところ。なかなか源泉温度そのままで適温という温泉は少なく、そのため新鮮なままで投入されているというのが気持ち良さにつながっているんだと思います。きっと湯量もそこそこあるのでしょうね。
また、外湯(共同湯)を持つ温泉というのは間違いないですよね。入ってみたいです。

アクセスも仙台空港からでも高速バスで行けるので私的にはOK.ただ同じ山形でも今回の温泉旅行の中では、羽根沢温泉とは3時間程離れているlのでちょっと時間的に無理でしたが、また機会を作って行かせてもらえたらと思います。有難うございました。

sakura-hanako
(トピ主)
2016/04/08
18:22

7: 山形県情報も参考になります。

振替って考えると、岩手県、秋田県は比較的動いていましたが、山形県も貴重な情報です。
ありがとうございます。

Eugene
2016/06/22
20:02

8: 間欠泉も感動的

有名な湯ノ沢間欠泉は、入浴しながら湧き上がって来る間欠泉を待ち、そして吹き上がってきたらキャアキャアと童心に帰って興奮するという感動的な温泉です。
私が入ったもう1つの間欠泉というのが、男鹿温泉にある雄山閣という旅館で、その内湯の温泉投入の仕方がなまはげの口から間欠泉が横飛びに吹き出てくるというものなんです。
ゴーゴーシューシューという凄い音と共に不規則的に間欠的に噴き出す温泉が自然の間欠泉なのか、もしくは人工的になされているものかが解らす仕舞いでいるのですが、もし天然のものなら感動的だと思います。
ここでEugene様にお願いがあるのですが、東北を周られているとの事、もしも行かれる機会が御座いましたら確かめて頂き教えて頂ければと願います。トピでも立てたのですが解らず仕舞いで・・
露天風呂もベージュの析出物で彩られた曲線フォルムの素敵な湯舟が、和モダン的な浴室にとても綺麗に映え感激した印象があります。
いつかもしもという話ですので決してご無理はなさらないで下さい。いつか私も行くかも知れませんし・・もし皆様の中でお判りの方いらっしゃいましたら是非お教え願います。

sakura-hanako
(トピ主)
2016/06/23
23:05

9: 貴重な体験談、いつもありがとうございます。

早速、鬼首温泉卿の吹上温泉に行ってきました。
滝の温泉の迫力に驚きでした。これからも貴重な情報よろしくお願い致します。

Eugene
2016/06/24
10:53

10: 羽根沢温泉行って来ました!

えけまる様、教えて頂いた羽根沢温泉松葉荘へ宿泊して来ました。
えけまる様が言われていた通りヌ~ルヌル。無色透明の綺麗なお湯ですっかり気に入ってしまいました。ちょっとびっくりだったのが香りで、ここは東鳴子?と一瞬錯覚するようなコールタール臭が・・昔石油を採掘していた時に偶然湧きだした温泉だそうですが、東鳴子~羽根沢~水沢~新屋温泉と湯脈が一緒だったりして~何て訳ないですよね。でも翌朝は余りそう言った香りがなかったので、日によって違うかも知れません。
そしてもう1つ、えけまる様が感動してらっしゃった大きな湯の花ですが、何とネットで受けられてしまってました。共同温泉には黒い湯花が、松葉荘では灰色の湯花が網の袋にずっしりと溜められてしまっているではありませんか!?女将さんに何故なのか聞いてみたら「やんべぇねから」湯の花がまるでヘドロのようにドロドロしていて、綺麗に舞い散る湯の花ではなく気持ちが悪いため、羽根沢温泉では何処もネットで受けているとの事でした。
源泉噴出口が松葉荘の浴室のすぐ裏で、そこから他の旅館2軒と共同浴場1件に引いているそうですので、松葉荘の大浴場が一番源泉に近いっ!と言う訳ですね。
湯花が灰色なのに、何故温泉は無色なのか疑問です。共同浴場の湯舟は黒い湯のように見えますが、共に湯そのものは透明です。女将さんいわく日によって湯の花の色や量も全く違うそうで、温泉ってホント生き物ですよね。
PH8.4となってますが、ヌルヌル感は10はある感じで、飲むとうっすら塩味と優しい玉子味、そしてダシ味?というのでしょうか飲みやすく美味しい温泉でした。
夕食は仙台で修行された3代目の御主人が創られる、手作り感と季節感満載の美しく美味しいお料理に、更にサクランボがグラス一杯に盛られていて大感激。そして運んで下さる奥様の東北弁の会話にも癒され、もう大満足させて頂きました。
夜は嬉しい事に近くの川で蛍が飛んでおり見に行きました。見上げると雲の切れ間には星が一杯広がっていて、一時期住んで居た長崎平戸のホタルと星空を思い出しました。
鮭川村にある羽根沢温泉は鮭が産卵に来る鮭川に近く、秋には鮭釣りが楽しめ、6月はサクランボ。新庄駅でも売られてましたがサクランボ狩りはする所がないので、さくらんぼ東根駅近の農園でしました。御主人一押しは新庄祭りがある8月24,25日で、花笠祭りよりお勧めだそうです。女将さんお勧めは春の山菜と冬の温泉。源泉が47度のため一番気持ち良いとの事でした。絶対そうだと思います!
インターネットで泉質の良さが広がり、最近は西日本方面からの客が多く土日はそこそこ賑わっているそうですが、潰れた酒屋さん等まだまだ寂れた感と田舎感が残っている温泉です。共同温泉は18時までで以降は地元の方が利用されます。
仙台駅から新庄まで特急バスが出ており、駅からは送迎もして下さいました。感動の羽根沢温泉と感動の松葉荘!また絶対行きます。えけまる様教えて頂いて有難うございました。

sakura-hanako
(トピ主)
2016/06/30
21:47

11: 清潔感に感動!

湯に対する感動だけではなく、感動と言えばその”清潔さ”に感動した温泉があります。
私が行った中ですが、1番に湯田中温泉よろづやの桃山風呂。
露天風呂の隅々まできっと清掃されていると思う位、砂やヌルツキ等全くなく安心して入れます。そして感心したのが、大浴場及び更衣室の整えや清掃に、こまめに訪れて下さり常にスッキリと清潔な環境で入浴できるというのはピカイチでした。歴史ある桃山風呂を守って行くという決意のようなものを感じさせられるくらい清潔に管理されている温泉でした。

2番目に日帰りですが蔵王国際ホテル。ホテルでありながら和風モダンな温泉は清潔に管理されており見た目も素敵でした。
同じく2番目に、鳴子温泉ゆさや旅館。清潔としてのイメージより”凛とした名湯”と言ったイメージの方が強いですが、気持ち良さは伝わってくるものがあります。

皆様はいかがでしょうか? ○○に感動!のお勧め温泉お教え下さい。

sakura-hanako
(トピ主)
2016/07/02
23:53

12: しゃぼん玉のような、美麗で絶品の湯

えけまる様に教えて頂いて、渋御殿湯の長寿の湯に入って来ました。
浴室の扉を開けると硫黄の香りが充満。浴室全てが木造りで、天井は硫黄成分で真っ白になっており大変良い雰囲気です。
東の湯には単純酸性硫黄泉の源泉浴槽が3つ、27℃と31℃と加温されたものがあります。
そして渋御殿湯ただ一つの絶品湯は、男性浴室にある31℃の湯舟で足元湧出泉の長寿の湯です。この湯に私も浸かる事ができ感動!してきました。
小さな湯舟の半分弱から、ポコポコとビー玉くらいの大きさの水泡が沢山、たゆまず湧き上がって来ています。浸かるとそれは何とも言えない心地良さ!湯温は思ったより温かくいつまででも浸かっていられそうです。目の前に広がっているのは、シアンがかったアイスブルーの美麗の湯。まるでしゃぼん玉の中にいるような美しく柔らかいその温泉は素敵で絶品!
日帰り入浴2000円で東の湯利用可能です。女性浴室には足元湧出泉はなく男性湯舟からの流れ湯ですので、どうしても入ってみたいと思われる方は宿の御主人と要相談(これもえけまる様に教えて頂きました)

sakura-hanako
(トピ主)
2016/07/28
21:26

13: 超しっとりスベスベに感動

感動の超しっとりスベスベお勧め温泉です。
①先日行った駒の湯山荘の女性用内湯。女将さんお勧めのその湯船は、入った初めは大き目の気泡がまばらに肌に見られるくらいなのですが、じっと浸かっていると何だか全身に厚みのある濃密ミストのような気泡がまとわり付いているようで??ヌルヌル感があり、上がった後は超スベしっとりという優れ温泉。‟こまの湯”という名で源泉を7倍濃縮した化粧水を作って発売しているそうで購入してしまいました。男性の若い常連客の方が「確かに肌が変わった」とも。   
この湯舟だけが、源泉投入の仕方が湯舟の中から行われているという事でした。

②塩原温泉湯荘白樺の泥湯パック+温泉入浴は、きめ細かな湯泥を洗い流してから湯に浸かります。するとキューッと肌に吸い付くような超しっとりした浴感!このしっとり感はどこの温泉にも負けないという感じがします。女将さんはきめ細かなスベスベお肌でした。

③蔵王温泉と渋御殿湯の酸性泉は浴後全身超スベスベ!それもかなり長い日にち続くように思います。酸性泉は爽快でもありますが、皮膚の角質も洗い流してくれているのか?肌が驚く程のスベスベ状態に変身していました。この2つの温泉へは比較的(2か月以内)続いて入ったためかも知れませんし、他の酸性泉でもそうなのかも知れませんが・・効果実感しています。

sakura-hanako
(トピ主)
2016/09/18
20:36

14: 雲上の露天風呂

長野にある秘湯を守る会の宿高峰温泉、標高2000m雲上の露天風呂に入って来ました。
詳細はマトチャン様のトピに書かせて頂いてますが、とにかく何が感動だったかって、その景観!目の前を遮るものが無く、遙か彼方に山を見下ろすかたちで入る露天風呂は、正にここにしかないロケーションではないでしょうか?宿の方もここの一番の売りはこの景観だと言われていましたが、四季折々季節を変えてまた行ってみたい、絶対入ってみたいと思わせる露天風呂でした。そして冬場にその露天風呂に浸かれたらラッキー。雲上の天国の温泉のようですよ。皆様も是非チャレンジして下さいませ、お勧めします。

桜hanako
(トピ主)
2016/12/23
20:11

15: 湯田川温泉行って来ました

以前織戸様からご紹介して頂いた山形の湯田川温泉へ行って来ました。
仙台空港から鶴岡まで高速バスが出ていて3時間、鶴岡からは宿泊のますや旅館に送迎をお願いしました。
着くや否や早速織戸様が言われていた正面湯へ直行。あれ?硫酸塩泉の緑っぽい濁り湯を想像していたのですが、透明・・香りも無臭・・あれあれ?温泉表示はナトリウム・カルシウム・硫酸塩泉となっているのですが・・泉質変わってきたのかなあ?硫酸塩泉独特の香りが全くしないなんて・・どうした事かしら?
源泉湯温は42.2℃で加水、加温無、源泉タンクに塩素は入れているとなっています。
正面湯の裏からこの湯田川温泉の源泉が湧出していて、そこから10軒の宿へ配湯されているそうです。無色透明無味無臭の温泉で、ナトリウムが入っているため良く温まりますが、PH8.7となっていてもヌルツキはなく浴感はサラリとしていました。20㎝幅の投入口からは源泉がドバドバと投入されており、その付近は黒っぽくなっていました。
国民保養温泉に指定されていて、共同湯は2つあり外来者は200円で利用、足湯が1つあります。正面湯は宿泊すると無料になり、鍵で開けて貰って入りました。
湯田川温泉は温泉街というものも何の景観もありませんが、割合小奇麗な宿が正面湯を中心にして寄り集まっているという温泉で、たけのこ祭りが有名でしょうか?
今回選んだ宿はリーズナブル(1人宿1泊2食8000円)な、ますや旅館。冬の時期新鮮な鱈料理を振る舞ってくれました。海に近い地域なので刺身も新鮮、タイの塩焼きや、鱈の白子も大きくて新鮮そのものでした。名物のあんかけ料理もグー、朝食も手作りの優しいお味でした。
若主人が裏山でタケノコを育てておられ、春には掘りたてのタケノコ料理を楽しみにして再訪したいなと思っています。
温泉は男女別内湯と檜の貸し切り湯があり、適温のかけ流しというのが嬉しいですよね。サラサラした湯がサラサラと湯舟より溢れていました。部屋を檜の湯の隣にしてくれてあり、24時間入浴OKだったので、何だか自分の風呂のような感じで入らせて貰えたのがとても良かったです。切り絵の宿でもあるのですが、大女将の手作り布製品やパステル画も楽しませて頂きました。お土産には裏山で採ったタケノコの缶詰というちょっと珍しい品を買って帰りました。
羽根沢温泉松葉荘によく似た家族経営のアットホームな温泉宿といった感じです。
画像2はますや旅館の檜風呂、3は鶴岡駅の列車で、これで動いてます

桜hanako
(トピ主)
2017/02/05
20:54

16: 雪のアルプス絶景とおびなたの湯

強アルカリ泉と溶存水素濃度日本一で有名なおびなたの湯。雪のアルプスと桜に合わせて行って来ました。4月末桜はもう少しでしたが、アルプスの絶景に感動。そしておびなたの湯の気持ち良さに感動して来ました。
白馬八方温泉というのは、このおびなたの湯近くの源泉から全て引湯されています。そのため宿や日帰り施設では加水であったり、循環であったり、湯量が少なかったりで今一つである事もありますが、このおびなたの湯は何といっても源泉に近く、全てかけ流し。
入り口には飲泉口があり、紙コップも用意してくれています。味は薄い玉子味でした。

露天風呂に入ってまず目に入るのは黒っぽい大岩で、その岩肌を多量の源泉が流れ、そして岩風呂の淵からは多量に温泉が流れ出しています。ph11という程のヌルヌル感はなかったですが、源泉温度50度の湯はこの時期適温であり、浴感に新鮮さが感じられ超気持ち良い温泉です。
源泉成分で岩肌はベージュに染め上げられ、コンクリートの湯底はブルーグレー・グレー・ベージュ・オフホワイトと帯状に彩られています。蓬莱館の湯舟の色を思いだしました。
川側にはネットが張られていたため景観は臨めませんでしたが、おびなたの湯の建物の斜め前、二股橋からは雪のアルプスが何と間地かに!絶景で、写真だけを撮りに来られている方もいらっしゃいました。白馬大橋からのアルプス全景も素晴らしいですが、このおびなたの湯のアルプスも外せません。

私はおびなたの湯に一番近い温泉民宿東上館(ひがしわかた)に宿泊し、自転車を借りて行きましたが、八方バスターミナル観光協会にはレンタサイクルもあります。もしくはタクシー利用。車なら白馬駅からも近いですが、おびなたの湯への路線バスはありません。
アクセス例:長野駅からバスで白馬八方バスターミナルまで。
松本駅から大糸線で白馬駅~バスで白馬八方バスターミナルまで。

桜hanako
(トピ主)
2017/05/04
19:16


スマートフォン版に戻る