秘境温泉 神秘の湯

トップ おんせん掲示板 教えて!温泉について 信州の温泉を教えてください

おんせん掲示板

温泉を中心にから雑談まで取り扱っています。

全56件のトピック
掲示板の使い方、投稿のルール

信州の温泉を教えてください

マトチャン
60代
男性
の投稿
  • 作成
    2016/03/21
    08:49
  • 7958

1泊2泊であわただしく通り過ぎてきた信州。今度は腰を落ち着けて巡りたいと思っています。まずはねぐらをご指南ください。個人的には鹿教湯温泉なんかどうかなと思っていますが,いかがでしょう。次に立ち寄り湯。もう一度行ってみたい,何度も訪れているお湯を教えてください。電波環境も気になります,どうでしょう。季節は連休のあと,落ち着いたときに巡るつもりです。

26件のコメント

1: 鹿教湯温泉を偵察してきました

このサイトに紹介されていないので,どんなところかなと思って2泊3日で偵察してきました。
泊まったところはM旅館。地のものを中心とした料理でメインがないかな。しかし部屋も満足できたし長逗留するならいいかな。鹿教湯温泉はいくつかある源泉を各施設で分け使っているようだ。やわらかいやさしいお湯,単純泉。個性がないといえばそれまで。発祥の文殊のお湯は男性用の露天に成分表示のない炭酸が含まれている。これ不思議。
今話題の真田丸の舞台となった上田に近い鹿教湯温泉は平日でもそれなりのお客さんがあって活気があったように思う。長野県の中心部にあり,どこへ行くにも便利そうだ。
信州で長逗留するのに適した温泉宿をご紹介ください。

マトチャン
(トピ主)
2016/03/30
08:46

2: 長野県広いですね

マトチャン様こんばんわ。もう信州の方へ行かれてらっしゃるのでしょうか?
自分が行ってないのに失礼とは思いつつ、鹿教温泉の近くには霊泉寺温泉や別所温泉、廃墟とかした塩田温泉とやらがあるみたいですね?「奥蓼科温泉渋御殿湯」良さそうじゃないですかね?個人的には行ければここ行ってみたいです。そして沓掛温泉満山荘がオープンしており気になっているのですが、もう宿泊されましたでしょうか?日帰り入浴はされてないとの記載でした。

長野の温泉は広範囲に散らばっているように思うのですが、私なんぞポピュラーな温泉いくつかしか行った事がないので、拠点として温泉巡りをできる宿にはなってないと思いますが、もしまだ泊まられた事がないようでしたら・・湯田中温泉よろづやアネックス。PC完備、連泊プラン、朝食のみプラン等はあります。お勧め理由①とにかく徹底して清潔管理されている桃山風呂(内湯、露天共)が素晴らしい ②渋温泉大湯の泉質がとても良く何度も入りたくなる ③地獄谷温泉後楽館の珍しい紺鼠色の温泉(内湯)④その他にも噴煙が上がっている温泉があったり、上林温泉のような高級和風旅館が立ち並んでいたり(ここは私には縁がないのでスルー)ビールと日本酒両方を造っている蔵元もありました
ただ、熊の湯ホテルに通われているとの事ですので、この周辺の温泉郷でもあるし、投稿はされてなくても有名なよろづやや渋は既に行かれている可能性は大かと思います。悪しからず。

万座や白馬も良くても温泉巡りというものではないし・・・
拠点にしたいと言えば新潟ですけど駒の湯山荘。ここは料理が本物だから。1週間位なら献立可能だそうですよ。暖かくなればあの温泉もいいですしね。
信州の答えになってなくてすみませんでしたー。

sakura-hanako
2016/05/10
00:30

3: 約2週間

泡の湯旅館から始めて妙高高原赤倉観光ホテルまで,約2週間。気ままに信州を中心に新潟の一部まで,リーズナブルから有名旅館・老舗ホテルまでお湯を求めてサスラッテきました。
1日4湯を基本に,温湯が好きなので1湯約1時間。しかし,1週間過ぎからは湯アタリを起こしたらしく,夕ご飯も食べられないこともありました。車での移動距離は3000Km(そのうち1000Kmは自宅から信州まで)。途中信州のなだらかな段々田に見とれなて休憩しながら,有名な日帰りや思い付きママの日帰り,宿の人に教えてもらった野湯も含めて何湯入ったのか!?

マトチャン
(トピ主)
2016/06/06
10:02

4: これはどちらでしょうか?

素敵な写真を載せて頂いてますが、3枚目のガラス張りのように見える建物はどちらのものなのでしょうか?見た事がないガラス張りの何だか素敵な建物に見えるのですが温泉?なのでしょうか?

sakura-hanako
2016/06/06
22:49

5: この写真は

加賀井温泉一陽館です。旅館を営業されていた当時の玄関ではないでしょうか。いいなあと思わずレンズを向けました。
皆さんが書かれているとおり,いい温泉です。是非一浴されたし。

マトチャン
(トピ主)
2016/06/07
09:33

6: 宿泊するとしたら?

そうなんですね。皆さんがこぞって良いと言われておりランキングでも上位の加賀井温泉だったのですね。やっぱり行ってみるべきですね!宿泊は松代荘でしょうか?公共機関利用なので余り離れた温泉は無理なんですが、どこかお勧めあれば教えて下さい。他には諏訪ならまだ近いので毒沢鉱泉なんかどうだろうか?とかも思ってますがどうでしょうか?

長野へは夜行バスで行くのですが、良く利用している阪急バスはアルピコ交通バスとの共同運航で、このアルピコバスが物凄くひどく、まるでトラックの荷台に乗っているかのように揺れ、底が擦っているかのようにガーガーとした音が夜中中響いて全く眠れなかったとという経験があるので、長野方面躊躇してしまいますが、次は南海バスを利用する事にします。

私も塩原温泉郷の外湯を回って戻って来た時、食欲が湧かず朝食が食べられず温泉玉子のみ辛うじて口にしたんですが、あれはやっぱり湯あたりというものだったんですね。高温源泉の温泉にはちょっと気をつけなければいけないような気はしていたのですが、欲がでて周ってしまいます。マトチャン様の場合は運転もしながらの長期間の温泉巡りできつかったのもおありだろうなとお察しいたします。でも地元民しか知らない温泉とかいいですね~。
長野県のレアな温泉情報伝えていって頂ければと思います。

sakura-hanako
2016/06/07
13:04

7: 岩の湯ですね

仙仁温泉 岩の湯にご宿泊あれ。日帰りでは此処の温泉には入れません。少し敷居が高いですが,それだけの価値があると思います。皆さんのご感想も参考に。

マトチャン
(トピ主)
2016/06/07
14:23

8: 温泉が良い安宿教えて下さい

マトチャン様教えて頂いて有難うございます。
仙仁温泉の素晴らしさはサイトを見せて頂いて納得ですが、2万円以下の宿を考えているのと、私の場合は温泉だけでなくトータル性で高レベルの宿はやはり1人ではなく2人で泊まりたいものだと感じています。以前なら奮発してでも夫と宿泊してみたかも知れませんが、夫が自営業を始めてからは、1人で今まで行ってなかった秘湯を守る会以外の安くて良い温泉宿を求めて温泉旅行を楽しんでいます。一応仙仁温泉へ1人宿泊できるものなのか問うてみましたが2人以上との事でした。でも断りの電話対応もさすがでした。相手を不愉快にさせることない返事でしたよ。
 
どなたか松代温泉辺り(2時間以内程度)で温泉が良いだけでいいのでお勧めの安宿ご存知でしたら教えて下さいませ。

sakura-hanako
2016/06/07
17:18

9: チョット、的外れかな?

先週末、一泊二食¥6945の格安に惹かれて乗鞍高原温泉の『なごみの湯白樺』に出かけました。(トクーに口コミ投稿済)
格安でしたので期待はしませんでしたが予想外に満足出来る内容でしたので投稿させてもらいました。
ついでに私の選択の基準をお知らせします。
基本は秘湯の会(えらべる倶楽部の会員)、格安狙いでトクー(プレミアム会員)とネット情報(一元さん扱い)。
単独旅行はしない(女房又は友人と)。
旅行の主目的は物見遊山、温泉は二の次なので日帰り入浴はしない。
計画は全て自身で行い、同行者の日程が決まれば即日手配。
空港駐車場、朝日旅行或いはトクー又はネット等、航空券、レンタカー(トクー)等。
【移動手段】
近隣(500km程度)は自家用車、遠方は飛行機とレンタカー
(FDAは片道¥10000程度・県営名古屋空港発)
(ジェットスターは片道¥5000程度・セントレア発)
【宿泊費】
秘湯の会(~¥20000)・トクー(~¥10000)・ネット(~¥10000)
基本的に以上の条件で選択しています。
ちなみに今年の計画は
1月新穂高温泉・3月船原温泉・5月旭岳温泉
7月乗鞍高原温泉・9月濁河温泉・11月十津川温泉

よっさん
2016/07/05
19:39

10: こちらもマト外れですが

よっさん様ありがとうございます。子どもたちもすべて独立して気楽な身分になり,若い優秀なODに席を譲って2年。断り切れない非常勤だけを週1回。40歳からハマッタ温泉巡り,これがなければ1か月でも放浪できるのですが……。
移動は関西から車。1日400Kmまでとしてますが,それでも500Km走ってしまうことがあります。助手席は嫁さんが途中から合流したり,同じ温泉仲間が昼寝をしてたりしています。
宿は最初と最後はちょっと奮発して途中は,納得~リーズナブルなものにしようとしています。宿もズイブン電波環境が良くなりましたが,データ通信の端末をもって毎日受信箱は確認しています。
夏休みは家族連れや人も多いし,秋になればまた東北か北海道をチャッポンチャッポン湯めぐり巡行しようと計画しています。それまで辛抱できなくなれば北信州か新潟辺りを,なんて考えています。

マトチャン
(トピ主)
2016/07/06
10:10

11: 有名観光地に近い秘湯

 7月上旬、梅雨の晴れ間に坂巻温泉旅館に行ってきました。秘湯を守る会の宿なのでご存じの方もいらっしゃるかと思います。上高地の手前なのでどうかなと思って行きましたが、正解でした。
 湯温が高いので加水していますが、惜しみなくお湯が投入されています。泉質は、炭酸水素系で透明、いい香りの硫黄臭、豊富な湯の花もあり、上質です。ただ、露天は入り口の階段から丸見えなので、女性は引いてしまうのが残念でした。
 実は期待していなかった食事がいい。山菜とご主人入魂の鯉こくが素晴らしい。秘湯の会のビールもご愛嬌。無料WiFiも問題なくつながり、三代目のご主人が頑張っている。
 一点、アクセスに関して注意があります。宿は、白なぎ隧道と坂巻隧道の間の狭い所にあるので、車で行く場合には、事前にストリートビューで宿の位置をしっかり確認することをお薦めします。宿の看板は隧道の中と外にありますが、注意していないと通りすぎてしまいます。交通量の多い場合は、細心の注意が必要です。バスでのアクセスが最も安心です(宿の前がバス停)。

しろをし
2016/07/12
10:37

12: 優先順位が!

ついつい、有名観光地に目を奪われ通り過ぎてしまう秘湯は多いですね。
三十年程前、ケショウヤナギが綺麗な初夏に横尾山荘までハイキングしました。
河童橋から明神池までは観光客も多く混雑しますが明神池から徳沢まではキャンパーがパラパラ、徳沢から横尾に至っては野生の猿かカモシカしか会えませんでした。
当時、横尾山荘には温泉はおろかお風呂さえありませんでした。
自身の口コミ投稿にも載せていますが
奥飛騨は半世紀前からは考えられないような開発で本当に身近になりました。
私も機会が有れば訪れたいと思っていますがなかなか宿泊する機会に
恵まれず今日に至っています。

よっさん
2016/07/13
10:46

13: しろをしさん ありがとうございます

坂巻温泉旅館はいつも通過してきました。あの道は松本側から行くと特に厳しく,トンネルを出たらすぐ旅館があって,車を止める駐車場を探すことになるのでしょうか。交通量も結構キツク,後ろを気にしながら車を止めることになり止めにくそうなので,上高地に行きたいときは白骨か中の湯に逃げていました。次回は検討します。
しかし,長野県は道が良くないところが多いというのが私の印象ですね。高山側から上高地を目指すと長野に入ったとたん道が悪く,離合しにくいようなトンネルがあったりして。また,新潟県に入ると急に道幅も広がり,運転しやすくなり,さすが元首相のおひざ元と感じます。上高地には東海道北陸道経由で行くことが多くなりました。乗鞍も車ではいけなくなりましたが,野湯が点在していてポチャンポチャンには向いていると思いました。

マトチャン
(トピ主)
2016/07/14
10:06

14: 坂巻温泉旅館(追加)

 写真左は、白なぎ隧道の入口です。すぐ右側に宿があり、手前の道を下った先に駐車場があります(写真中)。松本から行くと、白なぎ隧道内の出口近くに宿の看板がありますが、注意していないと見過ごしてしまいます。写真右は、宿の前のバス停と橋、坂巻隧道の入口です。交通量の多い場所なので、宿から道に出る時も注意が必要です。
 確かに長野は道が悪いのですが、松本から奈川渡ダムを経て白骨や上高地へ向かう道は、狭い隧道をいくつも通って秘湯に辿り着く楽しみがあり、格別です。

しろをし
2016/07/14
23:47

15: 内湯からザバザバ大量にかけ流される湯は圧巻

私も坂巻温泉は印象的です。宿の車の多さから人気が伺え、宿泊してみたらその通り温泉の良さに納得でした。子宝の湯は名の通り泉質の良さが伺えます。何より感激したのは狭めの内湯からザバザバともの凄い量の温泉がかけ流しされていたという事。あの量は圧巻で忘れられません。上高地の入り口にあり、上高地散策にはもってこいの宿ですね。
また、上高地内にある上高地温泉ホテルも源泉かけ流しの温泉を持っており、料理も良かった思い出があり、観光を兼ねてならお勧めです。
行かれているかも知れませんが、新穂高側から安房トンネルを超えてすぐ、上高地入り口手前左側に中の湯温泉の外湯、洞窟風呂のようなト伝の湯にも立ち寄りされてはどうかと思いますが、車は更に手前で路駐するしかないのが難点です(日帰り12時から19時 700円)

sakura-hanako
2016/07/15
23:41

16: 5月の連休に雪が降って

中の湯温泉に訪れたのは10年ぐらい前の5月の連休。5月だというのに,前日まで雪が降っていたそうで(考えもしなかったので当然ノーマルタイヤ)近くまで来たとき宿の人の送迎を受け,車を置いて宿に到着しました。風呂に入ったら,ナント雪が舞い散っているではありませんか!
おかげで卜伝の湯には入れませんでした。次回。信州は懐が奥深い。

マトチャン
(トピ主)
2016/07/16
13:59

17: 五月に雪なら、四月中旬は当たり前か!

皆さんも同じような経験をされてますね。
特に標高の高いところの季節の変わり目は微妙!!
平湯峠の手前から雪が振り出し夏タイヤで不安な気配。
翌朝も雪模様で西穂高は勿論雪、福地も積雪(地元の住民も夏タイヤ)。
翌朝は雪による事故で通行止めが発生し
解除を待ってのご帰宅となりました。

よっさん
2016/07/16
16:00

18: 夏のお勧め温泉

信州、夏にお勧めの温泉2つ
*星空 = 蓮華温泉のベンチに寝転び仰ぎ見た満天の星空が忘れられません。
*冷泉 = 渋御殿湯、東の湯の男性浴室にある長寿の湯。31℃の足元湧出泉の気持ち良さは      最高でした。

sakura-hanako
2016/08/12
21:21

19: 皆さんのお薦めを受けて

えけまるさん絶賛の渋御殿湯,長寿の湯。私も良かったです。台風のために11月ごろに31℃に入りましたが,あの足元湧出,素晴らしい。あの気体は何なんでしょう。26℃はさすがに5分と入っていられませんでした,寒の地獄に比べたら暖かいと思いましたが。
蓮華温泉の星空もきれいでしたが,奥山田満山荘から見た夜空も素晴らしかったです。蓮華温泉の仙気の湯に夜登れたら,お湯につかって夜空を見上げたらきっと素晴らしいでしょう。夜登れる自信がないので,まだ経験していません。
これから秋にかけて,蓮華の手前というか,妙高高原の赤倉観光ホテルから見る景色も素晴らしい。露天風呂から,朝霧が野尻湖や里を覆い,時間とともにハレていくのを眺めてください。自然のスケールの大きさを感じざるをえないでしょう。

マトチャン
(トピ主)
2016/08/13
09:22

20: 満山荘の隣にある沓掛温泉小倉乃湯

満山荘のお隣にある、ぬる湯の共同浴場です。満山荘の入り口には、「立ち寄り湯は小倉乃湯へ」と書いてありました。200円という入浴料が嬉しい。地元の人で賑わっています。入ってみると硫黄臭のやわらかな湯で、源泉と加温の2つの浴槽があり、どちらもドバドバとかなりの投入量。番台のおじさんに聞くと「毎分200リットルはある」とのこと。夏場は満山荘に泊まって料理を頂き、風呂はここのぬる湯がいいかも。

しろをし
2017/08/13
21:53

21: ありがとうございます

写真ありがとうございます。満山荘もこんなにモダンになったんだ。お湯はどのように変わったのかな。それとも同じなのかな。

マトチャン
(トピ主)
2017/08/14
14:03

22: しろおしさんこんにちは。

以前の皆さんの投稿写真より玄関周りも
なんだか随分綺麗になってますね。
十月の招待宿泊が楽しみです。

よっさん
2017/08/14
18:49

23: 夏の東信州ぬる湯小旅行

 8月、高峰温泉で日帰り客用の源泉風呂に入る。浴槽は少々狭いが、ぬる湯で申し分ない。繁忙期のはずだが、ロビーでのスタッフの対応もいい。宿泊して露天風呂を楽しむもよし。
 小諸市内へ下ると、千曲川のほとりに藤村ゆかりの中棚荘がある。ここはアルカリ性単純泉のぬる湯である。内湯は循環であるが、すっきりして気持ちがいい。りんごの季節には、内湯にたくさんのりんごが浮かぶ。宿全体に情緒があり、宿泊がお薦めである。宿の料理も旨い。昼食だけなら、隣接する「はりこし亭」での食事もいい。
 先に紹介した沓掛温泉小倉乃湯や鹿教湯温泉つるや旅館(いずれもアルカリ性単純泉)を加えれば、東信州のぬる湯小旅行が楽しめそうだ。

しろをし
2017/08/22
22:23

24: 温泉で療養するなら

 鹿教湯温泉は、それを求める人に向いている。今回宿泊した「みやこ旅館」もそれを志向しており、観光目的の温泉旅館とは一線を画している。もてなしや食事にそれが見て取れる。館内にはカラオケやこれ見よがしに土産物を並べた売店はなく、静寂が保たれている。食事もグルメを気取る一品はなく、家庭料理に近い。お湯は弱アルカリ性単純温泉で、無駄な刺激はない。観光気分だと物足りない感じがするが、宿の雰囲気が掴めてくると、心身の療養のための場所であることが理解できる。実際、徒歩圏には大きなリハビリ病院もあり、病気などで本当に心身がダメージを受けたときには滞在を検討してもいいかも。環境庁指定の国民保養温泉地たる所以である。

しろをし
2017/10/23
00:07

25: 下諏訪共同湯巡り

茅野~諏訪方面は高速バスで利用しやすく、尚且つ上諏訪には日本酒の蔵元が点在しており、中でも大和温泉近くにある真澄は夫の気に入りなのでお土産にするのが楽しみです。
上諏訪の共同湯で現存しているのは、片倉館とこのサイトに載っている大和温泉のみになってしまったそうです。片倉館は花火大会の時に利用してみましたがプールのような大浴場です。
大和温泉は雰囲気良いので頑張って残って行って欲しいですね。

さて夜行バスで早朝着く私には5時や5時半から開いている共同湯があり難く、今回下諏訪の共同湯に行ってみました。これがなかなか良かったのでお伝えさせて下さい。
下諏訪駅から徒歩圏内に7つの共同湯があり、その中から向かったのはまずレトロな菅野温泉(230円)看板灯や番台のレトロ感がとてもいい雰囲気で、湯船も小さいタイル造り=これがいいんですよね。丸いカーブが柔らかくそこには大体お決まりの透明な湯が・・
熱めの諏訪温泉の中でも入りやすいという事で、朝一番に入るには調度良い程度に熱めの湯でした。

次に向かったのが観光としてピーアールされている‟諏訪3湯共同湯巡り”の中の1つ、遊泉ハウス児湯。ここは唯一休憩所が付いていて、600円で他の2湯(旦過の湯と新湯)にも入れ、尚且つ休憩所は17時までの間何度でも利用できるので、他の湯へ入って来てまたここの休憩所を利用するという事ができます。飲食もOKでお茶のサービスがあり、座布団で自由にゴロ寝しました。
児湯と旦過の湯には露天風呂も付属されていますが、気持ち良いのは内湯で、湯舟からは結構な量の湯が溢れ続けトド寝可能な状態でした(誰もしている人はいませんでしたが。ところで銭湯には何故か身体を永遠とこすり続ける人がいて肌✨そんなにお風呂久しぶりな訳なさそうだし、そんなに磨いてどうするの?と思ってしまう位隅々まで繰り返し洗い続け身体は赤くなり・・ちょっと不思議な銭湯特有の光景です)
で、旦過の湯はきりっと熱めで非常に気持ち良かったです。(新湯には行ってません)

共同湯でありながら源泉かけ流しの温泉を、1日かけてゆっくり堪能できるという諏訪共同湯巡り。温泉街という風情はありませんが、諏訪大社〔秋宮・春宮)に囲まれた歴史ある街をブラーっとしながらゆっくり共同湯で過ごすというのもいいかもです。 新そば出ていました。

桜hanako
2017/10/28
22:37

26: 唐沢鉱泉へ行ってみました

秘湯を守る会の宿でもある唐沢鉱泉は登山でしか行けないと思っていたのですが、茅野駅からの送迎がある事を知り、オリオン座流星群目的で行って来ました。
奥蓼科方面から広大な三井の森を抜け、道は案外走りやすいのではと思えたのですがどうでしょうか。乗用車で来られている方や八ヶ岳登山目的で来られている方がほとんどでした。
温泉は⒑2℃の二酸化炭素冷鉱泉を2つの浴槽で湯温を変えて加温しています。39℃~40℃のぬるめの湯は眠ってしまいそうになります。じっと浸かっていると泡付きもありました。
大きい方の湯舟は熱めの適温。どちらも循環、塩素消毒有ですが、塩素臭は感じられなかったです。源泉は打たせ湯としてありましたが、夏でも無理?でしょうか・・味は鉄味です。
浴室全体がサンルーム様で、木造の湯舟には岩壁があり、苔や植物が生えていました。

宿は大きなペンション風で館内はどちらかというとモダン。食堂や廊下、部屋の前にはドライフラワーが一杯飾られ、広い寛ぎスペースにはズラリ~と並んだアニメ。日常から離れゆっくり過ごせるよう迎えてくれている感じがしました。
10月下旬、この辺りの紅葉は終わりかけでしたが、カラマツ林の黄金色や宿の前の楓はまだ紅く、天候が悪く霧がかかっていたためとても幻想的な紅葉風景が見られ、宿も含め欧風で素敵でした。宿から少し散策した所に自慢の源泉池が有り、とても美しい青色を放っていました。
光苔も自生しており、八ヶ岳は苔が美しいのですね。山道を徒歩20分程で、あの渋御殿湯へ繋がっているというのは興味を持ってしまいました。

この夏~秋、天の川と流星群を見たくて白馬、乗鞍、八ヶ岳と行きましたがいずれも雨と濃霧で終わりました。どうも星には縁が薄いようです。今年は春から雨ばっかりで、晴れ女の私も異例の雨にタタラレてましたが、何より山宿の経営者の方々は大損害だったそうです。
この唐沢鉱泉は、明るくお元気な女将さんが宿を守りとても頑張って接客されているという印象を持ちました。源泉かけ流しではないので、温泉目的だけで行く宿ではないと思いますが、四季の八ヶ岳の自然と共に楽しめる宿であると感じました。三井の森で見かけたドウダンツツジの艶やかな深紅は素晴らしく、落葉松の紅葉の美しさを知ったのもここででした。
営業は4月~翌年1月の成人の日まで。送迎は茅野駅発13時と16時。宿発9時、12時、15時でチェックアウト後も温泉へは入れます。また土曜日でもあるのに1人宿泊を受け入れてくれた宿でもあります。

桜hanako
2017/11/06
23:00



スマートフォン版に戻る